Fireproof2








 

投稿者:C・U・T

■モニター環境・自己紹介
現役時 東北大会出場
再開後 オープン大会優勝等
普段使用用具
ラケット 7P-2A.DF
F側 HEXER
B側 カールP1-R
戦型
カットマン。フォアはドライブ多用。
過去使用経験のあるラバー、比較ラバー
中国製粘着。日本製粘着・高弾性。粘着テンション多数。テンション系。粒高多数。表ソフト少々。

■第一印象
シートは中国製に近いような感じで、かなり薄く思います。そしてプラスチックゴムのような質感。粒ですが摩擦する感じはあまりなく、固さは柔らかめ。手元のカールと比較すると、粒の間隔は広いです。今回0.6mmを使用しましたが、スポンジもかなり柔らかく思います。

■試打
攻撃技術全般

フラット気味に打つのはかなりやりやすいです。粒が倒れる感覚が一定で安定します。ラバー自体は特別スピードがでるわけではありませんが、打ちやすい分思い切って叩いていけますね。反面、引っ掛け気味に打つのはかなり難しく思います。やはり粒の摩擦力があまりありません。プッシュはとてもしやすく、そこそこ変化するといった感じです。揺れるような変化という点ではカールですが、安定感はこちらに軍配が上がると思います。ただし、若干単調な球になりがちです。自分から幅広く変化をつけていくというより、ナックル性を連打するのに向いているように思います。サイドを切っても、若干変化に乏しい感じがしました。
スマッシュは打ちやすいです。もちろん粒高にしてはですが。やはり粒が倒れる感覚が一定であるので、距離感がつかみやすいです。粒高でどんどん攻めていく方には非常に使いやすいと思います。

守備技術全般
ツッツキは感触としてグリップするような感じはあるのですが、摩擦力の無さがでます。弱下回転〜ナックル気味の返球で、日頃使っているカールよりは切れないと思います。ただ、変にスリップする感触はないので安定はします。カットについては、ツッツキ同様に自力で切るには厳しいです。スピン反転はしっかりするのでドライブに対するキレ味はあります。相手の球威も抑えやすく、返球は用意に思います。軌道は若干ゆったりと飛ぶ感じで、浅くならないように注意です。ナックル性の球に対して、自分から回転をかけていくのは厳しいですが安定感はあるので、高さに気をつければ強打もされがたいと思います。

■まとめ、オススメのプレーヤー
スピン反転能力は残したまま、攻撃をしやすくした粒高という感じです。守備的に変化で揺さぶるというより、粒高で自分からある程度打っていく人に向くのではないでしょうか。カットマンなら粒高を使っているが安定しない方、返球重視の方にオススメです。