ラザント
















投稿者:ろっくさん


  『RASANT・2.1mm(andro)』
 

【1】ざくっとレビュー
驚異的な弧線を描くスピン系テンションラバー。インパクトが強く、しっかり食い込ませて打つラリー思考の攻撃型におすすめ。フォアでもバックでも好感触だが、唯一の欠点は直線的な打球が出しづらいこと。
 

【2】第一印象
『緑』…。これに尽きるでしょう。スポンジが緑であるということは聞いていたので、おそらくJOOLAの「air!」くらいのミントグリーンかと思っていましたが、パッケージを開けてビックリ!結構ハッキリした緑(黄緑?)で、遠目でもRASANTだと分かるくらいの個性を放っています。シートの引っかかりは私がこれまでに使用してきたスピン系テンションラバーの中では1、2を争うと思います。スポンジの食い込みも良く、球突きでは比較的ソフトな打球感であるように思いました。印象としてはバタフライの「テナジー05」を扱いやすく、さらに引っかかりを良くした感じでしょうか。でも、「テナジー05」ともどことなく違う弧線と打球感ですので、全く新しいスピン系テンションラバーと言えるかもしれません。
今回は、カット用ブレードと攻撃用ブレードにRASANTを貼って試打してみました。『おすすめラケット』のところで詳しく述べたいと思います。また、WRMでも取り扱っており、発売以来、私が長く使用してきたandroの「HEXER・HD」と比較しながらまとめていこうと思います。


【3】攻撃技術全般
<ドライブ>9点
驚異的な弧線を描くドライブが打てます。前で良し、後ろで良し、どこからドライブを打っても穴の無いラバーで、ラリーが得意な方なら楽しくて仕方がないと思います。回転量も申し分なく、特に、ぶつけるようにインパクトしたときの打球は中陣からでもノータッチで抜けるほどの凄まじいドライブが打てました。下回転に対するドライブもシートの引っかかりの強さのおかげで持ち上げやすく、カット打ち、ツッツキ打ちも不自由ないと思います。ただ、擦るドライブを打ったときの飛びがちょっと弱く、浅く入ってしまう傾向にありました。おそらく硬めのHEXER・HDを長く使っていたため、少し柔らかめのRASANTに慣れていないだけかもしれませんが、カウンターされやすい弾道になりがちでした。山形のドライブと安定感を求めるならRASANT、直線的なドライブと破壊力を求めるならHEXER・HDといったところでしょうか。

<スマッシュ>6点
HEXER・HDと比較すると打球感が柔らかいため、同じ感覚で叩きにいくと食い込みすぎてしまってミスが出ました。また、シートの引っかかりもHEXER・HDより良い印象ですから、回転の変化をしっかり見極めて打つ必要があります。台上でのスマッシュについてはHEXER・HDに軍配があがると思います。RASANTはオールドライブでブンブン振っていくタイプに向いているといえるでしょう。

<カウンター>9点
カウンタードライブのやりやすさだけを取り上げてもRASANTに乗り換える十分すぎる理由になります。特にバック面でのカウンタードライブは衝撃的です。自分から押し込んでやれば良いカウンタードライブになることは当然ですが、合わせるだけのブロックでも相手コートでバウンドがグングン伸びます。自分から打とうという気がなくてもカウンタードライブになってしまう感じですので、中高生くらいでカウンタードライブが苦手、あるいは習得過程にある攻撃型の方にとっては、非常に魅力的なラバーではないかと思います。硬くて安定感に欠けるHEXER・HDと比べれば、圧倒的にカウンター向きのラバーだといえます。


【4】守備技術全般
<ブロック>9点
カウンターの項目でも述べたようにブロックが良く伸びます。止めているだけで相手にプレッシャーを与えられるのでとても好印象でした。さらに安定感にも優れています。また、中陣、後陣と台から距離をとっても安定した凌ぎが可能です。特にフィッシュやロビング時の伸ばしたり、曲げたりが自由自在で、カーブロングを多用するカット型にもおすすめできると思います。破壊力一辺倒のHEXER・HDとは違い、RASANTは守備面でも安心感が持てるのではないでしょうか。

<カット>6点
カットの印象は正直に言っていまひとつです。切れ味については文句なしですが、シートの引っかかりとスポンジの柔らかさの影響で、ナックルカットのやりにくさとループドライブの処理のしづらさが際立ちました。また、HEXER・HDのような相手コートの深くに入るカットも出しづらく、球足の短いカットになってしまう傾向にありました。今回は2.1个里發里鮖藩僂靴討い燭里如△發少し薄めのものを使ってみれば、いくつかの課題が解決されるように思います。いずれにしても、カット型が使えないラバーではないと思うので、是非挑戦してほしいと思います。

<ツッツキ>9点
ツッツキのやりやすさはドイツ製のスピン系テンションラバーの中では群を抜いているように思います。もしかすると銀河のAPOLLO2に匹敵するかもしれません。切れ味も安定感も良く、細かい守備技術においても穴が無いように感じました。ガツンと思い切りツッツいて、相手が持ち上げてきたところをカウンタードライブ。理想的なレシーブからの展開が描けるラバーだと思います。ただ、弾みの良さもあるラバーですので、競った場面での思い切ったツッツキは少し勇気がいるかもしれません。


【5】台上技術・サービス・レシーブ全般
<台上技術>8点
台上での守備技術についてはドイツ製ラバーとは思えない安定感があります。先ほど述べたツッツキに加え、ストップについても短くコントロールしやすいです。また、台上での攻撃技術ではチキータが好感触で、シートの引っかかりの良さを活かして、しっかりボールをつかんで離すという感覚で打つことができました。そして曲がり具合も強烈です。ただ、台上でのフリック、スマッシュといったフラット系の攻撃技術についてはHEXER・HDの方がやりやすいように思いました。

<サービス>8点
ブチッと切れます。特にやりにくいサービスもなく、大きな問題はありませんでした。特徴的なのは、小さなスイングでも回転がかけやすいという点です。そのため、フェイクモーションが混ぜやすく、単純なアップダウンサービスに相手が引っかかってくれるようになったと思います。また、サービスの回転量が十分に出せない方にもおすすめです。あと、HEXER・HDはショートサービスのときに弾みすぎて長くなることがありましたが、RASANTにはそうした心配がなく、長短の出し分けもしっかりできるラバーだと感じました。

<レシーブ>8点
特に困ったことはありませんでした。台上処理のしやすさはもちろんのこと、台から出るような甘いサービスに対してはしっかり狙っていけます。もし、弾みが気になるようであれば薄めのスポンジ厚を選んで使ってみてください。レシーブにも自信が持てるラバーだと思います。


【6】おすすめラケット
WRMとしては“ラケットを選ばないラバー”として売り出していますが、個人的に気をつけて欲しいと感じたことが一つあります。それは「振動吸収効果のある特殊素材が入っているラケットとの組み合わせ」です。今回、最初に私がメインで使っているバタフライのインナーフォース・ALをベースに作ってもらったラケットにRASANTを貼ってみたのですが、合板に組み込まれているアリレートの影響で打球感がほとんどなくなってしまいました。打っている手ごたえがないという感じです。おそらく打球感のハードなHEXER・HDからの変更だったということもあると思いますが、ちょっとこれは使えないということで、すぐにHEXER・HDに戻してしまいました。その後、アリレートカーボンならどうかと思い、貰い物のティモボルスピリット(廃盤)に貼ってみたところ、程好い打球感になり、本来のRASANTの性能が引き出せたように感じました。おそらく好き嫌いは分かれると思いますが、振動吸収効果のある特殊素材のみのラケットにはRASANTはあまり向かないのではないかと思います。また、同じ発想で、打球感がソフトで、しなりの大きいカット用ラケットに貼っても本来のRASANTの良さは発揮されにくいのではないでしょうか。私としては、ガチガチのカーボンラケットと合わせて、しっかりインパクトを感じながら打った方がRASANTの良さ、楽しさを感じることができるのではないかと思います。


【7】どんな人におすすめか
自分が攻撃型なら、間違いなくバック面に貼って固定します。両面RASANTでも良いかもしれません。ラリー思考でブンブン振っていく攻撃型の方なら是非一度試してもらいたいです。また、カットの切れ味を求め、ドライブ攻撃を多用するカット型にも良いと思います。テナジー05か05・FXをフォア面に使用しているカット型の方なら違和感なく使えるのではないでしょうか。


【8】総評8点
このラバーの性能は、WRMで“ラザン党”が結成されていることからも明らかです。今や世界を席巻する“テナジー党”を打ち砕き、見事に政権交代を成し遂げることができるのでしょうか。とても楽しみです。個人的にはしばらく無所属(強いて言えばHEXER・HD党? )を決め込もうと思いますが、今後RASANT・HDなんて出てきてしまった日には、迷わず緑色に染まってやろうと思います。今後の“ラザン党”の躍進に期待です。


【9】備考
今回の使用ラケット
(A)
<ブレード>  特注カット用アリレートシェーク(バタフライ)
<フォア>   RASANT・2.1mm(andro)
<バック>   ブースターSA・1.8mm(ミズノ)

(B)
<ブレード>  ティモボルスピリット(バタフライ)〈廃盤〉
<フォア>    GripS‐Europe・MAX(TIBHAR)
<バック>   RASANT・2.1mm(andro)