20150313_0a00cd




































投稿者:Pまん


[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist  旧LSD(現行のLSDとは大きく性能が変わりますので注意)

[使用環境]
   剛力FL
    赤:太陽pro極薄皮付
    黒:旧LSD OX

  反転を多用するのでどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
  まず注意しほ欲しいのですが、このLSDというラバーは途中で工場が変わったらしくその前と後では大きく性能が変わってしまいました。
  今回レビューするものは工場変更する前ということで「旧LSD」と呼ぶことにします。工場変更後は「新LSD」とします。

  私は粒高は基本、球持ちを大切にするため0.5mmぐらいのスポンジをいれることが多いのですが、oxか1.0mmしかなかったのでしょうがなくoxを選びました。でも結果的にこのラバーは独自の球持ち感と驚異的な反転量あるのでoxをオススメします。
  シートは透明感があり、モチモチとした感触。とにかく柔らかい。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】

  モチモチ触感のせいか球持ちが良く。割と普通にフォア打ちが出来ちゃいました。とてもoxで柔らかい粒ののフォア打ちのしやすさとは思えないぐらい打ちやすかったです。「これで変化系粒!?」と思えるぐらいです。
  ただそこはやはり変化系、ただのフォア打ちでも相手は打ちにくいそうでフォアラリーがまともに続かなかったです。

  【粒ドラ】

  対上回転:
  粒で上回転を上回転っぽく返すのは滑ってけっこう難しいですが、球持ちがあるので難易度は粒高の中ではかなり低い部類だと思います。ただ、対強めの上回転だと柔らかさが仇となり力負けする感があったので男子の試合だと繋いできたドライブに有効だとは思います。
  よくある打ちやすい粒高とは違い、旧LSDは変化系ということもあり、上回転を上回転[ぽく]は返しても下回転になったり、無回転で激しく揺れたりえげつない球になります。コートに入れるのは難しくないですが、細かいコントロールは球が不安定で難しかったです。

  対下回転:
  やはり柔らかく球持ちがあるのでやりやすいです。球持ちはありますが粒特有の板感はあり、コントロールはしやすかったです。粒が柔らかいので回転も良くも悪くも残り、スピードをも遅いので返球されることは多いように感じます。

  チャンスボール:
  球持ちがあるのでグッと掴める感触があるため、粒高にしてはかなり打ちやすい部類だと思います。無回転からならけっこう自分からもドライブ回転は掛けられるような感触はあるのですが、実際はドナックルで相手はボトボト落としてくれました。

  【ミート打ち】
  全体的にスピードが遅いので慣れられるかと思いきや、やはり叩き気味に打つと不規則な揺れが激しくなるので慣れられることは少なかったです。やはりコントロールが難しいですが。

  対上回転:
  強打は難しいです。頂点をブロックの延長のように送ると、暴れずに下回転にちかいナックルで返ります。叩き気味にするとさらにえげつないナックルになりますが、やはりリスクが高くなります。ただ相手の返球も荒れることが多くなるので安定した配球による試合展開は望めません。

  対下回転:
  そこそこ高さがあれば安定してやりやすいです。インパクトが強すぎると粒が柔らかくコントロールしにくい印象です。低くても球持ちで持ち上がるのでスピードを犠牲にすればやりやすいです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  対軽打に関しては、当てるだけだったり、切ったり、叩いたり、ドラしたりと選択支は豊富だとは思いました。
  ただこの手のラバーは男子等の対強打になるとコントロール不能になりやすいのですが、苦しまぎれでもカットで振れば低弾性で軌道が高くなってでも入ってくれます。でこのラバーの恐ろしいところではあるのですがとりあえず振って入れさえすればかなり回転が残り、強打されることは少なかったです。


  【ツッツキ】
  球持ちがあるので掛けられるかなと思いきや、なかなか掛けられないです。切れる感覚はあるんですけど、切れないです。
  なので最初のうちは相手はだまされてくれます。もちろんすぐ掛けられないとバレますが。
  粒高でツッツキを切るのは得意なつもりでしたが、このラバーに関してはちょっとお手上げです。それが相手にバレると狙い撃ちにされるので、そこが最大の弱点になるので注意です。

  【カット】
  ツッツキと同じで対下回転だと自分から切るのは難しいです。ただ少しでも上回転をくれれば変化系粒ということでけっこう切れます。それこそ回転量でいえばグラス並みかと。ただし柔らかいということもあり軌道はかなり緩く高くなりやすいです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  回転の掛かったサーブに関しては跳ね際をコンッとしとけば回転が多く残りますし、フリックやドラが比較的やりやすく操作性がいいので的を絞らせないという意味ではかなりいいと思います。ただ良い意味でも悪い意味でも球が荒れやすいので相手の行動も不規則になり読みづらいです。私は臨機応変さがあまりないので、頭で順序立てて考えるタイプには諸刃の剣でした。

  【フリック】
  台上なら下回転でも上回転でも独自の球持ち感でやりやすいです。スピードは控えめですが、それでも相手にスイングよりはやくナックルを繰り出せればボトボト落としてくれます。

  【ストップ】
  低弾性なので手前に落とすことはやりやすいですが、柔らかいせいか上方向にあがりやすいのでフットワークがいい相手ではシビアさを求められます。

[おすすめな方]
  ある程度相手の威力を粒高で逃がせたり、粒でドラや叩く技術がある人なら、その操作性と変化量の両立に驚くのではないでしょうか。受け身になると柔らかさが仇になりコントロール不能になりやすいので、先手先手をとる必要がでてきます。また自分も相手も不規則な行動になりやすいのでアドリブに柔軟に対応できる方がいいと思います。

[まとめ]
  「柔らかく操作性の高い」粒高は希少だと思いますが、「柔らかく、操作性がよく、回転反転力がかなり高い」ってのは旧LSDオンリーワン性能ではないかと思います。(操作性が高いのはあくまでも相手の軽打ですが)
  少なくとも私の知る限りでは旧LSDだけです。
  このモチモチ感がミソなのではないかと推測します。
  ミートよりはドラ系の技術のほうが安定しますし、振りと回転のギャップが大きいので試合中に完全に慣れられることは少ない印象でした。
  ただ回転が自分から掛けられない、スピードが遅いってのは致命的な弱点でもあるのでそこをどうカバーできるかが大切でしょう。

  また他者のレビューだと「変化量はかなり大きいが、扱いにくい」という声も多いので私の感覚と少し違う気もします。
  私は「柔らかく、変化量かなり高い、低弾性、強打をされなければ球持ちがよく扱いやすい」と感じました。

[補足]
  新LSDとはだいぶ性能が変わってしまったのが残念です。新LSDは少し硬くなりざっくり言えば「変化量がそこそこある割には扱いやすい」ぐらいのよくある粒高になってしまいました。
  旧LSDはかなりお気に入りのオンリーワンの尖った性能でしたが、もはや別物になってしまいました。残念です。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  【似た系統粒高でのざっくり比較】
  (あまり似た系統ではないのですが、柔らかい低弾性ということで)
  比較対象
  ・旧LSD
  ・陳
  ・新LSD


  弾み
  新>旧≧陳

  回転反転量
  旧>>新>陳

  球持ち感
  陳>旧>新

  上方向へのあがりやすさ
  旧≧陳>新