アポロ2
















投稿者:かんなぎ


■モニター環境・自己紹介
使用ラバー:アポロ2[已打底](黒/35°/1.8mm)
卓球歴:9年
普段の使用用具
R:バタフライ製柳3枚合板シェーク
F:APOLLO2 37度 2.2mm
B:トリプル・スピードチョップスポンジ


■感想
重量はパッケージ込みで73g、ラバー本体(167mm×166mm)が56gで
マーク5HPS特厚やスレイバー・G2アツと同等の重量です。
37°では中国ラバーらしさがある高弾性といったイメージでしたが35°ではそれが一変。
硬度はヘキサーHDよりシートがやや硬いくらいで、
まるでドイツ製テンションのような感触と食い込み量です。
打球音も完全に中国ラバーのそれではなく、ジーニアスのようなパキーンという金属音です。
イメージとしては天弓の感触を残したままシートを強くし回転量を格段にアップさせたラバーです。
天弓3とは全く異なるラバーです。
ドライブは弧線が山形になり引き合いのラリー戦がラクになりました。
カットはジーニアス+オプティマムサウンドのようにしっかりと
食い込ませてホールドするカット向きです。回転量は然程落ちてはいません。
ツッツキに関しては軟らかくなった分だけ少し
ボール半個〜1/4個分ほど浮きやすくなったかなといった感じです。
中国ラバーからの移行は37°
硬めのテンション、軟らかめの粘着からの移行は35°
軟らかめのテンションからの移行は33°
が違和感が少なく試せるのではないかと感じました。


APOLLO供擽箍蓮曚里換愼・他の投稿者のレビューを見る