投稿者:ヨーロピアン
 

■モニター環境・自己紹介
使用ラケット:インナーフォースZLC
 

■第一印象
初めに:弾むラバーで評判が良いということで、使ってみました。
パッケージを開けて、最初に驚いたことは、シートの傷と汚さ、スポンジの汚さです。
久々に中国ラバーで赤を使ったのですが、月の時にも品質のバラつきを感じましたが、
これはもう酷いというしかありません。まず、シート中央に傷があります。
そして黒いゴミが大小あわせて五ヶ所ほど。次にスポンジ。
スポンジは黄色なのですが、黒い痕が数箇所と、指紋?のような物が痕で残っています。
そして極めつけは、スポンジに穴が開いていました。これが一番ショックです。
中国ラバークォリティーとでも言うのでしょうか・・・
正直、日本製や最近のドイツラバーではありえない品質の悪さです。
ちなみに、このラバー、同じ硬さ、同じ厚さでもラバーに横目と縦目の物が存在します。
この時点でそうとういい加減な作りをしていると感じました。
ちなみに肝心のラバーの見た目や第一印象は、まず、スポンジは硬めのテンションスポンジで、
なんとなく中国のテンションスポンジっぽい感じです。
軟らかさ、しなやかさはあまり感じられませんが、しっかりと飛ばしたい人には良さそうな感じです。
シートは、最近ではあまり見かけないタイプのシートで、硬いオリジナル(ヤサカ)に似てます。
シートは中国ラバーにしては薄く、スピードを重視したと思われる粒形状で、
飛ばしたい人には良さそうなシートです。
 

■試打
フォア打ちではそれほど悪い点はありませんが、ドライブではイマイチでした。
まず、回転がさしてかかりません。棒球というか、飛ぶけど軽い。そんな感じです。
そして打球したとき、ボールが勝手に飛んでしまいます。
ボールをつかむ感触は皆無で、
中国ラバーにありがちなボールが潰れたような打球音で飛んでしまいます。
バックでも試してみたんですが、バックで使うと、更に悪く感じました。
まず、ボールを掴まないので、単純にボールのコントロールが悪いということです。
確かにスピードは出ますが、それはただ単にボールが返っているだけで、
自分のボールにして返してるのとは違った飛び方でした。
ドイツラバーとは全くかけ離れた性質で、日本製ラバーとも違います。

サービス、台上はそれでも良かったと感じました。まず、サービスは切れます。
そこそこ切れるので、不満はないのですが、太陽や、
テナジーのような異常な切れ味はありません。
台上もやはりそこそこで、切りやすいが、物凄く切れるわけではない、という感じです。
個人的にはスピンテンションラバーより切れず、
マークVやスレイバーよりは切れる位に感じました。
 

■まとめ
値段との兼ね合いを考えると、普通に安いテンションラバーの方が良いと思います。
あと、あまりにも品質に問題があると思いました。
日本製やドイツ製などのラバーを使っていると
イルミナはあまり魅力あるラバーには感じませんでした。
スポンジの厚さを最大限に厚くしてもっと軟らかい物を使えば、あるいは化ける可能性はあります。