A+ホワイト


















投稿者:ろっく


『A+(white)』

【1】ざくっとレビュー
回転系技術に特化しており、ループドライブが武器になる中国製ラバー。サービスやカットの切れ味も鋭く、回転量重視のスタイルに向く。そして、とにかく硬い。

【2】第一印象
これぞ中国製というような硬さと粘着力が特徴のシートに、これまた硬質で重量感のあるスポンジが組み合わせられており、基礎打ちの段階からバチンバチンと凄い打球音がします。反発力は抑えられており、しっかり振らないとネット越えてくれず、攻撃型よりは守備型に向きそうな印象です。

【3】攻撃技術全般
<ドライブ>6点
ガチガチ中国製ラバーなので、スピードを出そうと思って厚く当てると回転がかからず、食い込ませて打つドライブには向きません。一方、擦るドライブは強烈で、特にループドライブで相手のブロックを弾き飛ばす感覚は爽快でした。しかし、そんなドライブも台に近いところに限った話で、台から距離をとってしまうと全く飛距離が出ず、ドライブを引き合うのも厳しいです。台から離れたら、ただ重いだけのラバーといった感じです。
<スマッシュ>7点
スピードドライブが走らないので、必然的にスマッシュが決定打になってきます。硬質なシートとスポンジを生かして強く弾くように打つと、ナックル気味の取りにくいスマッシュが可能です。しかしながら、こちらも威力不足感が否めません。台の近くについて、手数で勝負するスタイルに向くと思います。
<カウンター>5点
食い込みが少ないぶん、カウンター技術は安定しませんでした。スピン系テンションラバーの要領で弾くように打つと、やはり回転が乗りません。カウンター時もボールを薄くとらえ、回転をかけるイメージで打球する必要があります。ただ、反発力が弱いので、カウンター時に力んでミスしてしまう方にはちょうど良いのかもしれません。

【4】守備技術全般
<ブロック>6点
豪快な打球音を聞いて、打球ポイント意識しながらブロックできる点は非常に良いです。そして安定感もあります。ただ、合わせるだけのブロックでは回転はあまり残らず、相手が打頃の弾道になりやすいので、インパクト時に少し押すように意識しないと前に飛ばない印象です。
<カット>8点
スバッと振り切ったときの切れ味は、これぞ中国製ラバーのカットといった感じで、驚くほど良く切れました。反発力が抑えられているので回転の変化もつけやすく、さらに激しい打球音で相手から見ても変化が分かりづらいようです。また、粘着力が強いので、短く落とされたループドライブの処理に手こずるかと思いきや、ラバーの硬さのおかげで思いのほか安定して返球することができました。やはり、攻撃技術同様に飛距離が出ない点が課題なので、できる限り台の近くでカットしたいと思っている方におすすめです。
<ツッツキ>8点
打点を早くしても、遅くしても、非常に安定した低いツッツキが可能です。硬いシートとスポンジが相手のツッツキの回転を相殺し、自分の球にしてツッツキができるイメージです。また、ラバーの弾みが弱いことから、思い切ってガツンと切れる点が良いところだといえます。

【5】台上技術・サービス・レシーブ全般
<台上技術>7点
ラバー表面の粘着でボールを掴んで払ったり、擦ったりする技術がやりやすいです。台から離れてしまうと威力の出ないラバーですが、弾まない分だけ台上で思い切り振ることができ、フリックはノータッチで抜くこともありました。特にストップはやりやすく、ネット際にピタッと落としやすいです。カットマンは嫌でしょうね。
<サービス>8点
非常に良く切れます。サービスが得意な方が使えば間違いなく脅威となるでしょう。しかし、重量感のあるラバーですので、ラケットヘッドが重くなってスイングスピードが落ちないように注意が必要です。また、ラバーが硬いため、食い込ませて回転をかけるタイプの方には使いにくいと思います。
<レシーブ>7点
回転の影響を受けやすいので、自分の回転にして返球する気持ちが大切です。何気なく迎えにいってしまうと弾かれる感覚がありました。しかしながら、反発力が弱いので、レシーブ時はなんとか台上には収まってくれる感じです。特にストップレシーブはやりやすく、他にやりにくさを感じるレシーブもありませんでした。

【6】おすすめラケット
ラバーが非常に硬いので、柔らかめのラケットがおすすめです。カットマンの方であればしなりの大きいスタンダードなカット用ラケットが合うと思います。一方、攻撃型の方であれば、反発力の強いカーボンラケットでないと威力不足感が否めません。ラバーのパッケージの解説でも「繊維ブレード用に製造」とあるので、カーボンラケットとの相性は良いのではないかと推察します。振動吸収素材の入ったカーボンラケット、あるいはインナー系のカーボンラケットと合わせてみると良いと思います。

【7】どんな人におすすめか
フォア面に中国製ラバーを使用しているカットマンの方は一考の余地があるかと思われます。特にカットで粘る方、切れ味を求める方におすすめです。また、サービス勝負の方にも良いでしょう。攻撃型でしたら台から離れない前陣速攻の方におすすめです。

【8】総評7点
久しぶりに中国製ラバーを使ってみましたが、ドライブの伸び、カットの切れ味、台上の操作性など、テンション系ラバーにはない特徴を体感することができました。中国製ラバーの品質と性能はここ数年で著しく向上し、微粘着テンションや中国製テンション系ラバーなど、食い込みが良く、高反発なラバーも登場してきています。そうした中で、このA+は昔ながらの「硬い」、「重い」、「高粘着」という三拍子そろった中国製ラバーの良品版といった位置づけになるのかと思います。スピンとスピードの両立を高い次元で求める現代卓球の中で、あえてスピンに特化したプレーを目指す中国製ラバーユーザーの方はお試し下さい。

【9】備考
今回の使用ラケット
<ブレード>  バリケードディフェンシブ(Dr.Neubauer)
<フォア>   A+:2.1mm(三維SANWEI)
<バック>   スーパースピンピップスCHOP 2:中(TSP)

A+[White]の詳細はこちら