アポロ












投稿者:NEXT

■モニター環境・自己紹介
使用ラケット:ティモボルT5000
比較ラバー:アポロ(トクアツ・36度)
卓球歴:2年
戦型:右両ハンドドライブ型

■第一印象
シートは、かなりの粘着力があります。サーブやドライブでかなり回転をかけられそうです。しかし、相手の回転の回転の影響を受けてしまいそうなので心配です。スポンジは、なんかテナジーみたいな色です。玉突きしてみると、粘着ラバー独特の音が出ました。軽く突くとあまり飛ばないけど、強く突くと結構飛びました。

■試打
基本技術:フォアは、軽く打つとあまり飛びません。少し強めに打つと、それなりに飛びます。バックは、弾くようにして打つやり方がとても打ちやすかったです。

攻撃技術
ドライブは、ループドライブ・スピードドライブ共にやりやすかったです。特に、ループドライブはシートにしっかり引っ掛けて打つとかなりの回転がかかります。スピードドライブは、普通のテンション並みのスピードを出すことが出来ます。カウンタードライブは、オーバーに気をつければ大丈夫です。カーブドライブは、自分が思っていたよりかなり曲がりました。カーブドライブ最高です!スマッシュは、やはり相手の回転の影響をかなり受けてしまいます。でも、ナックルスマッシュはきちんと打つことが出来ました。フリックは、擦るよりも弾くほうがよかったです。パチンと打って、入ったときに感触がとても気持ちよかったです。攻撃技術は、全体的に通常のアポロのほうが打ちやすかったです。ただ、重さやコントロールを重視するのであれば1.8mmのほうがいいでしょう。

守備技術
ツッツキは、かなり切れます。しっかり切ってエンドラインまで飛ばせば、相手はいい玉を打ち返すことが出来ません。ただし、回点をかけたツッツキを相手が打ち返してくると、回転が残っていて自分を苦しめることになります。ストップは、しっかりネット際に落とすことが出来ます。カットは、高い打球点で打つとオーバーするか相手の最高球になってしまいます。低い打球点で打つと、低い激切れカットが相手のコートに突き刺さります。この点はとても気に入りました。ブロックは、まあ普通でした。カウンターブロック的なものは、打ちやすかったです。ロビングですが、回転をかければかなり相手に効果的です。でも、オーバーには気をつけなければなりません。中途半端に打つのもあまりよくありません。守備技術は、1.8mmのほうがやりやすかったです。カットは、通常のアポロのほうが回転がかかります。サービス:意外と回転はかかりませんでした。とはいっても、相手が打ち返すのにかなり苦労します。速いサーブは、粘着が邪魔して余りよくありませんでした。バックサーブのほうが向いていると思います。通常のアポロと1.8mmもあまり変わりません。

■おすすめなプレイヤー
ループドライブ・スピードドライブが打ち分けられるプレイヤーがいいと思います。

■まとめ
格安でこの性能なのでかなりいいと思います。興味があったらぜひ使ってみるといいです。

アポロ【銀河】のご購入・他の投稿者のレビューを見る