9a8b822c













投稿者:Pまん


[自己紹介]
32歳男性

戦型はシェーク、最近は日ペンも。
【裏+アンチ】
基本は前陣攻守。攻撃はミートが主体、ドライブは繋げる目的で使用。
リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
(カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
幻守 (シェーク)

[使用環境]
黒: プラクソン400 2.0mm
赤: LSD(旧)  ox

※反転を多用するためどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
私が社会人になって久しぶりに卓球を始めたときに使ったラケット。
異質用、特にグラスのために作られたという謳い文句の硬めの真っ赤なブレードが特徴の薄型均等7枚合板。
この薄型均等7枚合板でそんなに弾まない、ってなるとけっこう希少になるので粒高などを使う選手には重宝するかとは。
同じ薄型均等7枚合板だと剛力などがあるが、けっこう重さがあるので軽いのが好みの方は幻守かと。
幻守Lというちょっとブレードが大きくなったものもあるが、基本的には性質は同系統。ただスイートスポットが良い意味でも悪い意味でもぼやけて、球持ちがでて扱いやすくはなっているが幻守らしさが損なわれてはいます。個人的には幻守Lのほうが試合では気に入っています。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【ドライブ系】
弱インパクト時と強インパクト時で大きく性能が変わります。
硬い木材なので球持ちはないかと思いきや、そこは薄型で作ってあるせいかよくしなって球持ちはあります。やはり硬さはあるので、めっちゃ球持ちがいいという訳ではないですがしっかり振ることができればよく回転がかかります。スピードはさほどなので回転重視のドライブに適してるかと思います。あまりスイングスピードがない方にはそのしなりは感じにくいかもしれません。

    【ミート系】
弱インパクト時と強インパクト時で性能が大きく変わります。
弱インパクト時はしならずに硬さが主張してきて直線的に軽くスパーンっと回転の影響を受けづらく飛んでくれます。速攻に向いていると思います。とくに粘着や極薄ラバーなどの硬めのラバーを貼って球離れ速く叩けばナックル性の攻撃が出やすいので、スピードはなくても得点源にはなります。
強インパクト時はやはりしなりが出てしまって、一瞬球を掴んでしまい、軽打の時のような回転の影響受けづらさなどはなく、あまりミート打ちに適してないと感じました。

  自分でスイングの強弱をドライブとミートで使い分ける方には良い硬さとしなりだとは思いますが、その辺のコントロールがないと暴れやすいラケットのように感じます。ここはかなり賛否両論あると思われます。

    【異質攻撃】
あくまでも異質での攻撃が一通りできるという前提でお話しします。
相手の回転に逆らう系の攻撃に関しては、繊細なタッチが必要かと思います。粒高等で安定した攻撃する際はだいたいの方は優しく接していると思いますが、それだとラケットの硬さが主張してきて相手の硬さに逆らい辛いです。逆らうとしたらスピードを出さずに空気抵抗と重力で台に収めていくような丁寧さが求められるかと思います。あとは貼る粒高で球持ちが強い物にしたり、強スイングにも耐えられるものを選んで補完するのが良いかと思われます。
回転に逆らわない系の攻撃に関しては安定感が強いです。回転を加えたり、受け流したり、最低限のスピードを確保した弾みなこともあり好感触です。特に跳ね際を捉えた際の回転反転力が素晴らしいので変則速攻にはかなりむいたラケットだと思われます。

    【粒プッシュ】
板感があるのでイメージ通りにコントロールしやすかったです。最低限のスピードは確保してところも良かったです。ただ硬めの粒とかで粒を倒さないプッシュがしたいと思っても、硬さのせいか中途半端に倒れてしまうことがあるので不安定要素でした。もちろん面がしっかり垂直に意識すれば補えるレベルだと思います。

    全体的に台上など速いテンポで軽く撃てば玉離れが速く、相手の回転利用がしやすいラケットです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
幻守は守備ラケットのジャンルに含まれるとは思いますが、守備ラケットに多くあるような吸収するタイプのラケットではなく、板感を主張して回転の反転量でブロックして相手に早めにミスさせるようなラケットです。なので吸収系に比べれば飛距離もでるので、そういう「当たれば入る」みたいな物求めてる方には弾むかもしれません。自分で状況に応じて、面を合わせるだけ、自分から振っていく、自分で吸収するといった操作性を求める方には相手の球威に負けない力強さが魅力に感じるラケットだと思います。(吸収するタイプではないとは書きましたが、やはり微妙なしなりがあるので使い手次第ではけっこう吸収してくれると思います。)

    【ブロック】
裏ソフトのブロックだと、感触が硬いので、男子の強打に対してだとコントロールする前に跳んでく感があるので暴れやすいです。自分でぶつかりにいったり、逆にフワッと抜くようなどちらかを必ず求められるラケットに感じました。その点は試合だとかなり難易度があがってくるポイントだと思います。
回転の反転量が大きさが特徴ということもあり、硬めの操作性の高い粒を貼ると、互いの長所が潰れる感じで中途半端であまり好感が持てません。回転反転量が高い柔らかめの粒高と合わせた方が、当てただけでも反転したり、軽打したときの最低限の球持ちを確保できたりと好印象でした。個人的にはトリックマスター、スキュラ已打底、旧LSD、P3αなどと合わせるのが回転反転量が大きく自分はやりやすく、相手はやりにくい環境が作りやすいなと思います。
  球離れが速いので当てるだけでも反転量はありますが、やはりそれだとコントロールは難しいです。自分で回転に沿うように受け流してあげると、高い回転量で安定して翻弄できるかと思います。自分で回転を加えるというより、利用するイメージです。

    【ツッツキ】
薄いラケット特有の直線的なツッツキになりやすいです。また飛距離も控えめなのでしっかり振って回転も上乗せしやすく、上書きもしやすいです。短くしたり速くしたり操作性高めです。
ただ球離れは速いので、自分から回転かけるツッツキはやりにくいので相手に狙われやすいので注意です。
裏でも異質でもツッツキは全体的にやりやすさも性能も高スペックで優秀です。

    【カット】
私は本職のカットマンではありませんが、それでも最低限の抑えやすさ、軌道も低くなりやすいのでアリだと思います。安定して孤を描くタイプではないので、粘るより鋭いカットで短期決戦をする感じです。
貼るラバーにもよると思いますが、ちょっと軽めで自分から振っていくぶん扱いが難しく感じました。柔らかい粒を貼ってドライブを弱インパクトでも高回転カットにするようなことがやりやすいです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
薄くて弾みも抑えられているので、薄く回転をかける感覚がある方にはとてもいいと思います。
当てる系のロングサービスはそんなスピード出ませんが、球離れは速いので最低限のスピードは確保されています。

    【フリック、チキータ】
薄く回転をかけるような打ち方、跳ね際をフラットに捉えるような打ち方には向いています。真っ向から球に当たりに行くと球離れの速さで打つ前に跳んだり落ちたりするので、そこを間違えなければやりやすい部類だと思います。あくまでも相手の回転や球威を利用するような台上処理に向いています。スピードで抜くよりコースで振り回す使い方に向いています。

    【レシーブ】
ツッツキは回転が掛かりにくいことを除けばそれなりに高スペックです。プッシュも無難かと。
フリック、チキータは上記にあるよう、相手の回転利用や、跳ね際をうまく捉えられれば先手をとりやすいと思われます。
  小技に特化というイメージでしょうか。

[おすすめな方]
シェークの異質にオススメします。回転を受け流したり利用するプレイヤーにおすすめします。
その人のインパクトの強さに応じて、しなったりしならなかったりするので、その辺の強弱が問題ない方じゃないと暴れやすいかもです。
ただあまり一般的なラケットとは特徴が離れているので、その辺の固定概念を捨てたり、使い込まないと良さはわかりにくい気はします。個性を武器にしたい方や、考えて卓球をする方にオススメしたいです。
 球持ちがあまりないので、シェークよりペン粒とかのほうが特徴は活かされやすいかもです。

[まとめ]
  ・表面が硬いが良くしなる、強弱でで回転系かミート系か打ち方が別れる
  ・粒高時の回転半点量は高め
  ・軽い剛力(厳密には剛力のほうが球持ちはある)
  ・守備系でもポコポコ止める系ではなく、カツカツと回転を利用する系

[補足]
  粒に合うと言われてるラケットざっくり比較
    比較対象
    ○剛力
    ○幻守
    ○極守2
    ○オールラウンドエボリューション

    弾み
    幻守〉剛力=オルエボ〉極守

    玉離れ
    幻守〉剛力〉オルエボ〉極守

    回転反転量
    幻守〉剛力〉オルエボ〉極守

    自分からかける回転量全般
    剛力〉オルエボ〉幻守〉極守

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
個人的にはプラクソンの400をフォアに貼ると、ブロックもミート打ちも勝手にカウンター気味になって非常に相性が良いと感じました。幻守の球持ちの少なさも補えるので。カーン,カーンっという金属音が好きな方は一度お試しあれ。