アウラスソフトjpg
















投稿者:ろっくさん

※比較ラバーとして、TIBHARの「ジーニアス+オプティマムサウンド」(以下「GOS」)と、
「ジーニアス+オプティマム」(以下「GO」)を挙げています。

 

1.ざくっとレビュー

「ジーニアス+オプティマム」にそっくり。中・後陣からのドライブ引き合いに性能を発揮し、
力まなくても両ハンドから伸びのあるボールが打てる。カット型にも十分使えるが、
台上での弾みの良さには注意が必要。

 

2.第一印象

シートの質感や球突きをしたときの印象としては、同じTIBHARの「GO」によく似ていると感じました。
スポンジの硬度は「GO」の方が少し硬いものを採用しているようですが、
シートはアウラスソフトの方が気持ち硬めなので、打球感や球質も非常に近いものがありました。
ただ、若干アウラスソフトの方が直線的な球筋になりやすく、
台に近いところでのプレーが安定するように感じました。

 

3.攻撃技術全般

ドライブ 7点

前で良し、後ろで良し、どこからでも伸びのあるドライブを打つことができました。
特に台から離れてのドライブの引き合いでは、相手の球威にコシ負けすることなく、
イメージ通りの弧線を描いてくれて好印象でした。
また、下回転のボールに対しても持ち上げやすく、一発で打ちぬく破壊力こそないものの、
安定したドライブができました。ただ、力んで打つとボトッと落ちたり、
インパクトのわりには回転がかかっていなかったりと、ラリー中に「おや?」と思うことが多々ありました。
逆に、何気なく合わせただけのドライブが伸びたり、沈んだりすることもあり、
私が使いこなすまでには少し時間がかかるように思いました。


スマッシュ 6点

ドイツ系テンションはフラット系の打法に向かないイメージがありましたが、
アウラスソフトはシートがしっかりとしているので比較的フラット系の打法もやりやすかったです。
シートの引っかかりとスポンジの食い込みの良さを考慮しつつ、
強く弾くようにインパクトしてやれば難なくこなせるように思います。


カウンター 8点

アウラスソフトの醍醐味はやはりダイナミックなドライブの引き合いにあると思いますが、
前陣プレーがしやすいのも特徴です。特にカウンターに関しては、
自分から力を加えなくても勝手にボールが伸びてくれる感覚があるので、
打球点やスイングを意識するだけでイメージ通りのカウンターを打つことができました。
GO」、「GOS」よりも前陣でのカウンタープレーは優れていると思います。

4.守備技術全般

ブロック 7点

食い込みが良いのでブロックは安定します。
個人的には「GOS」の方がブロックの安定感は高いように思いましたが、
伸ばすブロックについてはアウラスソフトの方がやりやすく、
止めているだけで相手が振り遅れていくのがよく分かりました。
より攻撃的なブロックを目指す方にはおすすめです。


カット 7点

今回は攻撃用ブレードにアウラスソフトを貼っていますが、カットもやってみました。
カットの感触も「GO」によく似ています。よく切れますし、ナックルカットも出しやすいです。
さらに、シートが硬いので、ループドライブの処理も比較的簡単にでき、低く抑えることができました。
ただ、やはり弾みが良く、「GOS」のように攻守のメリハリがあるわけではないので、
強打の処理に関しては技量が求められると思います。


ツッツキ 5点

ツッツキに関しても回転量は十分ですし、ボールの食い込みも良いため安定しました。
しかし、ボヨーンと弾き出してしまうので、ツッツキでコースをついたり、
ガツンと切ったりするのには少し勇気がいりました。ただ、「GO」、「GOS」と比較した場合、
若干アウラスソフトの方が硬めのシートなので、
ツッツキも直線的になり、コントロールはしやすいかと思います。

 

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般

台上技術 5点

やはり弾みの良さが気になりました。フリックなどの攻撃的な台上処理に関してはやりやすいのですが、
台上で回転をかけたり、短くコントロールしたりする技術に関しては、
かなりのボールタッチのセンスが求められるように思います。個人的には、
もう少しスポンジが硬い方が台上処理はしやすいのかなと感じました。


サービス 7点

サービスは良く切れます。「GO」、「GOS」と同等、
もしくはそれ以上の回転量がアウラスソフトにはあるように思います。
特にハイトスサービスはブチッと切ることができました。しかし、やっぱりよく跳ねます。
ショートサービスを出すときには、
できるだけラバー表面で擦るようにしてかけないと台から出てしまいました。
でも、柔らかいラバーでサービスを出すことが得意な方なら、
サービスに関しての不満は少ないと思います。


レシーブ 5点

レシーブについてもラバーの弾みの良さを踏まえた上で
ボールを触りにいく必要があるように思います。
特にツッツキレシーブやストップレシーブといったボールの底の方を触りにいく技術をする際には、
かなり気を使わなければいけないと思いました。
一方、チキータやフリックレシーブについては、
ラバーの弾力のおかげで下回転のボールに対しても持ち上げやすく、
レシーブから先手が取りやすかったです。


6.おすすめラケット

今回は5枚合板の攻撃用ブレードに貼ってみましたが、
やはりこのアウラスソフトのような柔らかくて弾力のあるラバーは、
硬めカーボンラケットに貼ることで性能を発揮してくれるように思います。
個人的には、バタフライのイシュリオンのような軽くて弾きの良いラケットと合わせて
後ろからガンガン引き合いつつ、チャンスがあれば前陣でピッチの早いカウンタープレーも交えながら
使ってみると面白いのではないかと思います。また、カット型の方で使用されるのであれば、
ディフェンシブなラケットよりも、攻守のバランスのとれたラケットに貼ると良いと思います。
一般的かもしれませんが、バタフライのディフェンス・プロ辺りでしょうか。
幻守と組み合わせても面白いかもしれませんが、
もしかしたらバック面のGrass D.TecSへの影響があるかもしれません。

 

7.どんな人におすすめか

まずは、中・後陣からのダイナミックなドライブの引き合いが得意な方におすすめできると思います。
さらにその中でも、現代卓球のような台に近いところでの
カウンタープレーも取り入れたいと思っている方であれば、一層しっくりくるラバーではないでしょうか。
攻撃型の方であればフォア、バックどちらに貼っても良いラバーではないかと思います。
しかし、上級者の方のフォアとして使うにはちょっと威力不足かもしれません。
また、「GOS」を使っていて、もう少し硬くて弾みが欲しいと感じているカット型の方にも良いと思います。
GOS」でカットができる方なら十分使えると思います。

 

8.総評

総評 7点

アウラスソフトは、従来のドイツ系テンションラバーの持ち味である
中・後陣からのラリーのやりやすさはもちろんのこと、前陣でのカウンタープレーの精度も兼ね備えた、
まさに進化したドイツ系テンションラバーと言えるのではないでしょうか。
プレースタイルも選ばず、攻守においてバランスの取れたラバーであるように思います。
目的に応じてスポンジ厚も調整しながら使用してみると新たな可能性が見えてくるかもしれません。

ただ、従来のドイツ系テンションとは少し様子が異なるので、
根っからのドイツ系テンションラバーユーザーには違和感があるのではないかと思います。
また、高い水準でバランスのとれた良いラバーなのですが、
コレと言った特徴がないというのも少し残念なところです。
ましてやWRMから推していくのであれば、もう少し試打を重ねて存在感のある
特徴を見出す必要があるように思いました。

 

9.備考

今回の使用ラケット

<ブレード>  サムソノフα・STTIBHAR

<フォア>   アウラスソフト・MAXTIBHAR

<バック>   ジーニアス+オプティマムサウンド・MAXTIBHAR