1






























投稿者:Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  TSP カールP1R 特薄

[使用環境]
   剛力FL
    赤:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
    黒:カール P1R 特薄
  反転を多用するのでどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
  粒高の王道をいくカールシリーズ。
  ほとんどの粒高プレイヤーが使ったことはあるんではないかと思われる程メジャーなカールP1R。
  粒は細長く、細長く倒れやすく変化量も大きいのに、少し硬さがあり技術があれば倒れきることも少ないのでかなり私好みの粒でした。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  軽くフォア打ちする分には粒高らしさがあり、あまり安定しません。自分も打ちにくく相手も打ちにくい感じです。ちょっと粒ドラとかミート気味にインパクトを気持ち強くした方が粒が倒れ球持ちが生まれ、コントロールはいいのに相手はやりにくいみたいなことが起きやすいです。

  【粒ドラ】
  対上回転:シートのひっかかりは可もなく不可もなく、細長いのでよく倒れるので球持ちがいいです。ただ微妙な硬さがあり倒れすぎないので軽打にも強打にもある程度対応できるところがとてもよかったです。そして球持ちはいいのに反転量は高いので繋ぎぐらいのドラでも対策してない相手にはかなり得点源になるかと。
  ただ、決して「打ちやすい粒」ではなく相手の威力によって自分のインパクトの強弱を使いわけていかなきゃいけないシビアさがあるのでその打ち分けの自由ができる方じゃないと安定しにくいと思います。

  対下回転:
  やはり粒が長く倒れやすいので球持ちは非常に良く、相手の回転が多いほど回転が残り安定します。回転が弱いとちょっと自分で粒を一定方向に倒す角度やインパクトがシビアになってきます。

  チャンスボール:
  ちゃんと粒を一定方向に倒し、それなりのインパクトでドラできれば面を下に向けても大丈夫です。

  【ミート打ち】
  対上回転:
  粒らしさがけっこうあるのでまっすぐ当てるの不安定になってしまう。ボールの斜めを上にほんの気持ち持ち上げるような打ち方をすると安定します。相手の球の強弱によって自分のインパクトの強弱もけっこうシビアに調整しなきゃいけないので技術と経験はけっこう必要かもしれませんが、それさえクリアすれば安定と球のいやらしさは両立できると思います。

  対下回転:
  粒が長いせいか板感があまりないのでミートよりはドラのほうが安定してくれる印象です。対下回転ならむりせずプッシュをしたほうが安全だったのであまり使わなかったです。

  対チャンスボール:
  対上回転のときと同様に、ボールの斜めを上をほんの気持ち持ち上げるととてもよく安定します。チャンスボールぐらいだったら気持ちインパクト強めでもいいと思います。

  【プッシュ】
  下回転の量が多ければ難なく質のいいプッシュが打てると思います。めっちゃ速いとかではないですが、十分なスピードで安定してくれます。弱い下だと自分でしっかり粒を倒したプッシュや、ドラが安定する。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  当てただけブロックは安定しないのでオススメしません。
  やはり下回転ブロックは粒が細長いだけあって切れ味は充分です。弾みすぎず弾まなさすぎず、軌道も高くも低くもなく、使い手の切ったり吸収する技術量でほとんどのレベルの相手に対応しやすいところが良かったです。
  逆にその微調整が苦手な方は難しく感じると思います。
  ただ、ガッツリ男子の強ドライブとかは細長い粒の弱点でもありますがコントロール不能にはなりやすいです。全力ドライブを打たせない努力を他のところでやる必要があります。


  【ツッツキ】
  インパクトの弱い方は回転掛けることは難しい粒だと思います。ただしっかりとしたインパクト、スイングの速さがあれば粒を一定方向に寝かせて裏ソフトっぽくかけることは可能です。練習次第で実用レベルで回転をかけたツッツキができると思います。


  【カット】
  かなりオススメです。
  相手が上回転をくれればやはり細長い粒なのでスイングが甘くても良くキレます。ただグラスみたいに勝手にキレる要素は少なく、自分である程度回転量を調整できるのがとてもよかったです。
  軌道も低く弾みもちょうど良いかと。
  死んだ球や下回転に対しても、粒を寝かせて薄く速いスイングができれば下回転もかかります。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  プッシュ、ストップは無難にやりやすく、粒を寝かせれば球持ちもいいのでフリックやツッツキもできます。
  やはり対ナックルロングのサーブに対しては不安定になりやすいですし、球持ち良く粒ドラで返しても速くもないので狙い撃ちにはされやすいです。
  対ナックルロングは良い球質では返しにくいですが、選択支はそれなりにあるので的を絞らせないように散らしてごまかしましょう。

  【フリック】
  粒を寝かせて球持ちよくすればやりやすいです。スピードはでませんが。
  表みたいに板っぽく打つと不安定になるのでオススメしません。

  【ストップ】
  そこそこ回転に鈍感で、そこそこ弾まないので無難にやりやすいとは思います。ただナックルになってしまうので狙い撃ちには要注意。

[おすすめな方]
  粒を自分の力で寝かせられる方にオススメします。ただとても硬い粒というわけでなく、細長く倒しやすいので粒の打ち方を理屈でわかっている方ならそんなに質のいいスイングを求めるような粒高ではないのでいろんな方にオススメします。

  あと上回転さえくれれば良く切れるので初心者カットマン、またちょっと技術が必要ですが自分のスイング次第で回転量も調整できるので上級者カットマンにもオススメできると思います。

[まとめ]
  長い粒を寝かせて打てる方には、ちょうど良い硬さ、大きな変化量、ギリギリの球持ち感などかなり良いバランスで整っていると思います。
  硬すぎるわけでもないのでインパクトがそんな強くない方でも打球時の入射角などを気をつければ比較的粒は寝かせやすいです。
  P1Rは粒が細長くて不安定とよく耳にしますが、おそらくそういう方は一定方向に寝かせられなかったり、ボールに対して垂直にインパクトしてるのではないかと推測します。
  値段も手頃ですし、知名度も高く、他にもカールシリーズたくさん出ているので、1回使ってみてこれを主軸に自分に合った粒高探ししてみてもいいのではないかと思います。
  私はかなりお気に入りですが、かなり似たラバーでオクトパスという粒高があります。そちらのほうが若干引っかかりがあるのでオクトパスを愛用してた時期のほうが長いです。

[補足]
  【似た系統粒高でのざっくり比較】
  比較対象
  ・カール P1R
  ・オクトパス
  ・エリミネーションエクストラロング

  弾み
  P1R=オクトパス>エリミ

  回転反転量
  P1R≧オクトパス≧エリミ

  球持ち感

  オクトパス≧P1R≧エリミ



  まぁぶっちゃけどれも誤差レベルぐらいで、ほぼ一緒です。エリミネーションが気持ち硬い気がします。