キョウヒョウ晧


















投稿者:ザーシー


キョウヒョウ皓-中国式(紅双喜)

◆自己紹介
・卓球歴 10年
・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

◆試打環境
・使用ラバー
キョウヒョウ3-50 35度 2.1mm 黒
キョウヒョウNEO3 39度 2.2mm 黒
キョウヒョウNEO2 39度 2.2mm 黒
テンキョクNEO3 39度 2.2mm 黒
テンキョクNEO2 39度 2.2mm 黒
スピンアート 厚 黒
VS>402 Double Extra 1.8mm 黒
テナジー05、64、80、05FX 厚 赤
ファスタークG-1 厚 赤
ラザントパワーグリップ 1.9mm 赤
ラザントパワースポンジ 1.9mm 赤
エボリューションMX-P 1.9mm 赤

・比較ラケット
王皓(ニッタク製)
キョウヒョウ王-中国式
馬琳エキストラオフェンシブ-中国式
馬琳カーボン-中国式
インテンシティNCT-中国式
クリッパーウッド-中国式
吉田海偉
エキストラウィング
チャイニーズEX

◆第一印象
王皓選手は世界選手権優勝、オリンピック3大会連続銀メダル獲得、グランドファイナル優勝、ワールドカップ優勝など輝かしい戦績を卓球史に刻み、最強中国のトップに長らく君臨し続けているレジェンドプレーヤーです。
一般的にバックハンドの操作性がネックとなり今ではかなり希少となったペンホルダーですが王皓選手は裏面打法を駆使して、そのネックを逆に強力な武器として生かして世界王者に上り詰めました。
そんな王皓選手モデルとして開発されたラケットがキョウヒョウ皓です(現在、王皓選手が使用しているかどうかは正確な情報が無い為ここでは省略させて頂きます。)
上板は灰色に染色され5.7mmという板厚は両面に裏ソフトを貼っても振り抜きの操作性を失わずにボールに威力を十分に出すことができる絶妙な厚さに設計されています。
ラケットのグリップは横長で平べったい形をしていて親指と人差し指を同じ深さに揃えるオーソドックスなグリップで握ると若干の違和感を感じます。
王皓選手は人差し指を深く入れ、親指をさらに深く入れて握っているようで(卓球王国2012年5月号参照)そのグリップで握ると裏面の角度が出しやすくなります。 
その代わり、表面ラバーでのプッシュやブロックなどはほぼ出来ません。
裏面打法専用のグリップでプレーすることを前提として設計されているラケットだと思います。
その他の部分はキョウヒョウ王とほとんど共通しており、レンズは表に紅双喜ロゴ、裏は王皓選手の顔が描かれています。
グリップエンドには「狂飈皓」の文字が入ったエンブレムが配置されています。
キョウヒョウ王同様にグリップエンドにラケット名が入るという秀逸なデザインです。
箱は厚みのある丈夫な紙で出来ており、真っ赤な背景に王皓選手の闘志に満ちた表情が見る者を圧倒します。
また側面にはマグネットが仕込まれておりラケットを収納して開け閉めが出来る構造になっています。
雑に扱わなければそのままラケットケースとしても使えそうな高級感のある箱もこのキョウヒョウシリーズに共通する嬉しい特典です。
裏面打法の代名詞としても名高い王皓選手モデルのラケットということで非常に期待が高まります。 


◆攻撃系技術
打球感は王皓(ニッタク製)よりもややハードに感じますが、キョウヒョウ王よりはソフトに感じます。
前述したように両面に裏ソフトを貼っていても振り抜きやすく操作性が高いです。
ドライブは非常に回転がかけやすく威力があるボールを連続して打つことが可能です。
ボールは山なりの弧線を描き非常に安定感があります。
裏面ドライブはカーブやシュートなどの多彩な球種がかけやすく回転量も多い為非常に強力な武器となります。
特に裏面カーブドライブは相手コートで大きく曲がり相手ラケット上でも大きく変化します。
また裏面ドライブが驚くほど安定してやりやすいのもこのラケットの特徴です。
また、意外だった点が裏面に硬いラバーを貼っても裏面ドライブがやりやすかったことです。
テナジー64FXやラザントグリップなど柔らかいラバーの方が適していると思ったのですが、テナジー05やラザントパワーグリップなどの硬いラバーでも非常に安定した裏面ドライブが可能でした。
加えてフォアドライブとバックドライブの切り返しもスムーズにできるので、キョウヒョウ皓はやはり裏面打法による両ハンドドライブ用に開発されたラケットだと思いました。
キョウヒョウ王は力の入れ具合やスイングの速さでドライブの一撃の威力を出すことができるラケットでした。
それに対してキョウヒョウ皓は威力と操作性の高さを両立することにより、回転量が多く安定した両ハンドドライブの連打が可能なラケットだと思いました。
ドライブの一発の威力を重視するならキョウヒョウ王、多彩な球種のドライブを両ハンドで連打するならキョウヒョウ皓がそれぞれ適していると思います。
(王励勤選手は威力重視のキョウヒョウ王でドライブの連打、王皓選手は連打重視のキョウヒョウ皓でフォア、バック裏面共に一撃ドライブを得意としていた印象があります。
ラケットの性能と自分の得意分野を上手く組み合わせているように感じます。)
またスマッシュも振り抜きが良いのでやりやすいです。
私はまだ技術不足の為ボールに威力がだせずあまり上手くはできませんが、上級者なら威力のある裏面スマッシュも可能だと思います。
両ハンドスマッシュが可能になれば非常に強い武器になります。
キョウヒョウ皓はドライブだけでなくスマッシュでも操作性の高さを発揮します。

◆守備系技術
ブロックは操作性の高さからバック裏面ブロックも可能な為、守備範囲が広くなり高い防御力を誇ります。
ラバーを両面に貼ることにより重量が増えるため為相手ボールの威力に大きく押されることもありません。
気を付ける点としてはバックで裏面ブロックをする場合、ミドルにラケット角度を合わせることが難しくなる為注意が必要です。
ミドルへ打ち込まれた場合の対策はキョウヒョウ皓に限らず他のラケットでも裏面ブロックを使用する以上は課題になります。
その点を上手く攻略できればキョウヒョウ皓での裏面ブロックは非常に強力な守備技術となるでしょう。
カウンターもブロックと同様に高い操作性と重量によって打球範囲が広く相手ボールに押され難いためガンガン狙っていけます。
下げられた場合のロビングなども守備範囲の広さからボールを拾いやすいので粘ることが可能です。
裏面のやりやすさによって守備範囲広がることはこのラケットの非常に優れてる点だと思います。 


◆台上
台上での操作性の高さはキョウヒョウ皓のもう1つの大きな特徴です。
フォアでの台上もやりやすいですが、裏面ストップや裏面ツッツキ、裏面フリックなどの裏面台上技術はラリーでの主導権争いの際に非常に強力です。
そのなかでも特出すべき技術は裏面チキータです。
近年シェークドライブ型の台上バックドライブやチキータが非常に強力な技術として注目を集めています。
ペンでは難しかったこれらの技術も裏面を駆使すればシェークと同様かそれ以上に強力な武器となるかもしれません。
抜群の裏面のやりやすさを誇るキョウヒョウ皓は台上でも裏面打法の威力を最大限に発揮します。

◆サーブ、レシーブ
サーブは他の5枚合板ラケット同様にボールに回転をかけやすい為どんなサーブでも安定して放つことが可能です。
また裏面でのサーブは球種に多彩なバリエーションを増やすことができ、意外性も加わって非常に強力な武器となります。
レシーブは裏面打法によって台上バックドライブや裏面チキータなどより攻撃的なレシーブが可能です。

◆おすすめプレーヤー、ラケット構成
A、裏面打法を駆使した両ハンドドライブでプレーする方におすすめします。
王皓選手モデルとして裏面打法でのプレーを前提で設計されている為、裏面技術に最大限の威力を発揮します。
フォアに中国製粘着性裏ソフト、バックにスピン系テンション裏ソフトを組み合わせれば、威力と高い操作性の両立によりシェークドライブ型のような両ハンドドライブの連打をペンホルダーでも実現できます。

◆まとめ
ペンホルダーは年々減少傾向にありその理由の1つとしてバックの難しさが上げられてきました。
そのバックの弱点克服を図る為、中国が開発した技術が裏面打法です。
王皓選手はその裏面打法を完成形として高め、自由自在に操り数々のタイトルを獲得しました。
そんな王皓選手モデルであるキョウヒョウ皓はフォアバック両面にラバーを貼っても強力な威力と高い操作性を両立できる絶妙な設計が施されていて、まさに裏面打法の為に開発されたラケットであると思いました。
これから裏面打法に挑戦する方にも、裏面打法にさらに磨きをかけようと思っている方にもぜひ一度手にとって頂きたいラケットだと思いました。