143472037_o1





























投稿者:欲


[自己紹介]
卓球歴6年半中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。
ペン粒とカットマンもやります。用具は卓球人生の9割以上粘着ラバーです。(ほぼ両面粘着です。)実力は市大会シングル準優勝・ダブルス優勝、ブロック大会シングル3位・地区大会ベスト8・県大会3回戦負け程度です。得意(感覚ある)技術はサーブ・ツッツキ・ストップ・ループドライブ・カーブドライブ・裏面ドライブです。苦手な技術はブロックとカウンター・フットワークです。

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル

  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X

[レビューする商品名]
  キョウヒョウ龍5X

[使用環境]
  ラケット:キョウヒョウ龍5X(中国式)
  フォア:キョウヒョウPRO3ターボブルー(特厚)
  裏面:ディグニクス09c(特厚)

[はじめに]
実は前のキョウヒョウ龍5はシェークで真ん中を切り落として繋げて使っていて試合に出れるラケットではありませんでした。インナーカーボンを試したくて安い偽物覚悟でキョウヒョウ龍5を購入し、使っていました。Xを使ってみて性能が違いすぎて前のキョウヒョウ龍5は偽物だったのかなとも少し感じています。それでも龍5には龍5の良さがありました。中古の購入なので本物かどうかは確認出来ないですが、キョウヒョウ龍5Xは紅双喜公式サイトでシリアルナンバーを入力したら本物でした。

今回は直前にインナーフォースレイヤーZLCにディグニクス09cを貼っている卓球仲間がいて、それも打たせてもらったので、インナーフォースは裏面だけですが龍5とXとインナーフォースと比較しながらレビューしていきます。龍5の時とフォアと裏面のラバーは変わっていません。(ターボブルーは新品にしました)

  打つ前レビュー

  外観
  板が厚いと思いました。6mmあります。板の側面を見るとほとんどの人はアウターカーボンと間違えるくらい外側2枚の板が薄く、2枚の境目も分かりにくいです。カーボンも編み込んであるものでButterflyのZLCと同じだと思います。

  玉突き
  板厚が6mmもあるのでキョウヒョウの新品でも弾みました。自分の歴代のラケットでは1番弾みました。

  硬さ
  龍5同様柔らかいです。

  重さ
  ラケット単体で測り忘れましたが、重さは85gとラケットの箱の中の紙には書いてありました。ラケット単体で持っても極端に先端重心でとても重たく感じました。前使っていた龍5と同じ重さのはずなのですが、Xの方が断然重く感じました。100均の図りでの総重量は前の組み合わせ(龍5+ターボブルー+09c)では205gでしたが、今の組み合わせ(龍5X+ターボブルー新品+09c)では220gもありました。こんなに重くなったので疑いましたが後々卓球すると重さアップはとても感じました。

  フォア打ち
  ラケットを持った瞬間に超先端重心だと思いました。例えるならラバー上半分鉄板貼ってあると思うくらいです。今までお店や他の人のラケットを触ってもここまで先端重心のラケットは見たことがありません。以前ヴィルトゥオーソの先端にサイドバランサー5枚を貼ったことがありましたがそれとも比べ物にならないレベルで先端重心です。とても重たく感じます。
  弾みは龍5<インナーフォースZLC<龍5Xでインナーの中でも相当弾み、アウターくらい飛ぶという印象です。フォア打ちもテンポがいつもより大分早くなりました。
  打球感はとても柔らかくてインナーフォースとあまり変わらないかそれより柔らかいと思いました。インナーフォースは手に響く感覚があり、今まで手に響く感覚のあるラケットを打ったことがなかったので気持ち悪かったですが、龍5Xは柔らかいですが手に響く感覚はあまり無かったです。(龍5よりはあるように思いました。)少なからず裏面のラバーが違うことも影響していると思うので参考程度にお考え下さい。(インナーフォースの裏面はディグニクス05です。)

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  対上回転ドライブ
板が厚く、インナーカーボンなのにとても外側なので球持ちが悪くぶっ飛んでしまうと思いましたが、予想通り弾みはアウターぐらいあると思いましたが、球持ちがこのラケットの厚さとカーボンの配置からは想像出来ないくらいあり、5枚合板くらい球持ちが良いなと思いました。その球持ちの良さのおかげで強い弾みも簡単に制御出来ます。回転もスピードも上がり、いつも練習している人もブロックがオーバーしたり、触れなかったりで威力は超先端重心+球持ちの良さ+板厚6mmでとてつもないものでした。アウターの威力で5枚合板の球持ちという例えが1番適しているように思えるくらい素晴らしいラケットと思いました。ただ、自分の球が早い分返ってくるのも早く、また先端重心すぎて振り遅れたり空振りしたりはありましたがそこは慣れで何とかなると思います。

このラケットなら以前酷評したオメガ7光も使えるかもしれないと思いました。そのくらい球持ちが異常です。(いい意味で)

  カーブドライブ
カーブドライブも外側寄りのカーボンを感じず、球を持っても擦ってもしっかりかけることが出来ます。ターボブルーだからいいのかもしれませんが…

  引き合い(中陣ドライブ)
弾みは強いですが弧線はそこまで出ないので若干難しいです。弧線は自分で作れる技術は必要です。思い切って前に振るのも引き合いも威力は素晴らしかったです。

  対下回転ドライブ(ループ)
ループはヴィルトゥオーソ等の5枚合板や前の龍5よりも弧線を作るのが難しいので少し難しいです。もちろん回転はしっかり掛けれます。ただ、とても低いループや球持ちは良いことと粘着ラバーなので質はとても高いです。

  対下回転ドライブ(強打)
私はターボブルーに変えてから対下回転の強打はオーバーミスした事ないのではないかと思うくらいミスはネットばかりでしたが球持ちと弾みが両方かなりあるのでオーバーすることもありました。また、ネットに引っかかった球や打ち抜いた球が防球ネットに当たってからの回転(シュルシュル音)も多くなったと思いましたし、インパクトも若干ですが少なくても入ってくれるように感じました。ですが重さはあるのでよりパワーは必要です。

  バックドライブ(対上回転)
先端重心なのでグリップが回ってしまい、(前に出てしまい)ネットミスが多くなってしまいました。自分の遅い球や浮いた球に対してそのようなミスが多かったです。私は裏面は手首をしっかり使って回転をかける打ち方なのでそのようなことが起こりました。回転とスピードは上がり、質は相当よく、重さが原因以外はむしろ安定感は上がったようにも思います。

  バックドライブ(対下回転)
対上回転より先端重心によるミスが多く出ました。ループ系のドライブはあまりミスしないですが、強打で前に振ると難しかったです。下回転は特に重さで手首が回ったり、振り送れるといのミスは対上回転より多かったですが問題なく打てた時は対下回転の方がとても打ちやすく、安定感も回転量もあります。

  カウンター
球持ちが良くなった分、今までの打ち方だと回転を喰らうこと・弾みが強くなったことでオーバーミスが多くなりました。球の頂点か落としたところから前に振り抜くとカウンターしやすいと感じました。早い打点でのカウンターしか出来ない人は練習しないとまずいかと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
可もなく不可もなくやりやすいです。硬いラケット特有の落ちてしまうことも柔らかくて球を食らう感覚もありません。柔らかさとカーボンがいい具合に働いてくれています。インナーフォースはブロックが少し抑えにくいなと思いましたが、龍5Xは特に思いませんでした。

  ツッツキ
ターボブルーを貼ってることと、私の得意技術ということもあり、問題なくやりやすいです。特に切れる・抑えやすい・飛ぶといったことはないです。フォア打ちでは軽打でも飛ぶなと思いましたが、ツッツキは特に思いませんでした。そこはターボブルーの特徴が出ているかと思います。(私はツッツキはフォア面で全て対応しています。裏面ではツッツキしません。)

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービス
超先端重心なのでフォアサービス(特にYG) は重さに慣れることが出来ればとても切りやすいと思います。逆に流れを変えたり大事な時に出すバックサービス(特にショート面でのジャイロ系)は手首側を使ってかけるので全然切れなくなりました。バックサービスの方が特徴を感じました。サービスは先端重心で重たいのでやりにくいですが慣れることが出来れば回転量は普通のラケットより上がると思います。サービスは少し弾んでしまい、ネット直行や台から出たりがあったので少し難しい技術と思います。


  ストップ
飛ぶかと思いましたが、特に問題なくやりやすいです。私は台上技術は全体的に感覚があることとターボブルーのやりやすさも要因だと思いますが、仮にテンションを貼ってもやりにくいとは決して思いません。

  台上(フリック)
弾みますが、球持ちが良いので下回転は持ち上げやすいと思いました。威力もアウターくらい出るので文句なしです。

[おすすめな方]
  ・弾まない粘着ユーザーほぼ全員(名前にもあるくらいキョウヒョウとの相性は最高だと思います。特に硬いキョウヒョウでも全然扱えるくらいラケットが球持ちも弾みも良いです。)
  ・アウターだと硬すぎる&台上が弾みすぎるけどインナーだと弾みが足りない人
  ・先端重心で実際のグラム数より重たいのでパワーのあるor覚悟のある方
  ・威力も安定感も出したい方
  ・今、アウターに硬めテンションラバーユーザー(テンションならラザンターR53やテナジー05ハードなどオメガ7ハイパークラスでも簡単に使えると思います)
  ・インナーにテンションユーザーでアウターを使う前に経由するのもあり(アウターより断然球持ちが良く、スピードもアウターに負けません)

  おすすめ出来ない人
  ・重たいラケットがどうしても無理な方(キョウヒョウや硬いラバーと合わせるのがベストだと思うので総重量200g越えは必然かと思います。また、極端に先端重心なので余計に重たく感じます。)
  ・柔らかいラバーユーザー(球を持ちすぎると思います)
  ・裏ソフトでもミート打ちを多様する方
  ・異質ラバーユーザー
  ・軽打でもそこそこ弾むので少し注意すべきです。キョウヒョウ貼ったり、粘着ユーザーは粘着ラバーではなくても台上が上手い傾向にあると思うので特に問題ないかと思います。(強いて言えばです。)

[まとめ]
  ・威力と球持ちをここまで両立したラケットが他にあるのかと思うくらい高次元で両立されている
  ・先端重心で実際のグラム数よりとても重たいので戻れなかったり、空振りしたり、疲れたり、サービスが手首を使いにくかったりと色々な面で大変なこともある
  ・打球感は柔らかくて少し手に響く感覚がある
  ・アウターくらい弾むが合板くらい良い球持ちで制御は簡単、安定感抜群
  ・弧線はそこまで出ないので自分で作る技術が必要
  ・キョウヒョウ・天極等の飛ばない粘着と合わせるとストップやループドライブ・サービス等やりやすく、弾みもラケットが後押ししてくれるのでベストだと思う

  ・インナーフォースレイヤーZLC・キョウヒョウ龍5・キョウヒョウ龍5Xの比較

  弾み(軽打)
  龍5X>=インナーフォース>龍5
  弾み(強打)
  龍5X>=インナーフォース>龍5
  球持ち
  龍5X>インナーフォース=龍5
  回転量(掛けやすさ)
  インナーフォース>=龍5X>=龍5
  回転量(上限)
  龍5>=龍5X>インナーフォース
  台上技術・サービス
  龍5>インナーフォース>=龍5X
  ループドライブ
  龍5>=インナーフォース>=龍5X
  板の硬さ(左から硬い)
  龍5>インナーフォース>=龍5X
  重量(左から軽い)
  インナーフォース>龍5>龍5X
  粘着との相性
  龍5X>=龍5>インナーフォース
  値段(左から安い)
  インナーフォース>龍5>=龍5X

  インナーZLCのラケット3種類で簡単に比較してみました。色々な面から使いやすいのがインナーフォース・収まりが良い中で最大限に威力が出せるのが龍5・重くて値段が高く、威力重視でかつとても使いやすいのが龍5Xというのが簡単な比較です。上の表で参考にして下さい。

  宣言します。重さに関してはきっと読んでくれている皆さんの想像より相当重いです。なので慣れが必要ですが、慣れることが出来ればスピードも回転も上がり、かつ制御も簡単で使ってみて損することはないと思います。上のレビュー本文はどれも重さからのことしかやりにくい・不満なことは書いていません。性能面も威力全振りではなく、球持ち=安定感もかなりある・使いやすいので使いこなすことも簡単と思います。ただ、キョウヒョウ等の硬い粘着ラバーを貼らないと弾みすぎるかもと思います。アウターにテンション貼って使えている方なら問題なく使えると思います。使いこなせれば本当に素晴らしいラケットで勝てなかった人にも勝てるようななるのではと思えるくらいポテンシャルは素晴らしいと思います。私は19000円で購入しましたが値段を出すだけの性能は十二分にあります。ヴィルトゥオーソもお値段以上に感動しましたが、正直キョウヒョウ龍5Xの方が感動しています。キョウヒョウユーザーにも粘着デビューの方にも人生で1度は使って欲しい名ラケットと思います。

[補足]
  私は龍5Xにターボブルーだと飛びすぎるかなとも思ってもう少し弾まない省狂NEO3ブルー・国天極2ブルーも試そうかなと思います。決してターボブルーは相性が悪いとは思わないですが、ターボブルーは慣れてきた今でも硬い、龍5Xにしたことで、より重たい・より疲れるとも感じているのでもう少し柔らかくて軽い省狂NEO3ブルーと国天極も試してみようと思います。(結局ターボブルーに戻す気がしますが…)試したら再投稿します。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  本物を購入出来たサイト&値段最安値(キョウヒョウ龍5X 私調べ)
  https://www.tt-mori.com

  本物確認の紅双喜公式サイト シリアルナンバー入力ページ(パソコンからしか確認不可能・スマホ不可)
  http://www.dhs-sports.com/search.shtml

  裏面のラバー候補にラグザZエキストラハードが気になっているのでいつか購入するかもしれません。

  今回はいつもより大分長いレビューになり、ここまで読んでいただきありがとうございます。それだけいいラケットと思いました。粘着ユーザーには1度使って欲しいなと思います。このラケットは絶対にしばらく使ってからのレビューします。

  次回のレビューもお楽しみに!