ボンバード極薄













投稿者:ろっくさん
 

■モニター環境・自己紹介
卓球歴:14年
プレースタイル:カット+攻撃型
使用ラケット:バタフライ特注シェークラケット(インナーフォース・ALCがベース)
現在使用中のラバー:<F>ラクザ7soft(ヤサカ)・特厚
          <B>VEGAエリート(XIOM)・1.8mm
比較ラバー:バック面にBombardゴクウスを貼りましたが、
VEGAエリートとは大きく性質が異なるため、以前に使用したことのあるTSPの
トリプルシリーズと比較していきます。が、試打した感想としては
全く新しいジャンルのラバーであるように感じるので明確に比較していくのは困難です…。
 

■第一印象
これは本当に中国製ラバーなのでしょうか?!BOMBのラバーは今回初めて使わせて頂きましたが
たいへん品質が良いことにまず驚きました。
そして、スポンジの厚さがゴクウスということもあり、想像以上に軽かったというのが第一印象です。
ちなみにカット後のラバーの重さは36gでした。実際にボールをついてみると、
表面に適度な粘着力があり、ボールの勢いを吸収する感覚がありました。
また、インパクトを強くしてみると、しっかりボールを弾くこともでき、打球音も心地よかったです。
私の印象としては、
トリプルスピードチョップスポンジにテンションをかけて弾みを良くしたというイメージです。
 

■試打
※各技術についての評価を5段階で評価し、★で表しています。
※基本的にはバック面にBombardゴクウスを使用したときの感想です。


攻撃技術全般
≪ドライブ≫ 評価:★★★☆☆
ラバー表面の引っかかりが良いためバックハンドドライブに関しては思いのほか好感触でした。
前陣からだけでなく、しっかり引っかければ中陣からでも安定したドライブを打つことができました。
しかし、居合い抜きドライブやカウンタードライブはネットにかかることが多かったように思います。
また、ドライブの回転量の変化はつけやすかったですが、
ラバー自体が弾まないぶん球足が短くなるため、
相手にとっても返球しやすいドライブになってしまいました。

≪スマッシュ≫ 評価:★★★★☆
ゴクウスという厚みでありながらボールの弾きがたいへん良いので、
ラリーの中で相手が浮かせたストップを前に突っ込んで叩くスマッシュはやりやすかったです。
また、ナックル性のスマッシュになりやすいので、
球速が遅くても相手の打ちミスを誘うことができました。
しかし、粘着力の影響があるためチャンスボールの変化を見極めないとミスにつながると思います。

≪カット打ち≫ 評価:★★★★★
あえて攻撃技術の中に項目を設けるほどやりやすかったです。
このときはラケットを反転させてBombardゴクウスをフォアにしてカット打ちをしたのですが、
まず驚いたのはカットに対するループドライブです。
非常に回転量の多いループドライブを浅く、低空で打つことができ、
カット型の相手を台に寄せることができました。
このループドライブだけでも得点になることが多いですが、
薄いラバーならではの板打ち感覚の角度打ち、粘着を活かしたピタピタのストップ、
そしてとどめに浮いてきたカットを相手の身体めがけてナックルスマッシュ!
こうしたカット型を攻略するための技術が面白いように決まりました。
 

守備技術全般
≪カット≫ 評価:★★★☆☆
相手のドライブを完璧にとらえたカットはありえないくらいブチ切れました。
私がこれまでに使ってきたトリプルシリーズを遥かに凌ぐ回転量だと思います。
また、弾きが良いためナックルカットも出しやすく、
回転量の変化幅で攻撃のチャンスを作りやすいラバーだと感じました。
しかし、相手の強打に対しては変化をつけることが難しく、
単調なナックルカットになりやすいので狙われてしまうかもしれません。
カットする位置に関しては、台から離れすぎてしまうとネットまで届かないことが多いので、
台に近いところで打点を早くしたカットが得意な人に向いていると思います。
台から離れる方でもしっかり自分の力でボールを運ぶことができれば問題ないと思います。

≪ツッツキ≫ 評価:★★★★★
ミスをする気がしませんでした。トリプルシリーズは反発力が弱いため、
しっかり送らないとネットを越えないことがありましたが、
Bombardゴクウスはテンションのおかげで弾き出される感覚があり、安定します。
また、回転の変化もつけやすく、コースの打ち分けも問題なくできました。
つなぎの技術に自信がもてるラバーだと思います。

≪ブロック≫ 評価:★★★★★
WRMの商品詳細で店長さんが紹介されていますが、裏ソフトラバーでありながら
「ツブ高効果」があるとはどういうことなのかと疑問に思っていました。
しかし、実際に相手のドライブをブロックしてみてその意味が分かりました。
ツブ高のようなスピン反転能力があるというわけではなく、ナックルになりやすいという感じです。
こちらはブロックしやすいのに相手は打ちづらい様子で、
ラケットの出し方によって自分でも予測できない変化をすることがありました。
まさに、攻撃球を止めているだけで相手は嫌がる「ツブ高効果」ですね。
本当に全く新しいジャンルのラバーに出会った感覚でした。
 

サーブ・レシーブ・台上技術など
≪サーブ≫  評価:★★☆☆☆
サーブに関しては好みが分かれるかと思います。ラバーの表面で擦るサーブが得意な方は
問題なくこなせると思いますが、私のようにラバーに食い込ませて回転をかける方は
慣れるのに時間がかかるのではないかと感じました。
また、弾きが良いためサーブが長くなりがちでした。
反転してフォアからのスピードロングサービスはやりやすかったです。

≪レシーブ≫ 評価:★★★☆☆
ストップレシーブは非常にやりやすかったです。
回転量を読み違えなければネット際に短くコントロールすることができました。
しかし、私の打ち方にも問題があると思いますが、チキータは安定しませんでした。
球離れが早いので、弾くようにチキータを打つ方には良いと思いますが、
ラバーに食い込ませてチキータを打つ方には難しいと思います。
ただ、入ったときには非常に回転量が多く、鋭いボールになりました。
また、反転してフォアでのフリックもやりやすく、相手の意表をつくことができました。
 

■おすすめなプレーヤー
私のように両面裏ソフトを使用しているカット型にはおすすめしたいです。
両面裏ソフトのカット型はラケットの重量に悩まされるので、
特に重すぎて悩んでいる方には良いと思います。
また、異質のカット型の方がフォア面に使用するのも問題ないと思います。
フォアでの攻撃を多用される方には物足りないかと思いますが、
カット主体の方で攻撃も混ぜていきたいと考えている人には良いと思います。
もちろん攻撃型の方にもおすすめです。フォアとバックの球質の違いで勝負したい方や、
前陣でペチペチと合わせて打ち込みたい方にはもってこいです。
特に女子選手に多いツッツキ合戦で弱い方には強い味方になってくれるでしょう。
 

■まとめ
他の方もレビューに書かれていますが、このラバーを使う際にはラケットとの相性を
第一に考える必要があるかもしれません。実際に試したわけではないので何ともいえませんが、
あまり硬いラケットに貼ってしまうとコントロールが難しいように思います。
5枚合板のような柔らかいラケットの方が合うのではないでしょうか。
また、個人的な意見ですが、バタフライのインナーファーバーシリーズのような
特殊繊維ラケットでも球持ちの良さをウリにしているものには非常に相性が良いと思います。
Bombardゴクウスの特徴である球離れの速さは、
武器になる一方でミスをしやすいというリスクを伴います。
そのリスクをラケットの球持ちの良さでカバーすることができます。
さらに特殊繊維の反発力がゴクウスという厚みでも適度な球威を生み出してくれたのだと思います。
初めてのレビューでここまで長々とつづらせて頂きましたが、
これもBombardゴクウスを使ったときの衝撃を物語っています。
また、この性能からは考えられないくらいリーズナブルな値段ですから、
私が指導している中学生にもすすめていきたいですし、
私自身もじっくり使い込んでいきたいと思えるラバーです。是非お試しください!!
 

追伸
強いて言えば、ゴクウスではなく、1.2、1.3mmくらいのウスの厚さのものを作って下さると
カット型にとってはたいへん嬉しいです。Bombardウスの発売に期待!!
 

Bombardゴクウス【BOMB】のご購入・他の投稿者のレビューを見る