ドナックル



















投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴6年半中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。
  ペン粒とカットマンもやります。

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル

  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5

[レビューする商品名]
  ドナックル

[使用環境]
  ラケット:松下浩二スペシャル
  フォア:省狂NEO3ブルースポンジ
  裏面:ドナックル(厚さ中)

[はじめに]
  人生初変化表を打ちました。
  他の変化表は全く知らず異質全般あまり知識がないのでご了承ください。厚さによって評価が変わるなと思います、ところどころ触れていますが、私のレビューは厚さ中ということを頭に入れておいて下さい。

  変えた理由
  カットマンも時々やって粒高でカットやツッツキが切れないので表にすればより回転を掛けやすそうだし、攻撃力も上がるのでは無いかと思って興味が湧きました。その直後に通っているクラブの人がドナックルからV101に張り替えていたので古いドナックル(中)を貰い試打しました。

  打つ前レビュー

  玉突き
  粒高より弾みます。普段異質はグラスとエリミネーションですが、より弾みます。厚さが中なのもあると思います。

  硬さ
  柔らかいと思います。粒もホントに表なのってくらい高く倒れやすそうな感じです。

  重さ
  フォアを省狂NEO3オレンジからブルーに変えたプラス異質面もスポンジが厚くなったので結構重くなりました。計りがなく申し訳ないです… レビュワーとしてそろそろ購入します。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ
  当たり前かもですが、粒高より楽に打てます。玉を持ってくれるけど暴れないなという感じです。知り合いの表ソフトや自分の粒高の中では1番打ちやすいと思います。回転も粒高よりは掛けれます。厚さ中の影響もあると思いますね。ドライブかけない時とかけたときの差は凄くあると思います。

  ミート打ち
  普段ミート打ちを全くしない私でもフォアバック共にもちろんとてもやりやすいです。(卓球初めて1年目の途中4ヶ月だけペン表だったので若干感覚は良いのかもしれませんが)少し玉を持って弾くイメージだと連打出来ます。ただ、打った相手からはそんなにナックルじゃないな、ちょっとかかってると1人には言われました。やはり粒高よりはナックルにはならないのかなといった感じでした。ただ、裏ソフトには打てないミート打ちになってることは間違いないとも言われ相手次第では全然問題なく使えると思うと言われました。(とてもナックルが効いた人もいます)まだ、不慣れなので打つ時に少し回転を掛けてしまっているのかもしれません。遊びでペンフォア表と裏面の前陣異質でやってみましたが、3球目も連打も凄くやりやすく、カットするよりはこちらの方が良いかもなと感じました。もちろんカットから反撃は最高にやりやすいです。ただし、厚さ中なのでだと思います。薄いスポンジなら評価が変わってくるかもしれません。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  凄くやりやすいです。裏ソフトと少ししか変わらず同じ角度でかつ、相手のドライブの打ち方が変わってもほぼ同じ角度で返せます。とても止めやすいです。回転の影響は凄く受けづらいです。弾みもある程度あって粒高のように球が浮いてしまうことも少なかったです。初速は早く感じますが、ブロックはスローになって浅いです。それはとてもナックルになっていると思います。カットブロックも切れはあまりないですがナックルとは違う玉でこれも浮きづらいという印象でした。

  ツッツキ
  粒高で切れないと悩んでいた私ですが粒高よりはる断然切る事が出来ました。球を持って引っ掛けると良いです。まだ下手なので時々浮かしたり短い球が怖くて切る事が出来ませんがきっとできると思います。

  カット
  もっと制御出来ないかと思っていましたが全然出来ます。粒高とは全然違いますがグラスよりはやりやすいかなと思います。カットも直線的で、相手は取りにくいと思います。回転量と抑えやすさはやはり粒高には及びません。ただ、自分のスイングで切る事ができるのでナックルとの変化も付けやすく初日から使えました。ただ、時々ふっとばしてしまうので自分の慣れと感覚がまだ悪いですが、カットするなら厚さは薄い方が良いと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービスは粒高よりは切れて攻撃系表よりは切れないという感じです。回転を求めるのはあまり良くないかと思います。ナックルは出ますがスピードは出ないよう感じます。

  レシーブ
  当てるだけでも相当返しやすいし、回転無関係で浮けばミート打ち出来ます。ツッツキも粒高より切れるのでいちなり打ち抜かれることは少ないかと思います。また、浮きにくいことも上げられます。反転はあまりしません。粒高とは感覚といか飛び方が違いますがストップも止めやすくやりやすいです。

  台上(フリック)
  弱くても弾けば入れやすいです。粒高のようにふわっと弱く揺らすような入れるのは中途半端な玉なのでしっかり弾くかコースつくと良いと思います。他のよりやりやすいかは分かりません。

[おすすめな方]
  OXと厚さで大きく使う人を選ぶと思います。今回私が試打した中は1番厚いのですが変化よりも安定重視の前陣異質向けだなと思います。ミート打ちとブロックがとてもやりやすく基本どんなこともそつなくこなせます。ミート打ちはスピードとナックルは上位互換のラバーがあると思いますが、このスピードとナックルが出せて安定感があるラバーは少ないと思います。ブロックは粒高と変化表の中間ということで粒高の球の回転の喰らわなさプラス表ソフトの安定感が合わさっていて私の中では異質史上最高にブロックがしやすかったです。反転やカットブロックの切れは少ないですが、表ソフトのナックルで粒高の遅さが合わさって取ったことのない球が出せます。自分もラケットを貸してやってみましたが独特の球でした。なより返ってくる回数がすごかったです。自分がブロックする時も多少体勢が崩れたりミドルに来ても返せました。強い球も粒高よりとても返しやすいです。逆に言えば特徴がなく、尖ってないという感じです。カットマンをするなら厚さは薄い方が抑えやすく、ナックルも出しやすく切れるかと思います。中だと2球くらいカットして早々にバックミートかフォアドライブで決めたり、バックブロックしたり多彩なスタイルで得点する人向けです。カットの切れや安定感を求めるならスーパードナックルにした方が良いと思います。厚さ(OX)とスーパーの選択肢があるのも非常に良いと思います。個人的にはスポンジがあっての安定感があると思いますし、スピン反転する訳でも無いので、薄くてもスポンジある方がいいのかと思います。

[まとめ]
  最初に、ラバーを変えた目的だった繋ぎのツッツキと初球のカットの切れはとても良くなりました。それにより今まで初球のレシーブやツッツキが狙われていましたが、無くなりました。また、攻撃もしやすいので2級目から攻めたり、カットに対してツッツキされた球をミート打ちするということや反転してフォアミートというのもやりやすく、スタイルは変わりましたがこれの方が得点出来るし、やっていて楽しいなと思います。
  謳い文句とレビュー通り表と粒高の中間というのがとても良く分かりました。攻撃力は少し少ない表ソフト、守備力は弾まない表ソフト、粒高・変化表では回転掛けやすい・とにかくどんな技術も安定する・回転とナックルの変化は付けやすいといった感じです。特に安定感がひいでてるなと思います。上のまとめを見ると良いラバーに感じないかもしれませんが、使ってみると凄く使いやすく、尖っていないので試合で勝てるラバーと言えるかと思います。変化表や異質入門の人も上級者の人にも幅広い層に支持される素晴らしいラバーだと思いました。

[補足]
  今回はまとめもおすすめも文章になってしまったので箇条書きします。

  まとめ
  ・基本柔らかいラバー(打球感も粒も)
  ・弾みは少し強いかも
  ・ナックルやスピードは普通の変化表の方があると思うが十分
  ・回転はかけやすくドライブが打ちやすい
  ・ドライブもミート打ちもブロックも安定感が素晴らしい(これが1番の特徴)
  ・ブロックは粒高のように面を上げたり、ラケットを下に振る必要なく、裏ソフトより少し面を立てる程度で返せる。
  ・ブロックの球質的には反転はしず、ナックルでスローに飛んでいく、厚さ中でも意識しないと2バウンドになるくらいなので強打も止めやすい。
  ・カットブロックは切れないが2バウンドで前に相手をつめる時と不意にやる分には武器になる。でも、それで得点するスタイルなら粒高の方が良い。
  ・回転とナックルの差が付けやすい。
  ・カットは決して安定する感じはないが練習次第で問題なく出来る。
  ・カットは直線的で早く相手は取りにくい。
  ・前陣より変化が付けやすい。
  ・カットの回転量は粒高の方があるが、繋ぎのツッツキや相手のサービスに対してのカットはドナックルの方が切れるのでそこを狙われにくい。
  ・厚さ中ならカットで粘る人は向いてない。異質でブロックしたり、反転したり打ったりするカットマンか前陣異質か、ペン表の方が良い。

  おすすめな人
  ・前陣異質なら厚さ中か薄が良いと思います。
  ・カットマンなら薄か特薄が良いと思います。
  ・ペン表(フォア表)なら厚さ中が良いと思います。ただ、ラケットがアウターだと回転の喰らわなさ(普通の表より)からどんどん打てるし、ブロックも止めやすいの両立、インナーだとスピードとアウターより止めやすさの両立・インナーや純木だとブロックがより止まり攻めるだけじゃないスタイルになれると思います。
  ・個人的には薄くてもスポンジがある方が良いと思います。(スポンジがあって安定感があると思うので)
  ・初心者に使いやすい変化表だと思います。
  ・逆に上級者で変化の差を付けたりもしやすいラバーで好まれる性能をしています。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  春の新商品続々公開されてますね。
  オメガ7光or影は多分買うと思います。ディグニクス09cも気になりますね。ただ、高いので買わないかなと思います。買ったらなんでもレビューしますのでお楽しみ?に。次はエリミネーションエキストラロングか松下浩二スペシャルのレビューします。