卓球ラバーレビュー[卓球用品比較評価サイト]

日本最大の卓球ラバー・ラケットのクチコミレビューサイト。

カテゴリ:アンチ

投稿者:用具研究家(仮)●あいさつ卓球歴10年中高では地区、県ともに準優勝、オープン大会にちょくちょくでていますバックのラバーを検討したところ、これがドンピシャだったのでレビューさせていただきます。●環境androのフリーステッカーを使用しました。ニッタク ...

投稿者:かんなぎ0.モニター環境使用ラバー:トランスフォーマー(ブラック/1.0MM)普段の使用用具R:タマス製柳3枚合板F:オメガ5アジア 1.8mmB:トリプル・スピード内皮 1.2mm1.ざくっとレビューツルッと硬い表面にスカスカのスポンジはまるでマカロン?低反発、スピン反転 ...

投稿者:ぬりかべder-materialspezialist社 TRANSFORMER(赤・1.5mm) ※DONIC社デフプレイクラシックセンゾー中国式に貼りました。裏面はラザントパワーグリップ(黒・1.7mm)です。 ※このほかにも、スウェーデンカーボン中国式(裏面はT-REXハードスポンジ)にも貼りま ...

投稿者:ぐらたすトランスフォーマー(1.5mm)[der materialspezialist]1.ざくっとレビュー接触抵抗ゼロで相手回転をまんま返球特殊スポンジで相手強打の威力を完全吸収これまでの「アンチの常識」を超越新技術:「滑らせるように飛ばし・コースを突く」の習得が上達のカギ ...

投稿者:justバッファロー(Dr.Neubauer)レビュー□レビュー環境•使用ラケット極守2•使用ラバーバッファロー 赤 1.2mm•重量パッケージ込み重量69g→ラバーカット前重量38g→ラバーカット後重量30g同じ厚さの粒高やアンチと同じくらいで特別に軽い、重いということはな ...

投稿者:左からドライブ名前を「左側のカットマン」から変更しましたよろしくお願いしますグリズリーDPスポンジのレビュー自己紹介用具愛好家に全陣キョウヒョウドライブマン卓球歴はまだ浅いですが用具が大好き大会入賞程度台上に自信アリ普段の使用用具R ビスカリアF 国 ...

投稿者:justニューアンチスピンPZCスポンジ(アームストロング)□レビュー環境•使用ラケットティモボルスピリットギャラクシャアコースティック•使用ラバーニューアンチスピンPZCスポンジ 赤 超MAX 厚•重量厚での重量パッケージ込み重量59g→ラバーカット前重量37g→ ...

投稿者:左側のカットマンnittaku ベストアンチのレビュー自己紹介用具愛好家に近いカットマン卓球歴はまだ浅いですが用具が大好き大会入賞程度普段の使用用具松下浩二 STフォア ラクザ9バック ベストアンチ試打用具上記の物朱世赫フォアラクザ9バックベストアンチ初めにW ...

投稿者:justニューアンチスピン(アームストロング)レビュー■レビュー環境・使用ラケットカルテットスピードⅡアコースティック水谷隼・使用ラバーニューアンチスピン 赤 厚 特厚・重量特厚重量 パッケージ込み重量56g→ラバーカット前重量33g→ラバーカット後重量2 ...

投稿者:ぬりかべ■モニター環境・自己紹介卓球暦26年(粒高暦23年、アンチ暦1年)戦型は粒+粘着のブロック中心の中国式ペン(時々反転ペン)。選手として目立った戦績はなし。指導暦15年。□使用ラケット: ディフェンスプラスチャイナ(以降DPC) 裏面はBombard( ...

投稿者:とりポン■モニター環境・自己紹介卓球歴:19年(中学1年から)レベル:たまにオープン戦で入賞戦型:左ペン反転前陣攻守型使用用具(普段)ラケット:パラドックス(バタフライ)ラバー:ブライス・スピードFX 特厚(バタフライ)    グラス・D・Tec ...

投稿者:とりポン■モニター環境・自己紹介卓球歴:19年(中学1年から)レベル:たまにオープン戦で入賞戦型:左ペン反転前陣攻守型使用用具(普段)ラケット:パラドックス(バタフライ)ラバー:ブライス・スピードFX 特厚(バタフライ)    グラス・D・Tec ...

        投稿者:シーザー琥珀 ■モニター環境・自己紹介卓球歴(戦歴) 16年(最近はオープン戦のみ参加。某会長杯争奪卓球大会シングルス3位等)戦型 ペン粒高異質攻守型使用ラケット オールラウンドエボリューション中国式比較ラバー Friction Special過 ...

投稿者:S.H 名前だけは果てしなく有名なアンチラバー。結構使用者が少なかったりするので、レビューしてみたいと思います。 ■使用環境R バンブーショットFLF 省狂ⅢB アンチパワー(薄)普段使用のバックラバー:ミリタルⅡソフト(薄)※無論、ノングルーで接着数ヶ月 ...

↑このページのトップヘ