c69374a8





















投稿者:Pまん

[自己紹介]
  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  TSP カールP4 特薄

[使用環境]
  ビオンセロ ST
    赤:ヘキサパワーグリップ 1.9mm
    黒:カール P4 特薄

  反転を多用するのでどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
  粒高の王道をいくカールシリーズ。
  カットマン用とよく聞く粒高。感覚が密、引っかかりが良く、スポンジも吸収するタイプで球持ちや回転操作重視っぽそうな見た目をしております。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  軽くフォア打ちするとひっかかりと球持ちがあるため、粒高にしては素直な球がでます。上回転も掛けられて安定します。低弾性と引っかかりの良さから、自分からしっかり打ってた方が安定するような感触です。

  【粒ドラ】

  対上回転:ひっかかりと柔らかい粒で球持ちが非常によく、打点が落ちてしまってもよいしょっと持ち上げられる感触はあります。柔らかい粒だと相手の上回転に負けやすいのですが、粒が密集して引っかかりがいいことも相まってそんなに極端に力負けすることはなかったです。もちろん硬い粒高のような力強さはなかったですが。スピードがないのと、自分でナックルを出す打ち方をしないと素直になりやすいのが弱点です。


  対下回転:
  やはり粒が長く倒れやすいので球持ちは非常に良く、さらに相手の回転の加えられるのでとても安定します。ただやはりスピードが足りないので気をつけないとチャンスボールになりやすいです。

  チャンスボール:
  そこまで意識しなくても粒が一定方向に倒れやすく、打ちやすいです。が、やはりスピードが、、、、

  【ミート打ち】

  対上回転:
  粒が密なせいか、フラット打ちでもけっこう安定してくれます。変化表みたいな打ち方でもいけます。ただ粒もスポンジも柔らかいので弾く感覚がボヤケやすいので好みは分かれると思います。

  対下回転:
  高ければ問題ないのですが、低い球に対しては柔らかさが仇となり、力が伝わりにくく感じました。低い物に関してはドラ系でいったほうがいいかもしれません。

  【プッシュ】
  回転量が少なくても勝手に粒が倒れてくれるのであまり差を感じずにコントロールしやすいです。でもやはりスピードが、、、ある一定のレベルを超えたらただのチャンスボールになってしまうので多用は禁物かと。逆に引っかかりがよく弾まないのでサイドスピン系のプッシュ
  で振り回すのがしやすいです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  当てただけでもある程度まではブロックできるので、ミート系主体の攻撃にも咄嗟に反応しやすいところがよかったです。もちろん粒特有の下回転系ブロックも十分な回転量は確保できるかと。ただひっかかりが良すぎるので相手の回転を滑らせて逃がす感覚があまりなく、自分でかけていく感覚が強かったです。


  【ツッツキ】
  かなり優秀かと。粒特有のきれないツッツキはもちろん、回転掛けるツッツキもやりやすいです。粒高でツッツキをかけるにはそれなりのスイングスピードやインパクトが必要ですが、それらがあまりなくてもできちゃう感があります。体勢が崩れた時とかでもかけられるのは試合ではかなりメリットになると思われます。

  【カット】
  普通、柔らかい粒高だと相手の威力や自分の振りの速さに耐えられない粒が多いとは思いますが、P4は柔らかくても力弱さを感じないのがとてもよかったです。弱インパクト時でも今日インパクト時でもそんな差がでなく安定したカットがしやすいです。それプラス自分でかけたりかけなかったりの操作性の高さが相まって、さすがカットマン用の粒高だなと感じました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  プッシュやフリック、ツッツキ、カット、全て満遍なくできるので選択支は多いです。しかしプッシュやフリックなどの攻撃的な技術は粒特有のやらしさや、スピードがないので決定打になることは少ないと思います。そのあとカットの展開に繋ぐための選択肢という意味ではとても優秀だと思います。

  【フリック】
  球持ちや引っかかりがとても良く、コートに入れる分にはとてもやりやすいです。が、強いインパクトで打っても力が伝わりにくい感じでスピード不足で、狙い撃ちされてしまことも多々ありました。

  【ストップ】
  低弾性ということもあり自分からかけるようなストップはやりやすかったです。しかし当てただけとかだと球持ちが仇となり回転の影響を受けやすい感じがあります。
[おすすめな方]
  カットマンでカットをかけたりかけなかったり、ブロックもかけたりかけなかったりと回転の選択支を多くしたい方にオススメしたいです。
  また硬い粒が苦手だけど、柔らかい粒だと相手の球の力強さに負けて嫌だという方にはかなりオススメしたいです。もちろん硬い粒ほどではないですが、コントロール不能になりにくいです。おそらくあのフカフカのスポンジの食い込みがポイントではないかと思います。

[まとめ]
  粒が密集して、柔らかくて、ひっかかりがよく球持ちのいい粒高。
  柔らかくても力負けしにくさを感じるところが良い。
  かけたりかけなかったりの操作性が高い。
  低弾性で、攻撃系統の技術はやりやすいもののスピード不足や球の素直さが目立つ。
  カットマン用粒で有名なのでFeintLongIIIがあるが、そちらも引っかかりはいいが硬さがあるのでより力強いプレイができる。
  ざっとだがインパクトが弱くても使いやすいのがカールP4、インパクトが強く力強いプレイをするならLongIIIという印象。

[補足]
  【カットマン用粒高でのざっくり比較】
  比較対象

  ・カールP4
  ・FeintLongIII
  ・エキストラエリミネーションロング

  弾み
  エリミ>LongIII≧P4

  回転反転量
  エリミ>P4>LongIII

  球持ち感
  P4>LongIII>エリミ

  硬さ
  LongIII>エリミ>P4