デスペラード












投稿者:くらさん

【1】ざくっとレビュー
カールP1とフェイント2の中間的イメージ。
粒高でありながら、色々な技術がやりやすく安定する万能型粒高ラバー。


【2】第一印象
低弾性とは言えませんが、強打を抑えやすく回転の反転能力も高いラバー。
なぜか、相手のツッツキをツッツキで返すのが難しく(ドロップする)ツッツキや
下回転にはプッシュすると反則気味の攻撃になってしまいます。

上回転(強打)は非常に抑えやすく、回転もある程度は自分で調整できるみたいです。
変化幅で勝負する・・・・・粒高だけど表っぽい感覚があります。



【3】攻撃技術全般
ドライブ・・・8点(粒高として)
ドライブと呼ぶのに相応しいのか分かりかねますが、
通常の粒高ラバーよりも下回転に滅法強く攻撃が安定します。


自分が特に好印象だったのは、カットからの前に詰めたケースでのバックハンド攻撃です。
少し上回転を掛けるつもりで返すと面白いように入ります。


スマッシュ・・・7点(粒高として)
この打ちやすさは、ちょっと経験ないですね。
相手のツッツキを狙い撃ちしやすいのは本当に嬉しいですね。
表ソフトみたいな感覚です。


【4】守備技術全般
ブロック・・・8点
グラスに比べると回転量は劣りますが、弾道が低く手元で予想外の変化します。
弾まないので、相手にも時間を与えてしまいますが低弾性を活かして
コース取りがキッチリできるのでブロックではグラスより優れていると思います。


カット・・・7点
グラスに比べて回転量は落ちます。しかし、返球のしやすさ、弾道の低さはこちらが上ですね。
さらにはある程度の回転量をコントロールできるところがあるので、
グラスと甲乙つけ難いのですが切れ味と差し込むような弾道ならグラス

抑えやすさと変化幅んばらデスペラードですね。

ツッツキ・・・6点
ツッツキだけだと3点です。
しかし、ボールの底を擦るツッツキではなく、ボールの斜め上から切り落とすようにツッツくと
プッシュのような〜ツッツキのような独特のボールが出ます。

通常のアプローチだと浮いてしまうので打点を落としてツッツキ。
攻撃的なアプローチなら高い打点から切り落とす選択肢が増えた感じです。


【5】台上技術・サービス・レシーブ全般
台上技術・・・7点
相手のロングサーブも切り落としブロックやカット性の守備要素の強いレシーブ
台上でのストップ、プッシュは本当に良いですね。
独特の浮き現象になれるまでは台上でツッツキは控えた方がいいかと思います。

レシーブ・・・8点
結構、粒高って猛烈に切れた下回転に対してネットミスすることがあるのですが、
このラバーはドロップして返るくらいクセが強いです。

むしろツッツキしないで全てプッシュで対応できてしまうのではないかと思うほどです。

ここまで攻撃に移行しやすい粒高ならカットマンでも
守備要素の強いレシーブから入らなくても良いかも知れません。
弾み過ぎず、弾まなさ過ぎず安定します。


どちらかと言うならカットマンよりは前陣攻守型や粒ペンの方が使うと良いと思いますね。


【6】おすすめラケット
カット用でも、弾むラケットが良いと思います。
カットでは抑えが利くので繋ぎやレシーブ時での初速を
少しでも速くした方が相手は嫌がると思います。



【7】どんな人におすすめか
カットマンでしたら、バック面の攻撃が多い方。
さらには粒高でのツッツキが苦手な方はすべてプッシュで押してしまうのも良いかもしれません。

一番のお勧めはシェーク異質攻撃型の方ですね。


【8】総評・・・8点
低い弾道で抑えやすく、攻撃しやすいラバー。
粒が硬めなので柔らかい粒が好きな方やインパクトの弱い方は避けた方が良いと思います。


【9】備考
今回の使用ラケット
ブレード タマス・・・・ダイオード(100グラム)
フォア   TIBEHR・・・1Q:1.9ミリ(55グラム)
バック   JUIC・・・・・デスペラード:0.6ミリ(25グラム)

DESPERADO 【Dr.Neubauer】 の詳細はこちら