5cf2d37a














投稿者: Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  ニッタク:剛力快速

[使用環境]
  剛力FL
      黒:剛力快速 中
      赤:スキャンダル 1.5mm
      どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
  極薄ラバー以外で初めての裏ソフトレビューです。主に普段使用している太陽proブルースポンジ極薄皮付との比較になってしまいますので、ゴリゴリのドライブマン向けの裏ソフトレビューではないのでご了承下さいませ。
  なんか開発者が最初は「中」を使うのをオススメしてたので中をチョイス。
  貼ってみた感じはけっこう硬く感じ、粘着系ほどじゃないですが重量もずっしり感じました。シートは特に引っかかりは良くないタイプの裏ソフトだと感じました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【ドライブ】
  しっかりスイングできれば弧線が低く鋭く入る感じです。スポンジ中ということもありますが、スピードも飛距離も回転も一般的な裏ソフトよりは低いと感じました。球持ちがあまりよくなく、体勢が崩れたときのような中途半端なスイングだと持ち上がらずにネット超えないことがおおかったです。試合とかだと良い体勢で打てる時ばかりではないので融通の効かなさを感じます。さすがに普段使うような極薄ラバーよりはドライブできますが、扱いにくさや球質の悪さを感じてしまいました。

  【ミート打ち】
  ドライブの感触が悪かった理由がわかりました。ミート打ちが最高にやりやすいです。
  あまり「このラバーはサイコー!」みたいな軽い表現はしたくないですが、ミート系の技術に関しては文句の付けようのないほど気に入りました。
  まず驚いたのが打球時のラケットの面に対して垂直に球が飛ぶような感覚がありました。ドライブのようなかぶせた打ち方ではなく、面を開いてボールを真後ろからひっぱたくと直線的にイメージ通りに飛ぶ感触です。そして、ただまっすぐではなく、あまり回転をかけるような打ち方ではないのにネットを超えるあたりからコート内に沈んでくれるので非常に収まりがいいです。表ソフトとかでもミートしやすいものはいくらでもありますが、軌道の途中から台に沈むようなミートが自然にでるラバーはあまりお目にかからないです。
  ミートを多用している方なら、安定させるためにちょっと当て掛けぐらいの上回転を意識している方もいるのではないでしょうか?そういった意識をしなくても自然と沈む感じです。
  また、シートのひっかかりがそこまでよくなく、球離れも早いので回転の影響の受けやすさも一般的な裏ソフトより遙かに少なかったです。これもミート系の技術では嬉しいポイントです。
  対上回転でも対下回転でもそこまで神経使わなくてもまっすぐ打てるのは、実際の試合でも面の角度だけ意識すればいいのでだいぶ楽さを感じました。
  極薄ラバーも回転の影響を受けづらくミート打ちがしやすかったですが、スポンジに食い込みすぎると衝撃が板に伝わってコントロールが難しくなるシビアさもあったので、難易度は剛力快速のほうが遙かに優しいです。

  ここまでミート系はいいことばかり書いてきましたが唯一の難点としてはスピードです。別に遅いわけではないですけど最近のテンションラバーに慣れている方だと物足りなさを感じます。が、別に決定力不足というほどでもないので連打のしやすいさを考えればそこまで弱点にならないと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  シートスポンジのの硬さ、回転の影響のうけなささも相まって、とりあえず面を作れば勝手に返球できる楽さがありました。球質としては直線的なので暴れやすいかとおもいきや、やはりミート打ちの時と同様に勝手にコートに沈んでくれるのでむしろ突き刺さるようなブロックが特徴的です。勝手にカウンター気味なブロックになりやすいです。極薄ラバーだとある一定以上の威力の攻撃だとブロックしてもコントロール不能になりやすいので、受けまわししやすかったです。

  【ツッツキ】
  シートのひっかりが弱いので回転掛からないかと思いきや、ゴムの引きつれや硬さがけっこうあるので思いのほか鋭くかかったツッツキがだせました。自分は回転の影響を受けづらく、攻撃的なツッツキがだせるのはとてもよかったです。ただ粘着の極薄ラバーと比べるとえげつない回転量とかはないので過度な信用はしないほうがいいです。

  【カット】
  ツッツキと同じく、シートのひっかりがないわりには軌道の低いそこそこかかったカットがだせました。また表ソフトのようなナックルカットのだしやすさは他の裏ソフトにはない強みでした。
  粘着の極薄ラバーとくらべると回転量は劣りますが、強打されても板に衝撃がこないので安定してカットができました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  ツッツキのときと同じく、擦るような打ち方ができれば思いのほか回転がかけられました。硬いので短い長いのコントロールもよく、球離れがよかったので速めのロングサーブでも好印象でした。もちろん粘着には回転量は負けますが。

  【レシーブ】
  ツッツキはよく切れ、フリックやリフトなどは簡単に持ち上がって優秀です。短めのサーブに対しては処理しやすい性能がそろっていました。その辺は極薄ラバーによく似てましたが、やはり極薄ラバーではほぼ無理だったロングサーブの対処にドライブという選択支があるのは大きかったです。回転量や板感がマイルドになった分、ドライブという選択支が増えて弱点が減った印象です。

  【フリック】
  手前に関しては回転の影響は少ないのでひょいっと上に持ち上げれば、とりあえず入ってくれます。弾むラバーではないので収まりはいいですがスピードはないので多用は禁物です。前陣でかき乱す程度に使いましょう。これのおかげで相手はショートサービスはかなりやりづらくなるでしょう。

  【ストップ】
  極薄ラバーとかだと当てるだけだともろに回転喰らい、表面で薄く掛ける技術が必要でしたが、剛力快速はホントにチョンと触る程度で低く短くだしやすかったです。
[おすすめな方]
  バック異質のフォアにぜひオススメしたいです。異質を使っていると前陣になりがちでドライブする余裕がなくなってくるのでミート主体になる方は多いと思います。しかしミート主体だと弧線を描かないので安定感で悩んでる方は多いのではないでしょうか。ミートなのにコートに収まりやすく、勝手にツッツキやブロックも鋭くなりやすいので、異質との相性はかなりいいかと思います。
  また、シェークでバックがミート主体の方が表ソフト代わりに使うのも面白いと思います。

[まとめ]
  ドライブ系の技術を捨てる代わりに、とにかくミート系全般の技術がやりやすく、ブロックやツッツキが攻撃的で前陣で戦うために特化したラバー。
  極薄ラバーと感触や使い方は似てますが、極薄の回転量を減らす代わりに、打たれ強さや操作性や凡庸姓を高めたラバー。表ソフトと使用感や目的は似ている裏ソフト。
  シェーク異質前陣をやるなら本職ラバーとして使うぐらい良かったです。