オメガVプロ












投稿者:けろまつ



   オメガ后PRO 赤 MAX

使用ラケット:エバンホルツ
       プロルーム

主な戦績:特になし

使用者レベル:県大会出場程度


<はじめに>
丁度卓球屋さんでセールがやっていて四割引きで3000円ちょっとという圧倒的な安さだったので購入。
ひとつ前のオメガPROは良いラバーでしたが、価格相応程度の性能でしたので、オメガPROはどうなのか気になるところです。

軽く玉つきをしてみると引っかかりが強いです。
グニグニしてみると食い込みが良いとは思いませんでした。
ただ、時間が経つにつれてどんどんシートが柔らかくなり食い込みが良くなっていきます。
なので、すぐにだめだとは思わない方がいいでしょう。
今回は主にフォア面での使用です。

<ドライブ>
謳い文句通りボールが落ちないです。
湿気で滑ることもなく、しっかりグリップしてくれます。
引っかけて打つと弧線が高く、回転量も相当なものですが、スピードはそこまで速くありませんでした。
スピード重視の設計のようですが、スピードはそうでもなく、期待しない方がいいでしょう。

<弾き系技術>
スマッシュは回転の影響を受けやすいためやり易くはありませんでした。
角度打ちなどのミート系技術も特にやり易いということはありませんでした。

<ブロック、カウンター>
がっつり回転の影響をうけますが、その割にはやり易いです。
他の食い込みの良いラバーよりは回転を殺しやすいからですね。

カウンターはやり易いですね。
というのも回転を上書きするのが楽なラバーらしく、回転量多めのドライブなんかも少し被せて振ればパチーンとまではいかないももの、返しやすいです。
そして、弾き気味にやるのではなくて擦り気味にやった方が安定するので擦った方が吉です。

<サーブ>
強い引っかかりを存分に発揮させることができた擦る系の短いサーブがとても好印象でした。
あまり弾まないので長くなることもなかったです。

<台上技術>
ツッツキは回転量多めの重いツッツキが比較的簡単にできます。
ストップも勝手にとんでいくということがなく、今時のラバーよりはやり易いと思います。

<オススメラケット>
ボールが速くないので弾むラケットか上板が硬いラケットがいいと思います。
七枚合板は今回使用していませんが相性はいいと思います。一応実績もあるので。
インナー系ラケットやアウター系ラケットもいいとは思いますが、個人的には5枚合板の上板がハード系のラケットが一番かなと思います。

<まとめ>
全日本社会人選手権優勝者使用ラバーとしての実績もあるので、この価格帯のラバーの中では最高の性能を持っているといっても過言ではないでしょう。

寿命は2ヶ月から3ヶ月くらい。
XIOMのラバー全般に言えることですが、劣化しにくいです。
シートは丈夫で粒が浮きずらく、スポンジも少しへたってきていますが十分なコシを感じることができます。
そのことから学生さんにオススメですね。
さほど力がなくても時間が経つと食い込み良くなるので扱うことができますし、テナジーよりも少し劣るくらいの性能で寿命も2倍はあるので。

一言でいうと低価格かつ値段以上の性能を持っていて、どの技術もまんべんなくこなせる高性能バランスタイプラバー。
イメージとしてはエボリューションMX-Pの引っかかりを上げて弾みを落とした感じ。弾みを落としても食い込みが良く回転の影響を受けやすいのでエボリューションMX-Pの方が全体的な扱いやすさは上です。