a635bc5c












投稿者:Pまん

[自己紹介]
32歳男性

戦型はシェーク、最近は日ペンも。
【裏+アンチ】
 基本は前陣攻守。攻撃はミートが主体、ドライブは繋げる目的で使用。
リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
(カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  極守II (ペン)

[使用環境]
  極守II (ペン)

黒: プラクソン450 2.0mm
赤: カールP1-R  ox

※反転を多用するためどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
名前の通り、とにかく弾まなさや、スイートスポットの広さに重点を置いた守備ラケ。
とにかく入れて返す、ってことだけならトップクラスの性能を誇る守備ラケ。
ブレードの大きさ、薄さ、が特徴的で、低弾性やスイートスポットの広さを作り出していると思われる。
スイートスポットに関しては広いというより、もはや良くも悪くもボヤケているという感覚。打球音は「ボコ」という感覚。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【ドライブ系】
コートに収めることはとても難易度が低いと思われる。球の低弾性、しなりも強く球持ちが強い、弧線のあがりやすさで、入れることにおいてはかなり優秀。ただ絶望的なほどのスピードのなさ。自分が元からインパクトが弱いということもあってしっかりドライブ打ったとしても繋いで入れにいったようなドライブになる感覚。だからといってインパクトが強い人が打ったとしても、力のロスが発生して不自然な弾みになる感触。
回転はそれなりにかかっている気はするが、前に行く力が弱いせいかいまいち実際の回転量に見合うほどの伸びは感じられない。

    【ミート系】
弧線があがりやすいので、「ミート打ちは真っ直ぐ打つ」という自分のイメージからはかけ離れているため、あまり良い感触ではなかったです。回転もスピードも緩やかなので、繋げにいけば強打されますし、全力ミートしても安定性がなくなるだけで難しく感じました。

    【異質攻撃】
あくまでも異質での攻撃が一通りできるという前提でお話しします。
相手の回転に逆らう系の攻撃に関しては、とてもやりやすかったです。回転に逆らうことで生じる球の不安定さも弧線の高さと低弾性でとりあえず入ってくれる感がありました。特に対上回転に対しての粒ドラは緩やかに安定してくれるので粒で攻撃を練習するにはよい球持ちかと思います。もちろんスピードはいまいちですが。
相手の回転に逆らわない技術も無難にやりやすく安定しました。ただ回転の反転量の大きさや、スピードはいまいちで、相手を振り回したり詰まらせたりするのには向いていないと感じました。

    【粒プッシュ】
コートに収めることはとても難易度が低いですが、ただの弱い遅い上回転なのである一定のレベル以上には通用しないと感じました。自分でスピードを出すにしてもけっこう強く弾かなきゃ使い物にならないので、そう考えると逆に扱いが難しく感じました。
自分から強く弾いてもコントロールがブレない方ならいいんではないでしょうか。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
このラケットの一番性能が光ところですね。
とにかく止めやすく、男子の威力の高い強打でもラケットに当たれば返ってくれる安心感があります。当てるだけブロックでも弾かれにくいですし、カット性ブロックも自分から切りにいってもまぁまぁ切れます。
ただ、回転反転量は特に強くはなく、さらに軌道が高くなりやすいという大きな弱点があります。軌道が高くなりやすいから安定して入ると考えることもできますが、連打ができるレベルの相手だとただのサンドバッグになりやすいので注意が必要です。下回転を強くかけても、球が緩いのでそこまで相手の負担になりにくいと感じました。いくら強打が止めやすくても球に反応できなければブロックできないので連打されることには向いていないです。相手が3球目5球目ぐらいまでしか攻撃に安定感がないレベルなら、逆にそこさえ止めちゃえば点がとれるという意味では、極守IIはかなり実戦向きと考えることもできるでしょう。
また実際の試合だと、初対面のドライブの癖に慣れないとブロックは安定してこないですが、その辺も無視ししてブロックしやすいのは大きな利点とも言えると思います。


    【ツッツキ】
球離れが遅いので、ゆったり入れていくツッツキには向いています。弾道も緩くなるので安定はしやすいですが、逆に言えば相手を詰まらせることに向いていません。また、若干回転の影響もうけやすく感じました。回転量の多くないレベル帯ではかなり安定したツッツキができると思われます。
また、低弾性なのでビギナーがツッツキでも自分から切っていく練習には向いていると思います。大きく振ってもとりあえず収まってくれる感はあるので。

    【カット】
私は本職のカットマンではありませんが、かなり抑えやすいです。というか抑えられすぎて台まで届かせるまで自分が押さなきゃいけなくなるので、逆にコントロールがし辛かったです。弾道は緩い山なりになりやすく安定した軌道とも言えますが、さすがに遅さと高さで手前で打つのが得意な相手には強打されやすいと感じました。逆に後ろ気味に構えている人だとタイミングは崩せると思いますが、カットの軌道は人それぞれの好みだと思います。ただ、全体的に初中級層じゃないと通用しにくいカットの質だとは思われます。やはり初心者とかがしっかり自分からスイングしていく練習には向いていると思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】とりあえず弾まない分、いっぱい回転は自分から掛けやすいとは思います。ただ回転量を増やしてもスピードや高さが鋭くないため相手にプレッシャーをかけにくいと感じました。短く、少し高めになりやすいことが多いので、フリックやチキータが得意、反応や足が良く動く相手だと危険です。逆に言えば回転をかける感覚がない方だとただただ浅くなったり遅くなりやすいので凡打になりやすいので注意です。


    【フリック、チキータ】
低弾性で球持ちもあるので自分からかけていくのは比較的やりやすいです。ただ絶望的にスピードが足りないので逆にカウンターを喰らうリスクが高いです。普段は粒や、切れたツッツキを多用する方がたまに払っていくぐらいの使用頻度じゃないと厳しいと思います。
回転をかける練習にはなると思いますが、自分からけっこう前に跳ばさなきゃいけなくなるので実用レベルまでの強さで打つには少しコントロールが難しく感じました。

    【レシーブ】
とりあえず低弾性で収まりはいいです。カット系や払い系も特別やりにくい技術はありませんが、どれも質がそこまで良くないので、ただコートに収めやすいだけみたいな印象です。わからない球種でも粒高と極守を合わせれば、とりあえずすこし面を上にむけてポコっと当てておけば入ってくれる安心感はあります。初級者層でそれはかなり驚異だとは思います。また、粒高が苦手な速いロングサーブも短く止めやすいので、苦手な方はかなりオススメです。ロングサーブが対処できないだけで負ける粒プレイヤーの方もかなり多いとは思うので。

[おすすめな方]
  とりあえず球をコートに収めたい方、繋げとけば勝ちやすいレベル帯の方。強打ですらブロックで止めたいと思う反射神経のいい止め専の方。
ツッツキ、カット、カット性ブロックなど振る技術を習得したい方の練習には、大きく振ってもオーバーしにくいので向いていると思います。

[まとめ]
  ・驚異の低弾性と緩やかな軌道、広いスイートスポットが生み出すコートに収める特化型ラケット。
  ・コートに収めやすくても、軌道が高くなりやすかったり回転半点量も多くはないので連打はされやすい。
  ・攻撃系技術はやりにくくはないが、スピードの絶対値がかなり低い。
  ・回転を受け流すのではなく、ボコボコと打ち消す感の強いラケット。
  ・このラケットでブロックできなければ、他に止められない原因があるとあるんではないかと疑うべき。

[補足]
  粒に合うと言われてるラケットざっくり比較
比較対象
○剛力
○幻守
○極守2
○オールラウンドエボリューション

弾み
幻守〉剛力=オルエボ〉極守

玉離れ
幻守〉剛力〉オルエボ〉極守

回転反転量
幻守〉剛力〉オルエボ〉極守

自分からかける回転量全般
剛力〉オルエボ〉幻守〉極守