ラグザX


























投稿者:ヨーロピアン


ラクザX(黒MAX)レビュー

ラケット:アコースティック

ヤサカの新商品ですが、第一印象は思ったほど硬くないでした。

ラザントパワーグリップ、オメガVツアーなどと比較すると、かなり軟らかい印象がありました。
メーカーの言う硬度よりも5度は軟らかいと思いました。
それでも重さは、結構あり、テナジー05より重かったです。

ラクザ7と比較して、ラバーの世代が違うため、一概には言えませんが、強打時のボールがXのが回転がかからないと感じました。また、ボールが弾道も直線的に飛ぶ感じがします。ただし、相手コートで一気に沈むため、オーバーはしにくいと感じました。

Xは他のラバーと比較して、弾道が低く、ボールが相手のコートで沈む感じがします。軟らかいので、ぶつけて打つと、快速ボールが打てるのですが、オーバーはし難いです。
ただし、少し離れて打つと、直線的なので、とにかくボールが飛びません。途中で失速するか、浅い所へボールが入り、相手にチャンスを与える事がありました。
ラクザ7はボールが伸びて入る為、逆にオーバーはあってもネットミスはし難かったのですが、Xは逆だと感じました。

Xはコントロールが非常に良く、弱い打法、特に中打ぐらいまでの技術ではボールがギュンギュン走ります。弾道は直線的なので、ボールが体感的にも速く感じますが、オーバーしにくく、打ったイメージだとフォアやバックで連打するスタイルの人には良いと思います。
ただし、中陣で強く打ちあうのなら、別のラバーのが合っている人も多いのではないでしょうか?
また、このラバー、打球音が非常に良く感じました。
特に、バックでブロックしているときに、金属音がなっていました。
バックで使っているときに、思ったのが、バックで軽く回転をかけて返球しているときは、ネットミスに気をつければ、オーバーは少ないのが印象深かったです。
コートにボールが入りやすかったのですが、威力を求めない技術でなら、このラバーは非常に高い性能を発揮すると思います。

特に優れていたのはバックでの技術です。おおよそバックハンドで求められる全ての技術をこのラバーはやりやすく、威力を出せます。
中陣からの盛り返しも弾丸のような盛り返しは難しいですが、オーバーし難い飛行曲線で、やりやすいと感じます。何よりブロックと、中打の連打がやりやすく、下回転も滑りにくいので、使っていて安心感がありました。

台上・サービス:台上は何の不満もなく出来ますが、切れる感覚はパワーグリップのが上です。シートが軟らかいので、コントロールが良いのですが、切れ味を求める人には向いていないかもしれません。サービスはそこまで強くぶつけてかける選手でなければ十分です。
パワーグリップのようなシートだけで強烈にグリップするなら話は別ですが、非常にグリップ感が強く、サービスもよく切れました。

おススメ:バックハンドのシェークにぴったりです。
フォアならばあまり台から離れないタイプが良いと思います。
ラケットは木材なら前でやらないと失速感があると思います。

プラスティックボールでの試し打ち:ボールの失速感が大きく、中陣ではカーボンでないと厳しいと感じました。
前陣では大差ありませんが、若干ボールが速く感じます。前陣ではボールの変更を気にする必要がなくなったと言っても過言ではないとこのラバーなら感じました。