アポロ











投稿者:ぬりかべ

■モニター環境・自己紹介
卓球暦25年(粒高暦22年、アンチ暦1年)
戦型は粒+粘着のブロック中心の中国式ペン(時々反転ペン)。
選手として目立った戦績はなし。指導暦14年。
使用ラケット:バンブーショット中国式、表面はブーメランクラシック(赤、OX)
外観・重量:
典型的な強粘着といった感じで、光沢があります。粒の大きさはわかりませんが、
横から見ると比較的低く、他のラバーよりも粒の個数が多いように思いました。
重量は、グリップの根元から12mm離して貼って、43g。
特厚をグリップの根元まで貼れば50gを超える計算になります。
なお、今回は貼り付けて1〜3日後に、粘着を落とさずに使用しました。


■試打
サーブ・レシーブ・台上技術など
回転量に関しては、粘着の強さから「かなりかかるだろう」と期待していたのですが、
それほどでもありませんでした。「粘着ラバーとしては標準より少し上」といったところでしょうか。
サーブは下回転だけでなく横回転や上回転サーブも短く抑えられます。
長短のコントロールがしやすいので、ショートサーブとハーフロングサーブの使い分けが
かなり効果的でした。レシーブは、自分からかけにいったときはコントロールがしやすく、
フリックがよく決まりました。ストップも短く決まり、
レシーブから一発で決めることは難しいものの、相手を崩すにはたいへん適していると思います。


攻撃技術全般
スポンジ厚の違いや粘着力の影響か、
今までに読んだレビューほどには弾まなかったように思います。
キョウヒョウプロ2より少し弾む、という程度に感じました。
サーブでは「まずまず」の回転量でしたが、ドライブでの回転量はかなりのものです。
つなぎで使っている裏面のループドライブがいつも以上に沈むため、
生徒も取りにくそうにしていました。
フルスイングでのスピードドライブも威力が上がりましたが、
むしろ小さいスイングでのつなぎのドライブが、曲がったり沈んだりと変化するようになり、
レベルアップしたように感じます。


守備技術全般
スピードの影響は受けにくいが、回転の影響は受けやすいと思います。
表面でブロックするときは、ループドライブの処理に苦労しました
(ラケットをかなりかぶせる必要があるため)。
裏面では、はじめからかぶせ気味の角度になっているため表面よりとりやすく、
カウンタードライブ気味に打つと安定して返球できました。
ツッツキは回転・コントロールともに良く、低く切れたツッツキを出せます。

■まとめ
従来の中国製ラバーの硬度を下げ、少し弾みを増した感じです。
ツッツキやフリックなどの台上技術が安定し、ドライブの回転量が上がっているので、
台上技術やループドライブで相手を崩して行きたい選手に適していると思います。
デメリットは重さでしょう。
MAXだと52〜3g程度になるでしょうから、もう一枚のラバーで重さを調節しないと
「ラケットに振り回される」かもしれません。