投稿者:Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  TSP カールP3α 特薄

[使用環境]
   剛力FL
    赤:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
    黒:カール P3α 特薄

  反転を多用するのでどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
  粒高の王道をいくカールシリーズ。
  よく耳にする評判だと、P1Rの変化量をちょっと抑えてかなり使いやすくした粒高とのこと。
  P1Rより粒は低く、でも柔らかく倒れやすい印象を受けます。シートは同じ素材なのでしょうか?素材はより柔らかくなっている気がします。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  軽くフォア打ちする分には粒高らしさがあり、あまり安定しません。ただP1Rより前に跳んでくれる感じはあります。
  ちょっとだけインパクトを増やし、柔らかい粒を軽く倒すとけっこう安定します。

  【粒ドラ】

  対上回転:シートのひっかかりは可もなく不可もなく、細長いのでよく倒れるので球持ちがいいです。P1Rにあった微妙な硬さは感じず、柔らかい印象。ちょっと柔らかすぎて軽打には球持ちはいいですが、強打には力負けしてしまう柔らかさです。あまり自分からは力まずに軽く振ると安定もしますし、粒らしい変則的なドラが収まりいい感じです。

  対下回転:
  やはり粒が長く倒れやすいので球持ちは非常に良く、相手の回転が多いほど回転が残り安定します。回転が弱くても粒が倒れてくれるので微調整が必要なくだいぶ楽にコントロールできます。スピードは速くも遅くもなく、ゲームメイクしやすいです。

  チャンスボール:
  ちゃんと粒を一定方向に倒し、それなりのインパクトでドラできれば面を下に向けても大丈夫です。


  【ミート打ち】

  対上回転:
  P1Rはまっすぐ当てると不安定になりますが、P3αも不安定になるもののまだコントロールしやすいかと。
  もちろん粒を寝かせて安定させるのもいいですし、まっすぐひっぱたいても荒れ球を送ること可能かと。

  対下回転:
  P1Rより粒が低くなったことにより叩きやすくなっています。ほどよい球離れで丁寧に打てばパチパチ攻めれます。


  対チャンスボール:
  対上回転のときと同様に、ボールの斜めを上をほんの気持ち持ち上げるととてもよく安定します。チャンスボールぐらいだったら気持ちインパクト強めでもいいと思います。

  【プッシュ】
  下回転の量が多ければ難なく質のいいプッシュが打てると思います。回転量が少なくても勝手に粒が倒れてくれるのであまり差を感じずにコントロールしやすいです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  当てただけブロックはできなくはないですが、安定しないのでオススメしません。
  やはり下回転ブロックは粒が細長いだけあって切れ味は充分です。弾みすぎず弾まなさすぎず、軌道も高くも低くもなく、使い手の切ったり吸収する技術量でほとんどのレベルの相手に対応しやすいところが良かったです。
  逆にその微調整が苦手な方は難しく感じると思います。
  ただ、男子の強ドライブとかは細長い粒の弱点でもありますがコントロール不能にはなりやすいです。P1Rにあったコシもなくなったので、ちょっとしたドライブでも粒が倒れきってしまいやすくなっていますので注意です。攻撃系の技術が満遍なくやりやすいのに対し、打たれ弱さを感じます。全力ドライブを打たせない努力を他のところでやる必要があります。


  【ツッツキ】
  ひっかかりが良いわけではないのであまりかかりませんが、粒が柔らかく良く倒れるので少し頑張ればかけられることは可能です。倒す技術があれば比較的インパクトが弱くてもかけられるレベルです。


  【カット】
  そこそこやりやすいですし、そこそこ切れ味もありますが、あまりオススメしません。
  切れ味を求めるならP1RやP4、安定を求めるならP2やP3やP4が優秀で、P3Rは中途半端です。なにより粒に弱々しさを感じます。
  相手の強打に負けてしまう、また自分のインパクトの強いカットスイングにも負けてしまう力弱さを感じます。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  プッシュ、ストップは無難にやりやすく、粒を寝かせれば球持ちもいいのでフリックやツッツキもできます。
  やはり対ナックルロングのサーブに対しては不安定になりやすいですし、球持ち良く粒ドラで返しても速くもないので狙い撃ちにはされやすいです。
  対ナックルロングは良い球質では返しにくいですが、選択支はそれなりにあるので的を絞らせないように散らしてごまかしましょう。

  【フリック】
  粒を寝かせて球持ちよくすればやりやすいです。スピードはでませんが。
  表みたいに板っぽく打つこともできるので使い分けるとリズムが崩れます。

  【ストップ】
  そこそこ回転に鈍感で、そこそこ弾まないので無難にやりやすいとは思います。柔らかいので上にあがりやすいときがあるので慎重に。またナックルになってしまうので狙い撃ちには要注意。

[おすすめな方]
  カールP1Rが使いにくかった人にはいいんじゃないでしょうか。粒が柔らかく勝手に倒れるので女子などの弱いインパクトの方でも大きな変化量を楽しめると思います。前陣攻守で特に攻撃技術が全体的にやりやすさの点でバランスがとれています。

[まとめ]
  粒がちょい低くなっても柔らかさで球持ちや変化量は大きく、前評判通り弱いインパクトでも使いやすさと変化量を高い値でバランスがとれていると思います。ただその代価として自分が攻撃するときの強いインパクト、カットするときの強いインパクト、ブロック時の相手の強打などといった力強さを求める時に柔らかすぎて頼りなさを感じてしまいます。
  軽快に前陣で先手先手をとる卓球にはやりやさと変化量の大きさでアドバンテージとれると思います。

[補足]
  【似た系統粒高でのざっくり比較】
  比較対象

  ・カールP3α
  ・No.1
  ・トリックマスター


  弾み
  P3α=NO.1>トリック

  回転反転量
  P3α≧NO.1>トリック

  球持ち感

  トリック>P3α>NO.1