吉田海偉ラケット












投稿者:ザーシー

吉田海偉(Butterfly)レビュー

◆自己紹介
・卓球歴 10年
・戦型 基本的にペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

◆試打環境
・比較ラケット
柳承敏G-MAX(Butterfly)
サイプレス-S(Butterfly)
チャイニーズEX(Butterfly)
馬琳エキストラオフェンシブ-中国式(ヤサカ)
パラドックス-R(Butterfly)
スワットCHN(TSP)
ブロックマンCHN(TSP)

・使用ラバー
テナジー05、64、25、80、05FX、64FX
、アツ(Butterfly)
ラウンデル アツ(Butterfly)
スレイバー、EL、FX アツ(Butterfly)
エボリューションMX-P、EL-P、FX-P 1.9mm(TIBHAR)
ブルーファイアJP01ターボ、JP01、M1ターボ、M1 1.9mm
ラザントパワーグリップ、グリップ、ラザント、ターボ、パワースポンジ 1.9mm(andro)
NEOテンキョク2 2.2mm39度(紅双喜)
フェイントOX(Butterfly)
カールP-1R OX(TSP)
フリクションスペシャル2 OX(Hallmark)
フレアストーム2 アツ(Butterfly)
スピネイト 厚 (ヤサカ)

◆第一印象
言わずと知れた日本のペンドラ、吉田海偉選手の使用モデルラケットです。
片面ラバーのペンドラ選手は檜単板の日本式角型のラケットを使う傾向が多いのですが、吉田選手は木材7枚合板の中国式丸型のラケットを使用しています。
王皓選手や馬琳選手も中国式ラケットを使用しているペンドラですが裏面にも裏ソフトラバーを貼っています。
しかし吉田選手はフォア面のみに裏ソフトラバーを貼っています。
中国式ラケットを使用しながら、裏面を振らずフットワークを活かしてフォアドライブ主戦で戦う日本の伝統的なペンドラスタイルを貫かれています。
そのプレースタイルはベテランの域に達した今も尚、見る者を魅了します。
ラケットの面の大きさは中国式では標準的な161×150mmで厚さは6.7mmとかなり厚いです。
そして重量も平均89gと重いです。
厚さ9mmの檜単板ラケットとほぼ同等の重量です。
5枚合板の中国式ラケットのチャイニーズEXが厚さ5.7mm、平均重量81gなので比較すると、吉田海偉のその厚さと重さはかなりのものです。
おそらく両面にラバーを貼って使用するのではなく片面のみにラバーを貼って使用することを想定して設計されていると思われます。
ちなみに吉田選手は御自身のラケットを軽量で操作性が良いと感じているようです。
トップ選手は恐るべしですね。
またグリップも他の中国式ラケットよりやや太めに感じました。
深く握るとガチッとしすぎて窮屈に感じますのでやや浅めに握ると良いと思います。
吉田選手は浅めの握りでプレーしているそうですが、同じペンドラの柳承敏選手はラバーに親指が触れるほどラケットを深く握っています。
同じ戦型でも選手によってグリップもかなり違ってくるようです。
このラケットは随所に吉田選手のこだわりを感じる逸品に仕上がっています。 

◆攻撃系技術
打球感は檜単板と比べると硬いですが、7枚合板の中ではやや軟らかめの部類に感じます。
ドライブは10mm檜単板でのドライブや特殊素材でのドライブと同等のスピードを出すことが可能です。
それに加えて回転も非常にかけやすくしっかりとボールを掴む感覚があります。
通常7枚合板は木材の中ではスピードが速い分、球離れが速くなる傾向がありますが7枚合板でこのスピードと球持ちの良さを両立しているのは非常に驚きました。
スピードドライブでも弾道が直線的になり過ぎず、相手コートにしっかり入ります。
ループドライブもかけやすく山なりの弾道を描きます。
また片面でのバックドライブが非常にやりやすいですね。
確かに重量は軽くはありませんが、バックの振り抜きの良さにはちょうど良い重さだと感じました。
裏面ドライブは球離れが速すぎる点と重量が重くなりすぎる点であまり良いボールは打てませんでした。
あくまで裏面ではなく片面ラバーでのバックハンドを意識したラケットだと思いました。
もし裏面を使用するのであればフォアもバックも軟らかめで軽いものが良いと思います。
フォアラウンデル、バックスレイバーFXが私の中ではギリギリ扱えるラインでした。
フォア面裏ソフトのみでの使用の場合、テナジーでは05や25は硬くてボールが落ちてしまいます。
またFX系では球持ちが良すぎるので64が最も相性が良く感じました。
次点で80が良いと重います。
またテナジー64以外ではエボリューションEL-P、ブルーファイアM1、ラザントグリップがスピード、スピンを両立し、球持ち、硬度を比較して相性が良いと感じました。
全体的にスピンよりもスピードを重視し、硬さが2番目くらいのものに適している傾向があるど思いました。
スマッシュは相手ボールを弾く感覚がありスピードも速く個人的にはやりやすく感じました。
檜単板での掴んで離すようなスマッシュの感覚とは全く異なるので、このスマッシュでの打球感の好みがペンドラでのラケット選びの大きなポイントになると思います。 
また表ソフトとの相性がかなり良かったです。
本当は裏ソフトと表ソフトを両面に貼ってプレー出来れば良いのですが、重量が重くなるためどうしても操作性に支障を来してしまいます。
片面に表ソフトを貼って使用する場合、全ての技術をそのラバーでこなさなければならないのでスピード系表ソフトよりも回転系表ソフトの方が使いやすいと思います。

◆守備系技術
ブロックは一般的な攻撃ラケット同様そつなくこなすことができます。
また中国式の太いグリップのおかげで日本式よりもバックブロックの面の角度が作りやすいのま好印象です。
意外だったのが粒高ラバーでのブロックです。
ブロックマンなどの守備系ラケットと比べればやや弾むみますが、それでも弾道が低くて切れたブロックを返球することが可能です。
また自分から切り下ろすカットも非常にボールが切れるので好印象でした。
守備専門のペン粒での使用は守備系ラケットには及びませんが、通常ペンドラで要所でペン粒を活かす、ペンドラ+粒高としての使用はかなり良いと思います。
ペンドラユーザーのみならず攻撃多用のペン粒ユーザーの方にもおすすめです。
またペンドラながらレシーブや台上、チャンスメイクに粒高をアクセントとして使用するテクニカルなペンドラユーザーにもこの組み合わせは試して頂きたいですね。
カウンターはややオーバーしやすくボールが高くなりやすいです。
やはり自分からガンガン攻めていく方がこのラケットには適しているように感じました。 

◆その他
台上は丸型ということもあり操作性が良くやりやすいです。
特にフリックは球持ちと球離れのバランスが良く好印象でした。
また、プッシュも檜単板並みにボールを掴んでくれるのでバックが振れない場合でもプッシュで相手のコースを突くことが可能です。
サーブはボールがやや伸びやすいのでショートよりもロングで相手の体勢を崩す方がこのラケットはやりやすいです。
レシーブは球持ちの良さから相手の回転の影響を受けやすくボールがやや制御しにくいのでこのラケットの最大の課題です。
ロングサーブをドライブレシーブで返球することは得意ですが、台上でショートサーブを返球するのはやや苦手なラケットだと感じました。

◆おすすめプレーヤー・ラケット構成
A、片面のみラバーを貼るペンドラで、
中国式を好む方、
軟ラケ+硬ラバーを好む方
檜単板が合わない方、
やや弾く打球感が好みの方、
台上での操作性を重視する方、
柳承敏選手も好きだけど吉田選手の方がもっと好きな方、
におすすめです。
テナジー64のようなスピード重視でやや軟らかめのスピン系テンションと組み合わせて、吉田選手のようなフットワークを活かし豪腕フォアドライブでガンガン攻める伝統的ペンドラスタイルを体感しましょう。

B、普段はペンドラとしてたプレーしながらラリー中やレシーブ、台上、などで粒高をアクセントとして使用しチャンスメイクをするテクニカルなペンドラの方
反転して粒高での変化と裏ソフトでのドライブを組み合わせて得点する攻撃多用のペン粒ユーザーの方、
相手によってペンドラ、ペン粒を使い分ける方
にもおすすめです。
粒高ラバーと裏ソフトの組み合わせによって掛け算式にプレーの幅が広がり、ワンランク上のペンドラ、ペン粒として戦うことが可能です。

◆まとめ
シェークドライブ型全盛期の今日、ペンドラ人口は減少傾向にあります。
そのペンドラの中でも裏面技術の発展により片面のみのペンドラは非常に珍しくなってしまいました。
さらに片面ペンドラの中で檜単板以外のラケットでプレーする選手は吉田選手を含めて本当に貴重な存在です。
その貴重なプレースタイルのために設計されたこの「吉田海偉」は2006年の発売から8年の歳月が経過した今も、ペンドラ選手のラケットの選択肢の1つとして唯一無二の存在としての輝きを放っています。
全てのペンドラ選手に1度手にとって頂きたいラケットですね。