723_1_450



























投稿者:ゲンマ


[自己紹介]
  2019年、上半期・下半期ともに大変お世話になりました。可能な限りレビュー頑張ります。
    ついに30代に突入しました。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  ラクザZ【YASAKA】

[使用環境]
  ゼクスギアインのフォア面に使用。バック側はラクザZエクストラハードです。

[はじめに]
  重さはスピン系テンションの硬めでは標準ですね。粘着は微粘着のちょっと強めという感じです。シートの引っ掛かりはやはりいいですね。玉突き段階では粘着のように弾みません。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  1)対上回転ドライブ
   弧線の高さがヤサカNo.1ということで、とにかく安定しますね。力を入れなくてもボールが飛んでくれます。回転もしっかりかかります。ただ、キョウヒョウや木星2ブルースポンジなど本格的な粘着に比べると回転量は少なめです。また、テナジー05やスーパーヴェンタスに比べても物足りなさを感じます。スピードも粘着テンションとしては一般的な感じです。ただ、力をあまり入れずにボールを飛ばせます。スピードが出るというより「飛距離」が出るという印象です。トップシートが柔らかいからか、振れば振るだけ威力が出るというわけではありません。むしろパワーロスを感じることもあり、力を入れるとボールが落ちるということもありました。適度な力で飛ばしていく人でより安定を求める人に良いのかもしれません。マシーン相手のため引き合いはできませんでしたが、強回転のボールに関しては叩く方が安定する感じでした。スピードや回転より安定重視ですね。
  (2)対下回転ドライブ
   シートの引っ掛かりが良く、トップシートも柔らかいのでボールをグッと掴んで上に上げてくれます。上回転と同様なのですがあまり力を入れなくてもボールが上がってくれます。ちょっと優しいラバーですね(笑)。ループの弧線も高く安定感があります。ただ、粘着テンションとしてはもう一歩回転量が欲しいかなという感じですね。一発ドライブでもスピードは出るのですが、ボールは軽くなってしまいやすいようでした。また、落ちる時もあるなという感じです。弾き気味に打った時にボールが沈み込んでくれない時があります。安定してはいるけれど…相手への影響力はもう少し欲しいですね。
  (3)ミート系
   叩くこともできますが、ラクザ系で叩くならZを使わなくてもと思ってしまいます。基本当たると上に飛ぶのでミートをしても若干弧線を描きます。打ちにくさはありませんが、主戦武器にすることもないのかなという感じです。粘着でミートするとナックルになりやすいですが、いやらしいナックルはあまり出ませんでした。


[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  1)ブロック
   トップシートが柔らかい分、粘着テンション系としては止めやすいですね。しかし、ただブロックするよりはちょっと伸ばしたりするのがやりやすかったです。回転のかけやすさをしっかりと武器にできそうです。
  (2)カウンター
   軽い力で飛ぶので、強めに振るとコントロールが難しくなってしまいました。トップシートを生かして軽めにカウンターするといいボールがいきます。ただ、その「軽め」の調整が私自身は難しかったです。思い切って叩く方がいいのかもしれないと思いました。
   (3)カット
   結構切りやすかったですね。ただ、飛距離が出やすいのでそこのコントロールを誤るとボールが浅めになってしまう感じがしました。マックスの回転量ももう少し欲しいという感じです。


[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   ガツンとぶつけるとちょっと飛んじゃう感じですね。ちょっと薄めに引っ掛けると回転がよりかかる感じがしました。回転量としてはまずまずですね。

  (2)台上技術
   ストップ、ツッツキは粘着をちょっと生かした分やりやすいですね。個人的にはツッツキの差し込みがやりやすかったです。振ったら飛ぶのでそこを自分で調整するとストップもツッツキもしやすかったです。フリックやチキータも自分で振る量をしっかりと調整できれば十分武器になるかなという印象ですね。


[おすすめな方]
  ラクザ7やXを使っていてる人であれば、7を使ってもう少し台上などの細かいプレーに重きを置きたい人に向いていると思います。個人的に7はかなり打ちやすいと思っていて、それはシートの軟らかさが関係しています。Xはスピードや回転のマックス値は高いのですが、常にそれを出せずになかなか使えませんでした。7は自分のスイングスピードに合っているのか、とにかく回転がかかって安定するという印象でした。Zはそれに近いですね。スピードは7の方があると思いますが、弧線の高さ、飛距離の出しやすさ、台上の安定感はZがいいですね。また、使うラケットも選びそうです。アウターに貼ると飛距離は出るのですが、回転が足りずにコートに沈んでくれないと思います。インナーや5枚の方が回転や安定を武器にできそうです。しかし、プレースタイル的にスピード重視にはそもそも合わないのかもしれません。弾むラケットに貼るとシートが柔らかい分エネルギーロスが生まれる感じがします。アウターを使ってスピードを出したい人であれば、しっかりと振る人でしょうからなおさらボールが安定しないかもしれません。安定重視の選手や力があまりない人、中学生くらいの男子や女子選手辺りだといいのかもしれません。

[まとめ]
   粘着テンションというとディグニクス09Cやゴールデンタンゴ、K1Jなどがありますが、ポイントになるのは値段です。それらに比べるとラクザZはちょっと安いです。その分、粘着らしさやスピード、回転量などは劣るのは仕方ないのかもしれません。しかし、扱いやすさはとてもいいです。ボールが極端に荒れるということはありませんが、ヤサカらしいバランスの高いラバーではないでしょうか。プラボールになり、結構な機関が経ちましたが、やはり回転量の低下というのは感じられます。そんな中、安定感が売りのヤサカが出したラクザの新作、期待した人も多いかと思います。Zはプレー全体に安心を与えてくれるラバーのような気がします。尖った性能が欲しい人にはちょっと物足りないかもしれませんが、値段相応のものを得ることはできるのではないでしょうか。より強いボールを打ちたい人はエクストラハードがいいですね!