投稿者:Y.A.


レビューを書くのは初めてですが可能な限り皆さんに伝わるように頑張ります。


■モニター環境・自己紹介
年齢     20代中盤
卓球歴    13年(粒高歴 12年)
最好成績  東海学生男子シングルス 5位
ラケット    ラプータ(バタフライ)
ラバー    388D(DAWEI)
比較ラバー ファントム007(ヤサカ)
相手     某県の県大会クラスの高校生
  

今まで使用(無駄?)した粒高はTSP・バタフライ・ヤサカ・ジュウイックのほぼ全てです。なので腕はともかく一応経験はあります。


■第一印象
 正直パッケージもないし、中国製だし、価格も安いし・・・、と粗悪なイメージを思っていたのですが届いてみてびっくり、日本製とほとんど違いがありません。横目で布目なしの表面を見て、ファントム007によく似ていると思いました。そのため比較ラバーをファントムにしました。よく比較してみると388Dのほうが粒がやや密で、シートが薄いようです。またアンチ処理やテンションをかけていることもないようです。


■試打

守備
 粒は太くはないのですが倒れ易い部類ではないようです。よってブロック時にナックルを出すより、球離れの早さで勝負する人向けだと思います。意識的に切り落とせばカット性のブロックは問題なくできます。ファントム007に比べて粒は柔らかいようで衝撃を吸収して手に響かないのですが弾性は以外にあります。粒が柔らかいのに倒れ難いと感じるのも弾性があるのもシートが薄いため、粒に対して垂直に力がかかっているとからだと思います。バンブーカールなど粒が倒れやすく衝撃を緩和しやすいものに慣れている人だと最初はオーバーしやすいかもしれません。ストップやつっつきのコントロール・回転の操作などは比較的安定しています。摩擦はファントム007よりあると思います。

攻撃
 スマッシュやフリック、プッシュなど弾いてもファントム007と違い手に響きません。表の一枚ラバーの打球感に近いファントム007に比べ、薄いスポンジが付いているかのような打球感です。ファントム007に比べ柔らかい分、玉離れは遅いと思います。


■オススメの選手
 粒に攻撃のしやすさ・ブロックの意外性などはっきりと求めるものが決まっている選手より、オールラウンドに攻守をしたい選手にオススメです。また粒高入門者にもバランスの良さ・値段の安さからオススメします。