b5357dcd






















投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

    戦型はシェーク、最近は日ペンも。
  【裏+アンチ】
    基本は前陣攻守。攻撃はミートが主体、ドライブは繋げる目的で使用。
    リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
    反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
    今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
    (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

    学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  剛力(シェーク)

[使用環境]
  剛力 (シェーク)

  黒: MazeProブルー44度 2.2mm
  赤:ファントム0012∞  ox

  ※反転を多用するためどちらがフォアかバックは決めていません。

  ラバー貼った状態で190g
  男子、身長178cm、体重60Kgの痩せ型のヒョロイ私でも扱える重さではありました

  また、本命ラケットなんで色んな硬さの粒、アンチ、極薄裏ソフトやテンション、粘着も色々試してきたので色んな目線でレビューしたいとおもいます。

[はじめに]
  ニッタクの異質定番の定番になりつつある重さが特徴のラケット。
  合板構成(ニッタクのカタログより)
  7枚、木材(ほぼ均一7枚合板?)
  サイズ
  ブレード:160×154mm
  グリップ:FL 100×24mm
  重量100±gミッド・スロー
  板厚
  4.9mm
  打球感:ソフト
  原産国日本

  これは個人的な感想ですが打球感はソフトではないとは感じてます。おそらく重さや詰まってる感じがあるせいか硬いラケットを使ったような粒の回転反転効果がありました。ただそんな中にもしなりや球持ち感があり、【硬いか柔らかいか】というより【硬さと柔らかさがある】みたいないいとこ取りの感覚がありました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  どの技術においても剛力の重さに負けずにしっかりと振れるという前提でお話しします。
  【ドライブ系】
  ドライブぽく振ると重さもあるせいか、しなりが強く生まれて木材特有の球持ち感が強く感じます。もちろん木材の薄ラケットなので、そこまでぶっ飛び系ではありませんが、飛距離が出にくいのに攻撃重さが出やすいのでラリーで攻める安定タイプには扱いやすいと思います。上記の理由で回転もかけやすいので重い回転重視のドライブ向けです。インパクトが弱い方はしなりが起きにくいので柔らかめのラバー、インパクト強い方はよくしなるので硬めのラバーでも球持ちが維持できるので使用者に合わせてラバー選びもしやすいです。
  【ミート系】
  ドライブの時とは違ってしなりが起きにくいのでラケットが硬く感じるかと思います。板ぽく軽く打てる方なら相手の回転の影響受けづらくミートが打ちやすいです。ただあとから若干しなりがきて、さらに飛距離が出るラケットでもないので、フラットな打法でもコートへの収まりの良さを感じます。
  こちらも1発で抜くというより連打やドラ→ミートなどの連携等を好む方に向いた性能だと思います。剛力を重く感じる人はミート系が主体になるかと思われます。

  【異質攻撃】
  あくまでも異質での攻撃が一通りできるという前提でお話しします。
  相手の回転に逆らう系の攻撃に関しては、重さで掻き消す感があり非常に安定します。相手の繋げるドライぐらいなら丁寧にやれば比較的簡単に叩けるかと思います。ただ回転に逆らった時特有のエゲツないナックル感も同時に掻き消されてしまう印象です。一撃で仕留めるというよりは、連打や裏ソフトの連携に向いた性能です。
  回転に逆らわない系の攻撃ももちろん安定感が強いです。また重さからでるスピード感もありノーリスクで攻めやすいです。ドラでもミートでもやりたい放題です。ただやはりその分ナックルぽさは薄味です。

  【粒プッシュ】
  板感があるのでイメージ通りにコントロールしやすかったです。重さもあるので最低限のスピードは確保してところも良かったです。ただ硬めの粒とかで粒を倒さないプッシュがしたいと思っても、剛力の力強さがアダとなり中途半端に倒れてしまうことがあるので不安定要素でした。もちろん面がしっかり垂直に意識すれば補えるレベルだと思います。

  全体的にしっかり振れば球持ち感や上書き感が得られ、軽く撃てば玉離れが速く、相手の回転利用がしやすいラケットです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  剛力は守備ラケットのジャンルに含まれるとは思いますが、守備ラケットに多くあるような吸収するタイプのラケットではなく、相手の威力に負けずにコートに収めていくタイプのラケットです。なので吸収系に比べれば飛距離もでるので、そういう「当たれば入る」みたいな物求めてる方には弾むかもしれません。自分で状況に応じて、面を合わせるだけ、自分から振っていく、自分で吸収するといった操作性を求める方には相手の球威に負けない力強さが魅力に感じるラケットだと思います。
  【ブロック】
  裏ソフトでは、当てるだけでも、ちょい上をかけていくだけでも力負けしにくいです。低めの突き刺さるようなブロックになりやすいです。柔らかいラバーにしてもそこまでは力負けしにくいのがいいところです。
  硬めの粒は一般的にインパクトの強さや振る技術が求められことが多いですが、そこまでインパクトを強く出せない私でも、剛力の力強さがインパクトを補強してくれる感じがあり使いやすかったです。コンパクトに受け流すだけでも粒が倒れてくれ、当てるだけなら表ソフトのようなブロックもでき、硬い粒の旨味を引き出す難易度が下がりました。
  じゃあ柔らかい粒と相性が悪いかといえばそういうわけでもなく、柔粒特有の当てるだけブロックでの回転反転量も多く、重さもあり暴れにくい印象でした。ただ自分から振っていくと柔粒だと倒れすぎるので、硬い粒の方が高スペックさを感じやすいかもしれません。
  アンチは当てるだけブロックは回転の反転量が少なくイマイチです。しかし自分で振っていくような技術でさらに回転を加えるような技術のほうが相性が良かったです。剛力とアンチの組み合わせは自分がミスさえしなければ幾らでも受け止められる感があって気に入ってます。

  【ツッツキ】
  薄いラケット特有の直線的なツッツキになりやすいです。また飛距離も控えめなのでしっかり振って回転も上乗せしやすく、重さもあって上書きもしやすいです。短くしたり速くしたり操作性高めです。
  粒のツッツキでも重で粒が倒れやすいので、硬粒でも柔粒でも回転はかけやすかったです。粒でもツッツキが浮きにくいのは試合でも大きなメリットでした。
  裏でも異質でもツッツキは全体的にやりやすさも性能も高スペックで優秀です。

  【カット】
  私は本職のカットマンではありませんが、それでも抑えが効きやすく、低くなりやすいのでアリだと思います。やはり吸収して収まりやすいというより、相手の球威に押されにくいから収まりやすいという印象です。
  カット性ブロックの時も感じたように重さが、自分のインパクト不足を補強してくれてる感覚です。その補強が私のなんちゃってカットでも抑えと回転量を生み出してくれてます。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  薄くて重いのでサーブとしては理想的なラケットではないでしょうか?
  薄さで低さや回転量、重さによる遠心力で回転量やスピードが。しいて言うならかっとび攻撃系ラケットに比べればロングサーブのスピードが出ないくらいですが、そんなの弱点のうちに入らないぐらい高性能でした。

  【フリック、チキータ】
  払いやチキータは重さで遠心力補正があり上書きしやすいですが、手首が強くないと裏裏だと振り遅れる要因にもなるので注意です。
  同じ理由で咄嗟の台に近いドライブも振り遅れやすいのは注意です。私は粒やアンチ、またミート系主体なので振り遅れはあまり感じませんが、裏主体の方だと振り切れるフィジカルを鍛える必要があるかと。

  【レシーブ】
  ツッツキは上記にあるよう高スペックです。プッシュも無難かと。
  フリック、チキータは上記にあるよう、高スペックながら人を選ぶとは思われます。特にレシーブだと色んなサーブの選択肢から咄嗟に身体を動かさなければならないので、尚更だと思います。
  回転の強いサーブを受けなきゃいけないことが多いので、上書きしやすい点、回転利用しやすい点はレシーブには大きなメリットだとは思います。

[おすすめな方]
  シェークの異質にオススメします。異質ラバーは軽いので重さの補填にはかなり良いです。またただ受けてるだけだと勝ちにくいレベルになってくると、攻撃したり回転に逆らったりしなければなりません。ぶっ飛び系ラケットだと異質の方も弾んでしまうので、スピードではなく重さで攻めることができれば異質ともバランスがとれると思います。
  その人のインパクトの強さに応じて、しなったりしならなかったり、貼っている粒の硬さに応じて打ち方も変えられるので多くの人に対応はできると思います。
  ただあまり一般的なラケットとは特徴が離れているので、その辺の固定概念を捨てたり、使い込まないと良さはわかりにくい気はします。個性を武器にしたい方や、考えて卓球をする方にオススメしたいです。

  私は本職じゃないのでわかりませんが、裏裏でブチ切れツッツキからゴリゴリの重いドライブやチキータを主体でやるようなスタイルとかも面白いかもしれません。

[まとめ]
  ○とくかく重さが特徴
  ○吸収するというより、球威に負けずにコートに収めるラケット
  ○その人のインパクトや打ち方、貼るラバー次第で、しなったりしならなかったりするので使い分けしやすい
  ○1発で仕留めるよりは、連打や連携、手数で戦いたいラケット
  ○ガッツリ重くなって、多少球持ちが良くなった幻守

[補足]
  粒に合うと言われてるラケットざっくり比較
  比較対象
  ○剛力
  ○幻守
  ○極守2
  ○オールラウンドエボリューション

  弾み
  幻守〉剛力=オルエボ〉極守

  玉離れ
  幻守〉剛力〉オルエボ〉極守

  回転反転量
  幻守〉剛力〉オルエボ〉極守

  自分からかける回転量全般
  剛力〉オルエボ〉幻守〉極守