P7






















投稿者:ぬりかべ


adidas社「P7(赤,1.8mm)」レビュー

 ※STIGAのチタニウム5.4中国式の裏面に貼りました。表面はデスペラードの黒・OXです。

1.ざくっとレビュー
攻撃時には上向きにボールが飛び、守備時には弾道が低くなる、
攻守のメリハリをつけやすい万能型のラバー。球持ちがよく、コントロールと回転の性能に優れる。


2.第一印象
シートはひっかかりがよく、粒の形状はやや低め。
スポンジはオレンジ色で気泡の大きいタイプです。
重さは、中国式ペンのグリップから1.5cm離して貼って、40g。
MAXをシェークの全面に貼ったら47〜48gぐらいでしょうか。
軽く球突きをしたところ、思いのほか弾みました。


3.攻撃技術
ドライブ点 7点
スマッシュ・角度打ち点 5点
カウンター点 7点

最初にフォア打ちをしたときはオーバーミスを連発し「結構スピードが出るのかな?」
と思ったのですが、練習相手に印象を聞いてみると
「確かによく飛んでいる感じだけど、スピードは普通」とのこと。
スピードが出ているというよりは「ボールが上向きに飛ぶ」という感じですね。
球持ちがよくシートのひっかかりがよいため、そうなるのでしょう。(ほとんど裏面ですが)
ドライブの威力そのものは「そこそこ」という感じですが回転量は十分にあり、
特にループドライブは好印象でした。
球持ちの良さを生かして横回転を入れると曲がりも大きく、良い得点源になりました。

 スマッシュは、球持ちが良すぎてややコントロールが難しく感じました。
弾くというよりはある程度上回転を加えて打つと弾道が安定するのですが、
あまりスピードが出ないために決定力には欠けます。

ブロックのところでも述べましたが、相手の強打に対しては比較的低い弾道でボールが飛ぶので
カウンターもよく入ります。弾くような打ち方は少々難しいと感じましたが、
カウンタードライブ気味に打つと弾道が安定します。


4.守備技術寸評
ブロック点 7点
ツッツキ点 7点

ドライブのときは上向きに飛びましたが、ツッツキ時には弾道が低く、
オーバーミスの心配があまりありません。そのためしっかりと切ることができ、
十分な回転をかけることができます。シートが球をしっかり持つ感覚があり、
前後・左右ともにコントロールしやすくなっています。

ブロック時もツッツキと同様に弾道が低く、さほどオーバーミスの心配をせずに返球できました。
弾くように返球するのは難しいのですが、サイドスピンを入れたり
上回転を入れたりすると安定して入ります。うまく打てばカット性ショートもできそうな感じです。


5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
台上技術点 7点
サーブ点 7点
レシーブ点 7点

サーブの切れは良い方だと思います。表面でこする下回転サーブの切れは「ますまず」
といったところですが、しっかりと食い込ませてかける横回転系のサーブはかなりのものです。
粘着性のラバーと比べると短いサーブを出すのに少々技術が必要ですが、
他の回転系テンションと比べるとやりやすい部類に入るでしょう。

つなぎのときの弾道は低く抑えられるので、レシーブや台上攻撃も安定します。
特に好印象だったのはバックフリック(表面)。ボールの頂点をとらえて回転をかければ
確実に入りますので、コースさえ気をつければ問題ありません。
レシーブエースをとれるほどの威力は出せませんでしたが、
相手を崩すには十分なボールが出せました。


6.お勧め構成
評判を聞くと「弾みが足りない」とのことでしたが、
私が使用した範囲では「まずまず」という印象でした。
特殊素材との相性がいいのかもしれませんね。
ラバーの性能からしてどんなラケットにも合いそうですが、
攻撃的に使いたい場合には薄めの特殊素材と組み合わせると良さそうです。

やや重めのラバーですので、粘着ラバーと組み合わせたり、
重めの回転系テンションと組み合わせたりすると、
腕力に自信のない選手には厳しい重さになると思います。

特殊素材系ラケット+P7+テンション系ラバー(あるいは表ソフトなど)
という組み合わせなら、性能でも重さの面でもバランスが良いと思います。

7.どんな人にお勧めか
粘着ラバーではスピードが足りず、従来の回転系テンションでは扱いが難しい
(飛びすぎる)と感じている方に良いラバーだと思います。
ものすごく回転がかかるというわけではなく、飛びぬけてスピードが出るわけではありませんので、
そのような性能を求めている選手には中途半端な印象を与えてしまうかもしれません。

ツッツキやループドライブなど回転系の技術に優れていますので、
つなぎやチャンスメイクに役立つでしょう。


8.総合評価
全体で考えて6.5点というところでしょうか。
性能そのものは7をつけるぐらいのレベルだと思いますが、私にとってネックになるのは「重さ」。
粘着ラバーと同じぐらいの重さ、というのは少々厳しいものがあります。
重さを気にしない選手にとってはなかなかいいラバーではないでしょうか。