天弓5



















投稿者:ぬりかべ


紅双喜社「天弓5(赤,MAX)」レビュー
 ※主にNittaku社「ビゼロックス中国式」の裏面に貼りました(表面はQing黒OX)。
  幻守FLのF面(B面はGrassDtecsOX)でも試打しました。

1.ざくっとレビュー
 高いスピード性能を持ちながらも「回転の影響を受けにくい」ため、ブロックやカウンターの能力も高いバック向けテンションラバー。

2.第一印象
 重量は 紙パッケージ込102g → 包装あり71g →カット前 67g →カット後51g(中国式のグリップの根元まで貼っています)。ただし、ビゼロックス中国式はブレード面がかなり長めのため、普通のシェークに貼ったら47〜48gではないかと思われます。
 シートがかなり「しっとり」としているので微粘着かと思いきや…粘着は全くありません。シート・スポンジともにやや硬め。軽く球突きをしてみるとよく弾み「軽い力でも跳びそうだ」と感じました。摩擦力は、最近の回転系テンションほどではありませんが、十分な引っ掛かりがあります。

3.攻撃技術
 ドライブ点 7点
スマッシュ・角度打ち点 7点
 カウンター点 8点
 ドライブは、シートの引っ掛かりが良いためしっかり弧線を描き、安定して入りました。スピードも出るのでかなり使いやすいのですが、練習相手には「比較的弾道が素直で、あまり重くない」と言われました。自分が打った印象ほどには回転がかかっていないようです。また、回転系テンションに比べると回転量は落ちるように思いました。しかし、擦ってループ気味に打ったときと食い込ませてスピードドライブ気味に打ったときの弾道の差が大きく、ループドライブなどを混ぜて球質の変化をつけるタイプにはかなり向いているように思います。
 スマッシュは、弾みの良さ+シートの硬さのおかげで、スピードを出しやすいですね。ナックル系になるというよりも、自然に前進回転がかかるので、安定感もかなりあります。
 このラバーを使っていてもっとも好感触だったのはカウンターです。ドライブのときにはまずまず回転をかけられるのに、比較的相手の回転の影響を受けにくく、安定した返球ができます。軟らかめのテンション系ラバーのように、横回転を入れたり、後ろを擦って伸びるカウンタードライブにしたりとはいきませんが、安定して威力のあるカウンターが打てるのが魅力的ですね。

4.守備技術寸評
 ブロック点 7点
ツッツキ点 7点
 ブロックは、カウンターと同様「回転の影響を受けにくい」ことに加え「弾道が低い」ため安定感は抜群です。回転を加えて変化をつけるのは難しいところですが、ブロックに時折プッシュを加えるタイプの人にはかなり使いやすいのではないでしょうか。
 ツッツキは弾道が低いため安定して入りますが、しっかり切ろうとすると球足が長くなったり、浮いてしまったりします。切れ味で勝負するよりも、左右に振り回したり、プッシュ気味の速いツッツキを混ぜたりして相手を振り回すのに適していると思います。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術点 7点
サーブ点 6点
レシーブ点 7点
 サーブでは、回転系テンションや粘着系ほどではありませんが、十分に回転のあるサーブが出せます。下回転を強くかけようとすると球足が長くなってしまいますが、横回転系サーブは強くかけても低い弾道で飛んでいくため、横下と横上を組み合わせて出すと効果的でした。
 レシーブや台上技術ではでは、やや弾みすぎる感じはあるものの、相手の回転の影響を受けにくく、安定しました。ストップなどで短く止めるのは難しいように思いましたが、フリックや台上BDなどは小さいスイングでもスピードが出るので、台上攻撃で先手を取りたい選手にはかなり向いていると思われます。

6.お勧め構成
スピードが十分に出るので、粘着ラバーや回転系テンションなど、回転重視のラバーと組み合わせて使いたいところです。このラバーの性能を生かすのであれば、反発力の強い特殊素材系か、ハードウッド系のラバーと組み合わせるとよいでしょう。
 特殊素材系+F:回転系テンション+B:天弓5
 ハードウッド系5枚合板+F:粘着+B:天弓5
などの組み合わせが良いのではないでしょうか。

7.どんな人にお勧めか
 バックでスピードのあるボールを打ちたいが、ブロックやレシーブを安定させたい、という選手に向いていますね。カウンターやブロックを多用する選手にもかなり向いているでしょう。フォア面でも十分に使えるラバーですが、最近の回転系テンションに慣れている人にとっては、回転量がちょっと物足りないかもしれません。

8.総合評価
 シェーク攻撃選手がバックで使うには7〜7.5点ぐらい。私のような異質型が使うには、もう少し回転がほしいところなので、6〜7点というところでしょうか。