20200626_129c96



































投稿者:  Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

戦型はシェークとペン両方【裏+アンチ】
シェーク歴のほうが長いですが、異質を扱う上でペンのほうが気に入っています。
基本は前陣攻守。攻撃はほとんどミートか乗せ打ち、ドライブは繋げがメインです。
リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

  普段はスキャンダル1.5mmを愛用しております。
  粒高はファントム∞やオクトパス、ジャイロなど倒れやすいけど若干硬めの物を好んで使っています。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist スピンパラサイトSP

[使用環境]
ジャックポット 中ペン
    黒:メイスブルー44°2.2mm
    赤:スピンパラサイトsp 1.0mm
    どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
 以前、ノーマルのスピンパラサイトは使用したことがありましたが、それはざっくりいえば板感が強く球持ちがなく、マテリアルの中のアンチでは弾むほうでした。操作性も悪くちょっと男子のパワーボールを受けるには心もたない感じで私としてはイマイチでした。
シートはトランスフォーマ系などの本当のカチカチ系アンチに比べれば柔らかいですが、それでもスポンジやシートの薄さも相まって硬めに感じました。
粒がかなり低くだいぶ板で打つ感触に近いです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
ドライブは硬さと摩擦のなさでかなり難しいので省略します。

    【ミート打ち】
対上回転:
硬めで摩擦も球持ちもないので、落ちたりホップしたりとだいぶ暴れます。
姿勢も目線も低くして弾くように力まず軽いタッチで打つと、ドナックルだったり回転残った球が突き刺さるように入ります。他のアンチに比べれば球足も速いのと回転の反転量もあるので入れていけばけっこう得点源にはなります。
安定して入れるにはだいぶ使いこむ必要があるかと。
これらの点はノーマルと一緒でしたが、まだ弾みが弱い分扱いやすかったです。

チャンスボール:
そこそこ弾みがあるので打てないわけじゃないですが、球持ちがない分高い打点での攻撃は難しく感じました。ただ、ノーマルに比べると若干食い込むので死んだ球であれば技術力次第でそこまで苦には感じないと思います。

対下回転:
回転の影響も少なく、そこそこ弾みもあるので乗せ打ちの感覚がある方にはかなりやりやすいと思います。
ディアボリックとかとちがって食い込ませて持ち上げることはできないので低い物は丁寧にする必要があります。下回転がかかっていればかかっているほど安定した攻撃がしやすいです。

プッシュ:
アンチ特有の回転の影響受けにくさと板で打つ感がありプッシュにはかなり適したラバーだと思います。めっちゃ速いプッシュ、というわけではありませんがコントロールしやすい割に速いのでローリスクで攻めていけます。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
ブロックの感触は木べらに近いと思います。カット性みたいに振ったほうが安定はしますが、ディアボリックやスキャンダルみたいに自分で回転を加えるのは難しいです。
逆に当てるだけブロックはフカフカ系スポンジよりは回転は勝手に残る感じで跳ね際を捉えれば収まりやすいです。
リフレクション やスキャンダル みたい男子の全力ドライブを苦労せず止めるみたいなことは出きません。自分で吸収したり跳ね際を丁寧に処理できれば男子相手でも低く鋭く、強回転で返せます。
何球でも返すブロックというよりは、一撃で仕留めるブロックになりやすいです。このブロックの鋭さと台に収まりやすさのバランスがとてもいいラバーだと感じました。

    【ツッツキ】
 アンチなので回転は掛けにくいです。ですが硬めなので軌道は鋭くだせるので回転量と鋭さのギャップで先手はとりやすいツッツキができます。プッシュと混ぜればだいぶ早いテンポで台上を荒らせます。

    【カット】
上回転をもらえればけっこう下回転はキレます。勝手にキレるところはありますが。
軌道は低く、打ち方とかは表ソフトに近い感じです。
ただ表ソフトより相手の回転を喰らうことはなく安定しやすいですが、自分でかけたりかけなかったりは難しです。スポンジが低弾性になったことで、軌道が低くても失速してノーマルより台に収まりやすく感じます。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
アンチなので省略

    【レシーブ】
回転の影響は受けにくく、他のアンチよりは払いや攻撃的な仕掛けもできます。破壊力はありませんが。ノーマルのとき厳しかったロングサーブを短く止めづらいという弱点もなくなり、攻めたり守ったりのバランスがいいです。

    【ストップ】
ちょっと止まりきらなかったり、軌道が高くなりやすかったりしますがやりやすい部類だと思います。もちろんリフレクション とかスキャンダル のようにビタ止めは難しいですが、スポンジが食い込んだり食い込まなかったりがあまりないので安定はするかもしれません。

    【フリック】
アンチの中ではディアボリックの次にやすかったです。回転の影響を受けずにペチペチ叩けます。特に対下回転だと軌道も安定します。ただディアボリックと違い食い込まないので持ち上げることが難し分、低い球を積極的に打ちに行くのは難しいです。

[おすすめな方]
プッシュやフリックのテンポの速い小技で相手を全力で振らせないようにした状態の中で戦うのに向いたラバーだと思います。ガッツリ守備系のラバーではありませんが、ノーマルよりは守備よりにも動けるバランスのよさがウリだと思います。
だいぶ木べらで打つ感覚に近いので、そういった感触を好む方には試してみる価値はあるかと思います。ノーマルのほうがより木べらに近いですが。シェークよりペンのほうが低く打点で処理しやすい分向いているかと思われます。

[まとめ]
球持ちが極端にないように感じましたが、それでもノーマルよりは若干球持ちがあり性能が全体的にマイルドになって扱いやすくなっています。試合ではこの扱いやすさが大切になってくるので、ノーマルよりはるかに実戦向きかと思われます。上回転を下回転へ、下回転を上回転への打ち方が主軸になると思います。
プッシュやフリック、ミート、とアンチラバー のイメージとは裏腹に速攻系の技がやりやすいです。これらの技術で相手に時間を与えにくいアンチです。ディアボリックと似た用途で力を発揮するアンチだと思いますが、ディアボリックのほうが球持ちがある分、攻守のバランスがとれていると思います。逆にスピンパラサイトSPのほうが回転の反転力や球離れの速さ、弾道の低さが優れています。その分扱いも難しいですが。
そしてスポンジが低弾性になることによってブロックでも収まりの良さがそれなりに出てきました。回転の反転量もあるのに収まりも悪くないのでブロックが得点源になりやすいかと思います。
また粒が低いことが関係しているのか、トランスフォーマー系とは違いスポンジの食い込みが一定になりやすく、スピン反転量がそこそこあるにしては規則的な弾みや回転反転量で意外と扱いやすかったです。
トランスフォーマー系によくあった「不可解なミス」はかなり出にくい感じがしました。

[補足]
  ざっくりマテリアル社アンチレビュー

    【スピン反転量】
    トランスフォーマー>スピンパラサイト>スピンパラサイトSP>スキャンダル >ディアボリック

    【弾み】
    スピンパラサイト>ディアボリック ≧トランスフォーマー≧スピンパラサイトSP>スキャンダル 

    【玉持ち】
    ディアボリック>スキャンダル>>トランスフォーマー>スピンパラサイトSP>スピンパラサイト