ラザント
















投稿者:くらさん


【1】ざくっとレビュー
スピードと引っ掛かりの良さはピカイチ。球筋は上向きで素直なのでスピードとコース分けで勝負したいラバー

 
【2】第一印象
弾み、引っ掛かり共に従来のラバーとは一味も二味も違います。弧線の高さも従来のイメージとは大きく異なり落差の高い安定感のあるドライブが特徴です。


【3】攻撃技術全般
ドライブ・・・9点
大きい弧線から急激に相手コートにバウンドする落差のあるドライブが大きな特徴です。回転量とスピード共に今までのラバーの中では抜群で抜け目が無いかと思いましたが、相手コートでの伸びはあるもののバウンドが素直で速い打点でブロックされると返されやすい一面あり。しかし、総合的に考えてもドライブに関してはRASANTを超えるラバーは今の所無いと思います。

スマッシュ・・・7点
球威はピカイチで圧倒的なスピード感です。しかし、予想通りフラット系では弧線が上向き過ぎてオーバーしやすい傾向です。面を被せるか、打点を従来よりもやや落としてインパクトするとオーバーミスは軽減出来ます。

カウンター・・・7点
こちらも上向き弧線が災いしてか、従来通りの感覚で当てるとオーバーミス増えてしまいます。被せ気味にして擦気味に当てるか打点を少し落として当てると安定します。言い換えますと高い打点のオーバー難を克服すれば多少の低い打点はカバーできるので打点のレンジが広がります。


【4】守備技術全般
ブロック・・・8点
しっかり止まりますが、ややオーバー傾向になりやすいです。若干ですが高めに出て浮つくところが見受けられるので自分から回転を掛けるつもりで返球した方が良いようです。

カット・・・7点
回転量は豊富でおそらく今までで一番回転かかると思うのですが、思ったよりもボールが速く飛んでしまうところや少し浮いてしまうところがあるのでカットの技術に自信が無い人が使うのはお勧めしません。縦スイングでインパクトされる方に非常にお勧めしたい反面、ラケットを開いてインパクトする方には不向きだと思います。回転量では1Qより勝っていますが、総合的に評価すると1Qの方がカット向けだと思います。

ツッツキ・・・9点
カットでは1Qが上でしたが、ツッツキではRASANTの方が上です。回転量は多く、球離れが速いので回転の影響受けづらいです。さらに若干スピード感がある事が差し込ませる効果があるのだと思います。


【5】台上技術・サービス・レシーブ全般
台上技術・・・9点
何といっても特筆物は台上でのバックドライブが非常にやりやすいところ。弾性と引き攣れが強いので大きなバックスイングが要りません。チキータとか裏面打法に効果的なラバーだと思います。
だからと言ってツッツキやストップがやりづらい事がないです。

サービス・・・7点
予想よりも大きく出ますし、高めになります。
従来と同じようになるには少し慣れるまでに時間がかかると思います。
回転量は申し分なしです。

レシーブ・・・9点
1Qとは異なり非常にアグレッシブに攻撃的なプレーが可能です。小技も申し分ないのですがRASANTでは台上でのドライブ攻撃やチキータなどの攻撃的なプレーがより色濃く出ます。RASANTも1Qも攻守のバランスが高くて、どちらでも可能ですが攻撃的なプレーではRASANTが上です。


【6】おすすめラケット
今回の試打ではHALLMARKのSTRATEGYが好感触でした。シナ材の非常に硬くてしならないカット用ラケットですので攻撃用でもカーボンが入っているしならないラケットが良いと思います。


【7】どんな人におすすめか
どんな戦型も問いません。カットマンでしたら、守備に自信があって攻撃力を高めたい方です。台上から先手を取って圧倒的なスピードで抜き去ってしまえるので、若手よりも30歳〜のベテランの方にお勧めしたいラバーです。(スピードがある分だけ返球も速いので・・・・小さいスイングの方により一層向いているのではないかと思います)


【8】総評9点
打球感がグルーイングしたラバーに、また一段近づいたラバーが出てきました。自分から弾けば飛んでいき、抑えれば止まる非常に自在性の高いラバーだと思います。RASANTは高い弧線とスピード感、引き攣れ効果が高いため中級者〜上級者向けです。


【9】備考
今回の使用ラケット
ブレード  コクタク・・柳材と洋材の5枚合板特注(82グラム)
フォア    andro・・・RASANT:1.9ミリ(50グラム)
バック   TIBEHR・・・グラスDテックス:1.2ミリ(35グラム)