ブラックSIDE

































投稿者:ろっくさん


【1】ざくっとレビュー

クラシックなディフェンシブラバー。ブツ切れカットよりも、カットの安定感で勝負するスタイルに向く。
非常に軽量であるため、ラケットの重量が気になる裏裏カットマンにお勧め。
ただし攻撃力不足感は否めない。


【2】第一印象

以前に「BACKSIDE 2.0 D」の方を使っていたのですが、おそらくシートは同じもので、
スポンジがより柔らかく、球持ちが良くなっている印象です。
特徴としては“非常に軽い”という点です。BOMBの「Bombardゴクウス」から貼り替えてみると
明らかにラケットが軽くなったことを実感できます。
シートの粘着力については、粘着性ラバーの中では標準くらいでしょうか。
バタフライの「タキネスチョップ」よりは若干強めで、
「Bombardゴクウス」よりは弱めといったところです。
球突きではあまり飛ばず、自分からしっかり弾かないと跳ね上がりません。
いかにもカットマン用ラバーといった感じです。
今回は「BACKSIDE 2.0 C」をバック面に使用して裏裏カットマンというスタイルで使用してみました。


【3】攻撃技術全般

<ドライブ>4点

「Bombardゴクウス」よりは安定感のある山なりのドライブになるのですが、
回転量に乏しく、球速も物足りません。特に上回転のボールに対するドライブは、
スポンジが薄いこともあってか、ボールをラケットにぶつけすぎるとネットに突き刺さってしまいます。
自分からバックハンドドライブをしかけて得点するというスタイルよりは、
カットの中に時折順回転を混ぜて相手のミスを誘うスタイルに向いているラバーではないでしょうか。
また、「Bombardゴクウス」はカット打ちが非常にやりやすいという印象があったので、
「BACKSIDE 2.0 C」でもカット打ちをしてみました。
しかし、やはり球速の面で随分劣っているので、
「Bombardゴクウス」のような嫌らしさは出せませんでした。


<スマッシュ>6点

シートに粘着力があり、非常に柔らかいラバーなので
スマッシュは打ちにくいのではないかと思いましたが、
意外に安定して入ったので驚きました。おそらくスポンジが薄いためだと思います。
もちろんしっかり踏み込んで打たないと球速は出ませんが、ドライブをかけるよりは、
フラットにパチパチと合わせていった方が効果的なラバーかもしれません。
ドライブの安定感が欲しい方は厚めのスポンジのものを、
スマッシュの安定感が欲しい方は薄めのスポンジのものを使ってみると良いと思います。


<カウンター>3点

打球点の早いカウンター技術についてはかなり厳しいものがあります。
そもそも弾まないラバーなので打球時にある程度自分から力を加える必要がありますし、
合わせるだけだとボールが伸びてくれないので自分から擦る意識も必要です。
さらに、先述のようにぶつけすぎると落ちてしまうときたものですから、
とにかくカウンターには神経を使います。なかなか安定した返球ができませんでした。


【4】守備技術全般

<ブロック>9点

攻撃技術は全体的に低評価でしたが、「BACKSIDE 2.0 C」の真髄は守備技術にあります。
特にブロックは好印象でした。極薄ラバーの使用経験がない方にとっては、
ブロックも難しいと感じられるかもしれませんが、
「Bombardゴクウス」と比較してみるとブロックのしやすさは歴然です。
「Bombardゴクウス」はスポンジが薄い上にテンションもかかっているため、
相手に強打されるとコントロールが非常に難しいです。
一方、「BACKSIDE 2.0 C」は柔らかいシートとスポンジが球威を吸収してくれる感覚があり、
相手の強打に押されません。また、シートの粘着も強すぎないので、
回転量の多いドライブに対するブロックも容易にできます。極めつけがナックルブロックです。
「Bombardゴクウス」のように特に意識しなくてもナックルになってくれるわけではないのですが、
カット性ショートの感覚で打球時にラケットヘッドを下げると、
非常に打ちにくそうなナックルブロックができました。


<カット>6点

「BACKSIDE 2.0 C」はカットでブチ切るタイプのラバーではなく、
カットで拾いまくるタイプのラバーです。
相手の強打はピシャリと抑えることができ、
軽打に対してはガツンと切りにいっても相手コートに収まってくれる安心感がありました。
ただ、個人的にはもう少し弾みが欲しいところです。
台から離れすぎてしまったり、薄く捉えすぎてしまったりするとボールがネットまで届かないので、
台に近いところでカットする方には良いと思います。カットをガツガツ切りたいのであれば
「Bombardゴクウス」、拾って拾って拾いまくるのであれば「BACKSIDE 2.0 C」が良いでしょう。


<ツッツキ>7点

ツッツキの切れ味だけを見たら「Bombardゴクウス」の方が優秀ですが、ツッツキの安定感、
特に最近流行(?)のサイドスピンツッツキの安定感については
「BACKSIDE 2.0 C」の方が上かもしれません。
「Bombardゴクウス」の場合、相手のサービスやツッツキに対して
的確にラケット角度を出していかないと簡単にミスをしてしまうのですが、
「BACKSIDE 2.0 C」の場合は柔らかいシートとスポンジのおかげで球持ちが良く、
ツッツキ時にラケットを横にスライドさせる動きを入れてもボールが飛びすぎることはありません。
先日、サイドスピンツッツキからのカウンタープレーということで、
「【WRM‐TV】たった3つの技術だけで驚くほど強くなれる方法」という動画がアップされましたので
一度ご覧になってください。「BACKSIDE 2.0 C」をバック面に使えば、
カットマンでもこうしたプレーが可能になると思います。


【5】台上技術・サービス・レシーブ全般

<台上技術>5点

台上でのフリックやチキータといった攻撃技術については、あまり期待できません。
安定感こそあるものの、何より威力に欠けます。
ちょっと球筋を変える程度に使ってみると良いかもしれません。
一方で、ストップなどの細かい台上技術については非常にコントロールが良く、
安心して処理することができました。


<サービス>6点

個人的にはもう少しスポンジの厚い方が切りやすいと思いましたが、
問題なくこなすことができました。特にバックハンドサービスの感覚が良く、
思い切り振りぬいてもオーバーミスすることがなかったので、
サービスでガツガツ切っていきたい方には良いかもしれません。
ただ、インパクトによっては回転がかかりきる前に飛んでいってしまうことがあるので、
薄くボールを捉える感覚が求められると思います。


<レシーブ>8点

粘着性ラバーは相手のサービスの回転の影響を受けやすいと言いますが、
このラバーはほとんど気になりません。
粘着性ラバーというより、コントロール系ラバーという感覚の方がしっくりくると思います。
レシーブミスが多くて困っている方には救世主になってくれるのではないでしょうか。
ただし、攻撃的なレシーブには向かないので、
レシーブからの攻撃力を求める方には「Bombardゴクウス」がおススメです。


【6】おすすめラケット

カット用ラケット全般に使ってもらって大丈夫だと思います。
ただ、フォア面のラバーとして使うのであれば、
スポンジ厚1.1个任呂舛腓辰畔足りないと思うので、
もう少し厚めのものを選んでもらうと良いでしょう。
また、もし攻撃型の方が使うのであればWRMでも取り扱いのある
androの「Tempertech OFF+」のような、硬くて弾みの良いラケットと合わせると良いと思います。


【7】どんな人におすすめか

非常に軽い粘着性ラバーですので、小中学生に多い裏裏カットマンのバック面にお勧めです。
カット用ラケットはブレードが広いこともあって、両面に粘着性ラバーを貼ると
結構な重量になってしまい、ラケットの操作性や攻撃への切り替えが悪くなりがちです。
そんなラケットが重すぎて振り切れないと悩んでいる
裏裏カットマンには非常に嬉しいラバーだと思います。
また、シェークバック極薄攻撃型の入門としてもお勧めできるのではないでしょうか。
ただし、「Bombardゴクウス」とは随分印象が異なるので、
あくまで「Bombardゴクウス」への移行段階として、
あるいは「Bombardゴクウス」が扱いきれなかった方に使ってもらいたいです。


【8】総評6点

これぞカット用ラバーの王道。カットマンなら誰でも一度は使ったことがあるような、
懐かしささえ覚えるラバーです。
種類も今回レビューを書かせていただいた「BACKSIDE 2.0 C」と、
スポンジがやや硬い「BACKSIDE 2.0 D」の二つがあり、andro版「タキネスチョップ」、
「タキネスドライブ」といった装いです。
ラバー選びの際にもバタフライの「タキネスチョップ」、「タキネスドライブ」をイメージしてもらうと
非常にしっくりくるかと思います。そ
れならば王道中の王道であるタキネスシリーズを
使えばよいのではないかと思われる方もいるでしょう。
しかし、BACKSIDE 2.0シリーズは“豊富なスポンジ厚”という点で古くからあるカット用ラバーとの
差別化を図っています。2種類のスポンジの硬度、
5段階のスポンジ厚から、自分のプレースタイルに合ったものを選んで使ってみてください。

また、今回はスポンジ厚1.1mmのものを使用したので、
スポンジ厚1.0mmの「Bombardゴクウス」と比較してきました。
しかし、個人的には「Bombardゴクウス」の代替品として「BACKSIDE 2.0 C」を使用するのは
難しいように思いました。強い粘着があって、テンションもかかってて、
さらに極薄という奇妙きてれつな「Bombardゴクウス」に匹敵するラバーは、
現時点では他にないでしょう。
「Bombardゴクウス」もBACKSIDE 2.0シリーズのように
“選べる”ラバーになってくれることを節に願います。


【9】備考

今回の使用ラケット

<ブレード>  特注アリレートカーボンシェーク(バタフライ)

<フォア>    1Q・MAX(TIBHAR)

<バック>   BACKSIDE 2.0 C・1.1mm(andro)