迅雷












投稿者:猫爺

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴):2年
使用ラケット :キョウヒョウ王  F面;迅雷 B面:蔵龍 昇級版
比較ラバー  :狂豹NEO2
過去に使用経験のあるラバー
 →狂豹NEO2、天極2、太陽pro、新mophaなど 


■第一印象
まず目に入ったのがスポンジの色です。
薄い黄緑色で、綺麗すぎてサイドテープを貼るのがもったいなかったです。
粘着は狂豹NEO2とほぼ同じで強く、ボールがラバーにくっつきました。また値段も衝撃的です。
狂豹NEO2は定価で4830円なのに対し、迅雷は1890円とかなりお手頃な値段です。


■試打
攻撃技術全般
ドライブ
とても回転がかかります。特に下回転に対するループドライブがヤバイです。
ネットに落ちたときシュルシュルと音がなり、しばらくの間回転がかかったままでした。
スピードドライブは、とても速く、狂豹NEO2のスピードを簡単に越すことができました。
試打相手の人は、「まるでテナジーのようなスピードだ」と言っていました。


守備技術全般
ツッツキ
とても良く切れます。回転量も調節しやすく、ツッツキ中のラリーで、
かなり有利になることができました。


サーブ・レシーブ・台上技術など
サーブはどの回転でも恐ろしいほどの回転がかかりました。
特に下回転と無回転の差が大きく、その2つのサーブだけで、かなり得点を得ることができました。
レシーブはラケットの角度さえしっかりとしていれば、
自分の狙ったコースにしっかりと返球することができます。
台上技術は、何よりストップがしやすいです。
強粘着のため安定しネットギリギリのところに落とすことができました。
また、フォアフリックも回転がかかりながらもスピードのある球を出すことができました。


■おすすめなプレーヤー
私のようにドライブでガンガン攻めていく方や、狂豹NEO2を使っていて
回転量などに不満を持っている方に強くオススメしたいです。


■まとめ
使いやすさ、コストパフォーマンスなど全ての面で狂豹NEO2を上回っていると思います。
回転とスピードが両立されており、
1890円でこの性能は「得」だと思いますのでぜひ使ってみてください。