アウラスソフトjpg














投稿者:Mk.22


モニター環境・自己紹介

卓球歴(戦歴)5年

戦型 : 裏粒のペン粒攻守 反転を多用します。

使用ラケット:
B社木材5枚+アリレート2枚の廃盤モデル。弾みはミッド程度。裏面にはデスペラードoxを貼っています。
wrmさんで販売されているtibhar社の裏ソフトの中で1Qや5Q等の影に完全に隠れてしまっているラバーですが、「パーフェクトバランス」という言葉に魅かれて購入しました。あくまで私は主に粒高を使う戦型なのでその辺りを踏まえて見て頂けると幸いです。裏面打法はあまり使用せず、反転して普通のペンドラのように使っています。


■第一印象
ぱっと見ジーニアスそっくりです。よく見比べてみますとジーニアスの方が粒が詰まっていて、スポンジが荒く気泡が大きいです。アウラスソフトのスポンジは最近の回転系テンションのようなスカスカスポンジではなくしっかりとしたスポンジです。シートは硬め、スポンジは硬くもなく柔らかくもないという中硬度で、ある程度強いインパクトでも力負けしなさそうなラバーです。正直見た目と触った感触だけでは最近発売されている回転系テンションに比べて個性が少ないように感じます。重量に関してはhexer duroから張り替えた後特に違和感を感じなかった為標準的なテンション系と同じくらいでしょう。

■試打
攻撃技術全般
軽打の時点で完全にジーニアスとは異なる性能のラバーだなと思いました。打球が直線的で球持ちが良いながらしっかりとスポンジが押し出してくれるような強い弾性を感じます。そのおかげかミート打ち、スマッシュは直線的に飛び、素直な球になりますが非常に打ちやすかったです。
ドライブは食い込ませて打てば低く直線的に、完全な擦り打ちは難しいので当て擦りとでもいいましょうか、少し食い込ませて後はシートで持って行くような打ち方をすると弧線を描いて飛んでいきます。
下回転はある程度直線的に飛ぶラバーの割に持ち上げやすいですが、どちらかというと当て擦りよりもしっかり食い込ませて打った方が威力、回転共に良いと感じました。
中・後陣でドライブを打ち合うと上回転に対しては自然に食い込んでしまって球が直線的に出てしまいスピードこそ出るものの、安定感に欠けます。もし打ち合うならある程度台に近い所でプレーした方が良いと思います。
個人的に思った事は打ち方によって結構ボールの性質が変わるという点。おそらくスポンジの弾性が強い為、シートの引っかかりが打ち方によって反映されづらかったりするからでしょうか。シートを上手く使う打ち方では弧線をある程度描く安定感のあるドライブが打て、食い込ませて打つとスピードの乗った直線的なドライブが、という感じです。 

守備技術全般
ブロックは硬めのシートと中硬度のスポンジのおかげで止めたい時はピタッと止まり、少し押してスポンジに食い込ませる様にすればカウンター気味の球が容易に出せます。カウンターに関しては相手のボールに合わせるだけではなく自分から少し振ってやった方が威力が出つつ安定します。守備系では扱いやすさと安定感が際立っていました。

台上技術・サービス・レシーブ等
サーブは良く切れる、という印象ですが自分の打った時のイメージより回転量が少ないかなという気がします。しかし、非常に長短の差がはっきり出しやすく、硬めのシートで擦れば短く、スポンジに食い込ませれば速く長いサービスと容易に打ち分けられます。
レシーブは回転系テンションにしては回転の影響をそこまで受けませんのでしっかりと自分の球にして返す事も相手の球に合わせて返す事も出来、意図した通りの球が出せます。
ツッツキは最初ポンポン浮いてしまい四苦八苦しましたが、力を入れてしっかり食い込ませて打ってみると中々良い感じです。低く直線的で切れてるツッツキで相手をガンガン押していけます。しかしそれはしっかり当てている事が条件で、中途半端なタッチでは弾性が強いため浮いてしまいます。
ストップは繊細なタッチが要求されます。回転の影響こそそこまで受けないものの、適当に当てているだけでは上手くいかず慣れが必要になってきます。
フリックに関しては回転を掛けるフリックより弾性に物を言わせてパチンと弾くフリックの方がやりやすいです。

■おすすめなプレーヤー、組み合わせ
使ってもらいたい方は力の無い方、台に近い所でプレーするドライブマン。弾みが強いものの扱いやすいのであまり人は選びません。しかしゴリゴリのドライブマンには少し物足りないかな、という印象。
使うラケットは正直選びません。ラバーだけでかなり自在に球をコントロール出来ますので。強いて言うなら反発力が強いやや薄めのラケットでしょうか。

■まとめ
非常に扱いやすいながらも一定水準以上の性能を発揮してくれます。従来のドイツ系テンションのように当てれば勝手に食い込んで飛ぶ、という様なラバーではなく、ある程度の範囲でですが自分で飛びを調節できます。そういった扱いやすさが際立っている反面個性をあまり感じません。素直なラバーなゆえに中高生等は物足りないと感じてしまうかもしれませんね。この手の物は何かが飛びぬけた性能のラバーの影に隠れてしまいがちですが今回これを使ってバランスがよく扱いやすいものもいいよね、と再認識させられました。 


アウラスソフト【TIBHAR】の詳細を見る