07df716b





















投稿者:Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  スキュラ已打底 0.5mm【SWORD】

[使用環境]
  クリッパーウッドCR-WRB
   フォア:ヘキサパワーグリップ 2.0mm
   バック:スキュラ已打底 0.5mm

[はじめに]
  あまり知名度が高くなく、已打底効果(補助剤をあらかじめ塗ってある加工)がしてある珍しい粒高。
  攻撃性能が高く、パンパン打てるという謳い文句。
  粒は柔らかく、高さは中間ってとこでしょうか。
  あと安いです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【軽いラリー】
  粒の割には弾んで真っ直ぐとびますが、暴れるという感じではなかったです。非常に球持ちがよく、柔らかい粒特有の落ちやすさはあまり感じない。ただ相手はそうでもないらしくやはり粒特有の落ちる感じが強いみたいです。 ただこちらからちょっとした上回転を与えることもできて、そうすると相手も安定するという、なかなか珍しい性能だと思います。

  【粒ドラ】
  対上回転:粒は球持ちはいいのにスポンジで勝手に跳んでしまう感があるので、あまり慣れない感触ということもありどうすればいいかがわかりにくかったです。粒も柔らかいので強めの上回転には力負けしてしまうので、勢いの弱い球ぐらいにしか使えないかなと。あとで記述しますが、対上回転はミートがかなり優秀なので敢えてドラする必要はないかと思います。

  対下回転:
  粒の回転利用と、スポンジの反発が相まって積極的に攻めていけます。球足もはやく比較的簡単に相手は崩れやすいです。安定感、スピード供に優秀です。已打底効果のせいか弧線は描きにくいので力加減に気をつけましょう。飛距離を飛ばさなければ速く低くテンポ良く攻めれます。

  チャンスボール:
  ちゃんと粒を一定方向に倒し、それなりのインパクトでドラできれば面を下に向けても大丈夫です。


  【ミート打ち】

  対上回転:ここがこのラバーの最大の強みだと思います。男子の強力なドライブ以外だったら、まるで変化表みたいに叩けます。球もこぼしにくく、かなり叩きやすいです。スピードも申し分ないですし、なによりかなり相手が落とします。そんな変化量の高くない粒ですが、おそらく球の軌道やスピードに対してのナックル具合のギャップで相手が落としやすくなるのかと推測します。攻撃のしやすさ、スピード、ナックル、この3がかなり高い位置でバランスがとれている粒高は他に思い当たりません。

  対下回転:回転利用で速く低く、安定して返しやすいです。ただ弾みがあるので持ち上げなきゃいけない球に対してはオーバーしやすいので優しく振っていってください。


  対チャンスボール:柔らかい粒ということもあり、ちょっと不安定さを感じますが、弾みで誤魔化してくれている感じです。球持ち感はあるので落ち着いて丁寧に掴んで投げる感覚で打つといいと思います。

  【プッシュ】
  かなり優秀です。球足は速く、男子相手でもノータッチを連発できる攻撃力があります。ただ柔らかい粒の特徴ですが、無回転には押していきづらいので見極めは大切にしてください。あとやはり速くても所詮はプッシュ、そして速い上回転なので相手として間に合えば叩ける球質なので注意して下さい。ただ間に合わせなくすることは容易なので積極的に使っていけると思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  男子の上級層のドライブを止めるには粒の柔らかさが心許ない感じです。弾みもあるので収まるイメージが持てません。ただ暴れるというわけではないので、膝や手首の力を抜いて軽く下に受け流すことができれば、男子の繋ぐドライブくらいは処理できます。回転反転量は高くないので期待しないでください。
  逆に繋ぐぐらいのドライブだったらこちらからかるく叩いてあげた方が、安定すると思います。安定するに加えてえげつないナックルミートで逆に得点源になります。このラバーはこの叩きをブロック代わりに使うことをオススメします。もちろん強打に対してはコントロール不能になりやすいので注意。

  【ツッツキ】
  ひっかかりが良いわけではなく、弾むのであまり質のいいツッツキは難しいと思います。ただあまりにプッシュが優秀なので、プッシュを見せ球にしてツッツキでリズムを崩すのはかなりチャンスメイクになると思います。


  【カット】
  弾みもよく、変化量もそんなないので、粘ってカットで点をとるのは難しいと思います。台から下がらされて苦し紛れでカットする分にはコントロールは悪くないのでまぁまぁかと。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  プッシュもミートも優秀なので、相手は下回転サーブはかなり打ちにくくなると思います。対上回転も軽く叩けば速攻できるので弱点らしい弱点はなく優秀です。回転の影響も受けにくいです。ただ回転に見極めが甘かったり、反応が遅れると、弾むので台に収まり辛かったり、ポーンとチャンスボールになりやすいため、丁寧に処理していく必要があります。あと、短く止める系は難しいですが、プッシュやフリックと混ぜれば中途半端な短さでもギャップが生まれると思います。

  【フリック】
  球持ちもあり、スピードもでやすいので台上は荒らしやすいです。強いていうなら手前を速く打ち過ぎると自分が戻りが遅いと苦しくなるので注意して下さい。

  【ストップ】
  弾んで軌道もまっすぐになりがちなので、ストップは難しいです。基本的にロング主体の展開になるので、そのギャップでたまに使うぐらいでいいと思います。

[おすすめな方]
  シェーク異質前陣速攻型には一度は使っていただきたい粒高です。特に柔らかさがデメリットになりにくい女子で。知名度も低いので初見だとびっくりする方も多いのではないでしょうか。粒高の上手い選手ががペチペチと打ち続けるのを見てやってみたい思ったものの、難しさに挫折したかたは是非試して頂きたい粒高です。
  ペンだと面をかぶせて振ったりする技術が難しかったり、独特な球持ちが邪魔だと感じる方も多そうな気がするので、やはりシェークに適した粒だと思います。

[まとめ]
  まとめ
  独自の球持ち感とやや高弾性のスポンジにより、
  前陣攻撃系の技術が全般的にやりやすく、スピードもあり、ナックルになりやすいの三拍子そろった粒高。
  その代わり、短く止める系技術、回転反転量、を犠牲にした攻撃特化粒高。
  攻撃特化というと暴れる系みたいに思われるかもしれませんが、飛距離やスピードが速いだけでコントロールはしやすいです。
  回転に逆らわない技術は、反転量は少ないもののやりやすく、回転に逆らう系の技術もやりやすくて相手はやりにくいという、矛盾した性能。
  ただ弱点としては柔らかいので男子の強ドライブはもちろん、強めの繋ぐドライブでも粒が倒れきってしまいやすく、コントロール不能に陥りやすいです。相手にしっかりしたドライブを打たせないようにレシーブから先手先手をとって攻め続ける必要がでてくると思います。男子の初中級層や女子でしたらそのデメリットが比較的少ないので高パフォーマンスになると思います。

  前陣粒高速攻で硬いのが好みならカールP-H、
  柔らかいのが好みであればスキュラ已打底を強くオススメします。
  守備的な技術を混ぜたいなら他にもいい粒高はいっぱいありますが。
  もっと人気がでてもいい粒な気はするんですけども、【粒高=ショート】みたいなイメージで広まりにくいのでしょうか、、、

[補足]
  已打底効果は個体差もありますがだいたい1ヶ月〜3ヶ月との噂です。私はガッツリ使い込みはしてないので、検証はしてません。ただ已打底効果が切れてもスピードがやや落ちたぐらいでそこまでプレイに支障は感じませんでした。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  【異質前陣速攻粒高でのざっくり比較】
  比較対象
  ・スキュラ已打底
  ・カールPH
  ・モリストLP
  ・グラス


  硬さ
  PH>スキュラ>グラス=モリスト

  弾み
  スキュラ=グラス>モリスト>PH

  回転反転量
  グラス>モリスト>スキュラ>PH

  球持ち感
  スキュラ>モリスト>グラス>PH