ボンバード極薄













投稿者:烏賊


ボンバード極薄(BOMB)レビュー 前々から気になっていたので勢いで買いました。

■使用用具
ラケット:孔令輝(主に中ペンで使用)
表:ボンバード極薄 裏:スキュラ

■試打
極薄と言う事で打ち辛いと思いきや、ちょっと打てば軽打位なら余裕で捌けるようになります。

■フォア
表ラバーのような球離れでテンポよく打てますが、
ちょっと強く打つと食い込みすぎて板で弾いてしまいます。
そのナックルボールを制御できればいいのですが、
前陣の後ろ〜中陣の前位なら比較的やり易い物の、前陣だと飛距離の関係上ちょっと辛かったです。

■バック
ショートもテンポ良く打てます。 前陣速攻、前陣攻守で台の中で小さく返していくタイプの人には
抜群に相性のいいラバーじゃないでしょうか。

■ドライブ
面白かったのがドライブで、シートで擦って打つ分には回転量の多いドライブになります。
但しループに限りますが。 いつもの癖で打ったら板で打ってしまいすっ飛んで行きました。
しかし、ちょっと加減して打つと、孔令輝の強いしなりと球持ちのおかげか、
弾道がなんかおかしいのに回転はかかってると言う癖玉に。
フォアで強く弾いてしまった時のような球で、
しかしバウンド後に伸びると言う不思議な球で驚きました。

■サーブ
過去使った中で最もサービスエース率の高いラバーです。
回転量がピカイチで、短く出しやすいので使い勝手がとてもよろしいです。

■台上技術
低弾性のラケット+低弾性ラバーと言う事で半端無くツッツキが切れました。
ストップも小さく止めやすいです。 サイドスピン系のツッツキも狙いが付けやすく、
一般的に台上で繋ぎの技術とされる物全てが攻撃的になる位です。
と見せかけて裏面打法で払う事も出来るので面白いです。
裏なのに異質と言うふれこみも確かに事実で、合わせて返すと楽に回転を相手に返せます。

■ブロック
合わせて当てるだけで比較的止めやすいです。
ですがまっすぐ当ててしまうとナックルになって制御しづらくなる面があるので、
やるのであれば何らかの回転をかけた方が安定するでしょう。
個人的には斜め上に軽く回転をかけると、バウンド後に斜めに伸びていい感じだと思いました。

■強打
正直制御できる自信が無いのでノーコメント。

■シェークに持ち替えてカット 飛距離の面で中陣が限界で、
 しかもシートでしっかり擦らないと安定感に欠けます。

■シェークに持ち替えてフォアとバック フォアはペンと同じく意外と打てますし、
 バックも実は結構楽に払えます。 レシーブでがっつり当て目でナックルドライブ、
 もしくはループドライブで返せてしまう位に。 ただし要練習。

■総評
正直な所、台上でのプレイで勝ててしまうラバーかもしれません。
サーブはブツ切り、レシーブもブツ切り、相手のドライブも合わせて台上で返す、と。
下がって打つ必要の無い性能だと思います。
逆に下がるとシートで擦るドライブがメインとなって今一なのですが。
ただ前陣用と言うわけでは無く、前陣台上型と言う戦型が確立してしまうラバーだと思います。
今回のラケットは柔らかくしなりが強く、攻撃ラケットとしては低弾性の孔令輝でしたが、
相性は良かったと思います。 ただ、使った感触で言えば、どんなラケットでも使えると思います。
しかしながら癖玉系のドライブは柔らかく球持ちのいいラケットで無いと難しいでしょう。
カーボン系ラケットに合わせた場合の球離れの速さが少々心配ですが、
しっかり振って回転をかけに行けるのであれば問題無いと思います。
使いやすさで言えば、3枚合板〜柔らかい7枚合板までかなと思いますが。
今回はスキュラと合わせて使いましたが、ボンバードで強烈な回転、
スキュラでメーカーロゴが見える位のナックル攻撃と言う両極端プレイは、やってて面白かったです。
ただ安定させるとなると、本職で無いのでちょっと辛いかなー。


Bombard極薄 [BOMB] の詳細はこちら