MUSA








投稿者:けろまつ


MUSAレビュー
ここから下がレビューです。

   MUSA 黒 MAX

使用ラケット:エバンホルツ

主な戦績:特になし

使用者レベル:県大会出場程度


<はじめに>
今回は主にバックでの感想です。
パッケージには日本語で書いてあるところがあり、本当は日本でも売るつもりだったことがわかります。
バックが〜とも書いてあるのでバック専用ラバー、というイメージができます。

<第一印象>
XIOMのラバーを買って使うのが初めてでどんな感じなのかなと思い開けてみるときれいでした。
最近のドイツラバーと比較してもXIOMの方がロゴが真ん中にあったりと品質がいいと思います。
つまんでみるとシートが柔らかく食い込みがいいです。
普通の柔らかめのテンションかなと思いましたが、粒形状を見てみるとスピン系テンションラバーのような細い粒。
粒が細めということも食い込みの良さにつながっていると思いました。
シートも丈夫で、粒が浮いてきずらそうなシートです。
ただ気になったのがスポンジ。V>01 Limberなどの欠けやすいスポンジとそっくりなので、貼り替えはなるべくしない方がいいです。

<ドライブ>
回転、スピードともにあまりいいとは言い難いですが、それを補うほどの安定感があります。
ボールが異常に上に飛ぶので被せ気味にしないとオーバーミスします。
この異常な球持ちのおかげで後ろからでもある程度打っていけますが、やはりスピード不足。
チャンスボールになりかねません。
ただ、ぶち当てるようにしても板に当たる感触がなく、スポンジのコシの強さを感じました。
シートで持って、スポンジで飛ばすタイプのラバーのようです。
ドライブは基本的には弾き気味のスピードドライブが主になるでしょう。
それと、擦って打ってみたときに、振った後にすぐ横に振るとボールが横にずれるあたり、本当に球持ちがいいようです。

<スマッシュ>
コシが強いので板に当たる感触がなく、打ちやすいです。
ただ、スピードがそれほど速くないためコースを狙っていくことが大事だと思います。

<ブロック>
ループドライブが押さえずらく、真っ向からぶち当てるようにするとぶっ飛んでいきます。
粒の細さからくる食い込みやすさが仇となったようです。
ヴェガエリートなどは柔らかくても粒が少し太いためそこまで回転の影響を受けませんでしたがこれは違います。
ブロックは硬めのラケットの方が回転の影響を受けずらいように思います。
ですが、エバンホルツでさえも浮きやすいので、アウターのラケットぐらい硬くないとだめだと思います。

<ツッツキ>
回転量はそこそこ。
低くて長いツッツキがやり易く好印象でした。低くて長いので相手も嫌がることでしょう。
ヴェガエリートなどの柔らかいラバーは浮きやすいですが、MUSAは浮きやすさが少し軽減されていて、比較的浮きずらいように思えました。

<サーブ>
サービスエースを狙えるくらいは切れませんが、相手がとりずらいくらいなら切れます。
好印象だったのが薄く擦った時の下回転サーブで、低くて短いサーブがやり易かったです。

<チキータ>
回転、スピードはありませんが球持ちのおかげで安定して打っていけます。
軽く振っても入るため、どっちに打つかを考える余裕までありました。

<まとめ>
安価なラバーの中では比較的高性能なラバーだと思います。
擦るとボールが上に飛び出し、食い込ませると擦った時よりも上に飛び出す不思議なラバーです。
全体的に見ると使いやすいですが、ループ系のドライブやなんでもないような緩い球の処理には苦労します。
多分、中途半端に食い込んでしまってるんだと思います。
なので、初心者などのあまり強く打てない人や、ループ系のドライブを多用する人と試合したときには思わぬ苦戦を強いられる場合があります。

バック面のラバーとしてはすごいスピードも出るわけじゃないし、回転もかかるわけじゃないですが、自分から打っていく時は抜群の安定感があります。
スピード、回転、安定感の三拍子を求める人にはRASANT TURBOがいいと思います。(やはり、スピード、回転となるとRASANT TURBOの方が優れているので)