ブルーファイアM1















投稿者:くらさん


【1】ざくっとレビュー
RASANTの硬度を若干柔らかくして操作性をアップさせたラバー。
弾み、引っ掛かりは申し分ない。

【2】第一印象
RASANTのソフト〜ミディアムバージョンといったイメージです。
少し威力や球質の重さは劣るようですが、操作性が良くなっている分だけ
守備要素の技術もやりやすいです。
できるだけ食い込ませてボールを持つ感覚で打ったほうが全体的に安定します。

【3】攻撃技術全般
ドライブ・・・8点
弧線を強く描いて豊富な回転量で落ちる感じです
。シート表面だけで擦る(ループ系)と落ちるケースがありました。
少し硬度が低くなっている分だけ厳しいようです。
ドライブは食い込ませて〜乗せてから〜が前提になるようです。

スマッシュ・・・8点
球威もあり、通常の柔らかいドイツ系ラバーよりも安定します。
しかし少しオーバーしやすいので、慣れることが必要です。
少し上回転を掛けた方が安定するようです。

カウンター・・・8点
これも上に飛んでいくので角度の慣れが必要だと思いますが、
角度に慣れてしまえばこれほど容易に安定するラバーもないかと思います。
表記された硬度よりも柔らかく感じますし、ボールを包み込むのでカウンタープレーは良いですね。

【4】守備技術全般
ブロック・・・8点
若干の柔らかさがホールド感を高めてくれて良いのですが、
予想していたよりも上に弾かれてしまったりすることもありました。
少し回転を掛けなおすつもりでブロックすると好感触でした。

カット・・・8点
ほとんどRASANTと変わり映えしませんが、
安定感ではブルーファイヤー 回転量や当たり負けしないのはRASANTですね。
少しレスポンスが速いのでゆっくり〜ゆったりボールを返すイメージだと
感覚を掴みやすいかもです。

ツッツキ・・・7点
1QやRASANTよりも更に上に上がりやすいので、
前後のフットワーク時での打点を落としたツッツキに効果を発揮します。
少しツッツキのスピードが速いような気がします。

【5】台上技術・サービス・レシーブ全般
台上技術・・・8点
台上はフリックが良いですね。 上に上がりやすい特性の効果だと思います。
これだけ弾んでレスポンスが速いと攻撃的なレシーブの使用頻度は
勝手に上がっっていると思います。

サービス・・・7点
少し、オーバーしやすい。 回転量はありますが、距離感を覚えておく必要があります。

レシーブ・・・9点
個人的にはレシーブでは10点入れても良いと思います。
ツッツキで入るよりは、フリックや台上でのドライブ攻撃が良いですね。

【6】どんな人におすすめか
小中学生やレディースの方々にお勧めしたいラバーですね。
カットマンなら、インパクトの強いかたに。

【7】総評・・・8点 
RASANTの同様にスピードと引っ掛かりに優れ
スピード・スピンを高い次元で両立させたラバーです。
ボールの重み、球威、回転を重視するならRASANTを スピード、
扱いやすさを求めるならブルーファイヤですね。

今回の使用ラケット ブレード  
コクタク・・柳材と洋材の5枚合板特注(82グラム)
フォア DONIC・・・ブルーファイヤ:2.0ミリ(57グラム)
バック TIBEHR・・・グラスDテックス:1.2ミリ(35グラム)