アポロ












投稿者:ループ魂

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴)6年
使用ラケット ティモボル・ALC
比較ラバー キョウヒョウNEO2 藍鯨?
グルー なし
過去に使用経験のあるラバー ドイツテンション系 テナジーなどの日本製テンション 中国粘着性ラバー

■第一印象
重さ・ラバーの感触など
パッケージ開けた瞬間からねっとりとした質感がわかりました。37度なのでとてもやわらかいと思いました。さすが強粘着ですね。ピン球をつけたくなりました。

■試打
攻撃技術全般

ドライブ:ドライブはとてつもない回転がかかったボールが相手コートに突き刺さります。相手コートにバウンドしてからの伸びが半端ないです。まさにティモボルのようなループドライブができます。回転の面ではもちろんのこと。強粘着ですから。そこで驚いたのはスピード!最初に玉突きをしてみると「あれ 飛ばないな・・」と思ったラバーが想像を超えたスピードで飛んでいきます。相手をノータッチで抜くこともできます。これが強テンションラバーなのか・・と思いました。
スマッシュ:スマッシュのことを書く前にひとつ。粘着なしの状態ではブライスの飛びを完全に超えています。
ブライススピード並のはねだと思います。そこでスマッシュ。粘着では難しいとされていたスマッシュですしボールがくっつくほどの粘着だからやりにくいだろうなぁと考えながらスマッシュを打ってみると「思ったよりやりやすい・・」いままでの粘着ラバーでは考えられませんでした。

守備技術全般
ツッツキ:ツッツキはかなり切る事ができます。すばらしいですね。なんと言っても攻撃的なツッツキがたまりません。ドンっと重くかかった下回転が相手コートに入ります。返すのがとても難しいみたいです。もし返せたとしてもこの回転とこのスピードではまず持ち上げることはできないでしょう。そして主導権を握り強烈なドライブを放つ事ができます。
カット:カットができないのでなのともいえませんがカットマンのひとのコメントを聞きました。「とてもかかるし変化もつけやすい。ツッツキで得点を重ねることができるよ。」!すばらしいコメントが帰ってきました。

サーブ・レシーブ・台上技術など
サーブはかかりますが流石にスピードサービスはだしにくいです。相当な力がいると思います。レシーブはフリックがしやすいです。ストップは相手の回転をうけやすいので工夫が必要だと思います。

■おすすめなプレーヤー
なんといっても両ハンドが振れるドライブ型。攻撃もできるカットマンの方などです。

■まとめ
このラバーはテンションも粘着も強くしたらいいラバーができるだろう。と作られたラバーのようなかんじです。その考えは間違いでなかったと思わせます。ですが非常に重いので力に自信があるひとにオススメします。

APOLLO【銀河】のご購入・他の投稿者のレビューを見る