20200515_ce25e2











































投稿者:Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

  戦型はシェークもペンも【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はほとんどがミートか乗せ打ち、ドライブは繋げるような打ち方が多いです。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。アンチは多少操作性があるもの、スキャンダルやディアボリックを好んで使っています。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  海津富美代DVD

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  まだ私はペンも練習するようになってからまだ経験値が浅いので研究のために購入。
  あまり内容に触れすぎると販売元に怒られてしまうので、細かくは書けませんが私の感想を主に書きたいと思います。
  全体的に説明は動画と解説両方とも多めに入っており、理屈で卓球をやるタイプの私とかには「なるほど」と思えることは多かったです。
  また、これから1からペン粒を始めようとする方には予備知識とかないと理解しにくいところも多いと思いますので、【跳ね際を捉える】【自分で粒を倒す感覚がわかる】【足を動かしてボールを先に待っている】みたいなことがある程度できる方からをオススメします。もちろんこれらが安定してなくてもなんとなくわかる方でもこのDVDで補強されるところは多いように思えます。


  目次

  ●基本姿勢とグリップ
  ●ブロックの基本と応用
  ●安定性とスピードを求めるプッシュ
  ●サービス&レシーブ
  ●粒高によるスマッシュ
  ●長短の変化による連携プレー
  ●ペン粒高選手へのレッスン
  ●レジェンドインタビュー



  ●基本姿勢のグリップ
  こんなの常識だよーと思われる方も多いとは思いますが、シェークからペンに移行した私としては丁寧に解説されていてはじめの一歩としてはとても重要なコンテンツでした。特にどの指にどのくらい力を入れる割合とか、角度やひねり方、○○の位置とか言われるまで気づけなかったのでよかったです。

  ●ブロックの基本と応用
  このコンテンツがこのDVDの肝だと思います。基本のところでは、指の力の入れ具合、腕の位置等を説明してあります。カット性ブロックの振り方が一般的な振り方とは少し違い、より短く、より回転をかけ、より相手に力負けしにくい振り方を細かく解説してあります。腕だけではなく、身体や脚の使い方も細かく解説してあります。
  海津選手のプレイスタイルとして「相手に全力で打たせない」を大前提にしていると思いますので、このブロックがそういったスタイルの主軸になっていると思われます。インパクトの強化に繋がると感じました。

  ●安定性とスピードを求めるプッシュ
  私が1番気に入ったのがこのコンテンツです。基本的なところは特に他と差異はなかったですが、スピードを求める際に行うあの指使いを真似しただけで簡単に安定とスピードを両立させてしまったことに感動しました。動画を観た当初、「こんなの上手い人だからできるんだろうなー」と思っていましたが、実際に打ってみると一発目から快速でプッシュがキレイに入りました。そのあと何球か続けて練習しましたが、明らかに安定性とスピードが増しました。いままでプッシュは安定重視で繋げる程度のスピードしか求めていませんでしたが、リスクを負わずに攻めるプッシュができるようになりました。私の泣き所だったインパクト不足が解消されました。

  ●サービス&レシーブ
  ここはさほど新しい情報は得られませんでした。
  全体的に特に難しいサーブ、レシーブは使わず、地味な球種とコースで次の展開を操る、そんな解説が続きます。
  私は元からそういう地味なサーブを使って展開作りが好きなプレイヤーなので復習程度になりました。
  比較的ペン粒歴が短い方や、普段は横回転がゴリゴリかかったりした複雑なサーブからの展開しかしない方には非常にためになるお話だと思います。
  レシーブは主に短めにすることを主として相手に強打されないためのレシーブでした。


  ●粒高によるスマッシュ
  私は特に苦手意識はありませんが、粒高で攻撃できるかどうかがペン粒選手の大きな壁になると思います。粒の倒し方や力加減など丁寧な攻撃の仕方を解説してあります。
  粒での攻撃ができない方は多いと思いますので、是非とも参考にしてみてください。
  DVDでは完全にミートではなく、やや上回転をかけて安定させることを推奨してます。
  あとはコースが読まれにくいフォームや回り込みからの流し打ちもしています。

  ●長短の変化による連携プレー
  より実戦向けの解説。
  ブロック→プッシュ、ループドライブを打たせてスマッシュ、厳しいコースに打てたら積極的に回り込んで流し、粒高選手が苦手なフォアにストレート打たれたときの対処方など、より実戦に役立つコンビネーションプレイが紹介されています。粒高での点の取り方がわからない人はこれらを軸に組み立てるだけでもだいぶ点をとれるのではないでしょうか。

  ●ペン粒高選手へのレッスン
  たいへん参考になりました。実際の選手の方に海津さんが指南しているコンテンツです。なぜ球が浮きやすくなっているか、こうすればインパクトがだせる、身体をもっとこういう風に使って、、、、とけっこう細かく指導していました。

  ●レジェンドインタビュー
  インタビューなので技術的なこととは違います。海津さんが選手時代だったときの背景等が聞けるので、歴史的なことが好きな方には面白いかもしれません。

  ○WRMでこのDVDを買うと、このDVDのための解説動画がついてきます。スタッフさんが広範囲の人たちのために内容をわかりやすくかみ砕いてくれています。けっこうな力のいれ具合でした。


  まとめ:
  ・理屈と映像がバランス良くまとめられています(理屈が多めかな?)
  ・粒高の予備知識がある程度必要
  ・下回転を上に、上回転を下に変えるという粒高の基本の質をあげるような解説
  ・逆に回転に逆らうような技術は少なめです
  ・安定志向
  ・全体的に戻りと判断を大切にする身体の使い方
  ・ブロックが一般的なブロックとは少し違う
  ・プッシュが安定性とスピードを両立できる
  ・派手な回転を使わなくてもできる展開作りを解説
  ・WRMで購入にすると、このDVDの解説動画がついてくる


  細かく書きすぎると内容に触れてしまうのでざっくりですがレビューさせていただきました。
  特にコロナで満足な練習ができていないとう現状では大変参考になりました。