ジーニアスオプティマム









投稿者:ろっくさん

■モニター環境・自己紹介
モニターラバー:ジーニアス+オプティマム・2.0弌TIBHAR)
卓球歴:14年
プレースタイル:カット+攻撃型
使用したラケット:バタフライ特注シェークラケット(インナーフォース・ALCがベース)
<F>ジーニアス+オプティマム・2.0弌TIBHAR)
<B>HAMMERゴクウス(BOMB)
比較ラバー:今回は前に投稿したジーニアス+オプティマムサウンド(TIBHAR)と比較していきたいと思います。前回投稿したレビューにも目を通して頂けると参考になるかと思います。また、名前が長いので、オプティマムを「O」、オプティマムサウンドを「OS」と表記していきたいと思います。

■第一印象
以前にレビューを書いた「OS」はパッケージがオレンジ色でしたが、今回の「O」については青色のパッケージになっています。シートについては「OS」と同様のシートで非常に透き通ったきれいな仕上がりです。スポンジが「O」と「OS」では異なり、「O」のスポンジはイエローでコシがあり、「OS」よりも締まりのある感じです。ボールをついてみると「OS」のソフトな打球感はそのままに、さらに飛距離が出る感じの跳ね具合で、シンプルに「OS」に硬めのスポンジを合わせ、反発力を高めたバージョンと言えるでしょう。ボールを包み込んで弾くという感覚もそのままで、シートの引っかかりも申し分ないです。ちなみにカット後のラバー重量は50グラムで、「OS」よりも随分重いです。

■試打
※各技術についての評価を5段階で評価し、★で表しています。

攻撃技術全般
≪ドライブ≫評価:★★★★★
「OS」と比べると圧倒的に球威が出て打球が走ります。回転量も球速もワンランク上がり、相手コート深くに入りました。特に中・後陣からのドライブの引き合いには非常に強く、フォアでのドライブを多用する方にはもってこいだと思います。ドライブに関しては「O」の方が断然高評価ですね。ただし、打球音だけが寂しくなっています。「OS」は打球音をウリにしているだけあって、グルーイングしたような心地よい打球音がしましたが、「O」は随分大人しい気がします。音を鳴らそうと思ってインパクトを強くしてみるとコントロールが効かなくなるので、打球音を重視する人には物足りないかもしれません。

≪スマッシュ≫評価:★★★☆☆
スポンジが硬くなっていることもあってスマッシュは比較的「O」の方が安定します。しかし、このラバーはしっかりドライブをかけた方が安定し、球威も出せるラバーだと思います。チャンスボールに対してもドライブで勝負するというタイプに適したラバーだと思います。

守備技術全般
≪カット≫評価:★★★★☆
「OS」でカットができた方なら「O」でも十分にカットが可能です。カットと攻撃のメリハリはジーニアス+シリーズの特徴で、攻撃時は弾んで、カット時には弾まないという理想的な水準をキープしています。ブツ切りカットも可能ですが、「O」の良さはナックルカットのやりやすさにあると思います。「OS」より弾みが良くなっているぶん、相手の強打に対して合わせるだけのカットでも飛距離が出るので、回転を殺したナックルカットを低く集めることができました。

≪ブロック≫評価:★★★★☆
「OS」は柔らかさの影響でときよりボトッと落ちることがありましたが、「O」はスポンジにコシがあるので、しっかり弾いてくれて安定します。止めるだけのブロックでは少し弾み過ぎる感じがありましたが、カウンター気味に押したり、伸ばしたりするブロックは非常にやりやすかったです。

サーブ・レシーブ・台上技術など
≪サービス≫評価:★★★☆☆
サービスの回転量は文句なしです。しかし、弾みが良いだけあって食い込ませないように表面で擦ることを心がけないと2バウンド目が台から出てしまいます。やはり「OS」と比べて回転量や球速が向上しているため、細かい技術に神経を使うことになりそうです。

≪レシーブ≫評価:★★☆☆☆
レシーブについてもサービス同様、ラバーの弾みがネックです。攻撃的なフリックレシーブやチキータについては「OS」よりもやりやすく、決定力もありますが、やはりストップレシーブやツッツキといった守備的なレシーブに課題があります。ぼよーんという弾みを克服できれば穴のないラバーと言えるでしょう。

■おすすめしたいプレーヤー
カット型の方でこのラバーを使用するのであれば、フォアの攻撃を重視し、中・後陣からでも攻撃を仕掛けたいという方にはピッタリだと思います。しかし、跳ねすぎるという危険性があるので大多数のカット型の方におすすめできるラバーではありません。やはりラリー重視のドライブ型の方にもっともしっくりくるラバーではないかと思います。

■まとめ
今回、私はカット型としてジーニアス+オプティマムを使用しましたが、正直に言ってカット型が安心して使えるラバーではないと感じました。もちろんカットもできるラバーですので、フォアでの攻撃とカットとのバランス、そしてラケットとの相性を考慮して選ぶべきだと思います。攻撃を多用するカット型の方で、ジーニアス+オプティマムサウンドを一度使ってみはしたものの、少し物足りないと感じられた方にはジーニアス+オプティマムを試してみる価値は十分にあると言えます。ジーニアス+オプティマム。「天才」の可能性を追究してみてはいかがでしょうか!!