キョウヒョウ龍
























投稿者:ザーシー


キョウヒョウ龍-FL(紅双喜)

◆自己紹介
・卓球歴 10年
・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

◆試打環境
・使用ラバー
キョウヒョウ3-50 35度 2.1mm 黒
キョウヒョウNEO3 39度 2.2mm 黒
キョウヒョウNEO2 39度 2.2mm 黒
スピンアート 厚 黒
VS>402 Double Extra 1.8mm 黒
テナジー05、64、80、05FX 厚 赤
ファスタークG-1 厚 赤
ラザントパワーグリップ 1.9mm 赤
ラザントパワースポンジ 1.9mm 赤
エボリューションMX-P 1.9mm 赤

・比較ラケット
キョウヒョウ王-FL
キョウヒョウ皓-FL
キョウヒョウ龍2-FL
コルベル-FL
ティモボルALC-ST
インナーフォースALC-ST

◆第一印象
数々の国際大会や中国国内大会で多くのタイトルを獲得し、張継科選手、 許義手とともに現在の中国男子チームの主軸を担う若手最強選手の一人が馬龍選手です。
その鍛え抜かれた身体を駆使した強烈なフォアハンドドライブは中国国内でも随一の威力を誇り、同国内の選手や他国のトップ選手を圧倒しています。
そんな馬龍選手モデルのラケットの第一弾として発売されたのがこのキョウヒョウ龍です。
紅双喜のキョウヒョウラケットシリーズといえば、キョウヒョウ王やキョウヒョウ皓に代表されるような高級純木材ラケットのイメージが強いですが、このキョウヒョウ龍は特殊素材ラケットです。
他メーカーの表記で言うところのアリレートカーボンやアラミドカーボンと同じ特殊素材が使用されており、強い弾みと安定性を両立したその高い性能から、トップ選手からジュニア選手まで幅広い層のプレーヤーに支持されています。(ここではアリレートカーボンと呼称します)
また日本選手やヨーロッパ選手達のような両面にスピン系テンションを貼る組み合わせと、中国選手のようなフォア面に粘着性+バック面にスピン系テンションを貼る組み合わせの両方に相性が良いのも人気の理由の一つです。
上板は灰色に染色されていてアリレートカーボンがアウターに配置されています。
6.1mmというやや厚めの板厚からは力強いドライブが打てそうな印象を受けました。
板厚が厚いためかグリップはやや太めな印象を私は受けました
また重量も90g超と重めなので、全体的にゴツいラケットに感じます。
グリップエンドには馬龍選手の顔が描かれたレンズが配置されています。
箱はキョウヒョウ王やキョウヒョウ皓と同じ厚みのある丈夫な紙で出来ており、真っ赤な背景に馬龍選手の勇ましい表情が描かれています。
また側面にはマグネットが仕込まれておりラケットを収納して開け閉めが出来る構造になっています。
雑に扱わなければそのままラケットケースとしても使えそうな高級感のある箱もこのキョウヒョウシリーズに共通する嬉しい特典です。 

◆攻撃系技術
まず第一に弾みがかなり強いと感じました。
アリレートカーボンやアラミドカーボンを搭載したラケットは現在最も人気のあるラケットで各メーカーからそれぞれ同タイプのラケットが販売されています。
その同じアリレートカーボンのラケットの中でも最速の部類にキョウヒョウ龍は位置すると思います。
カーボンのみを搭載したラケットのような弾みの強さを誇るため中後陣からの打球も失速せずぐんぐん伸びていきます。
非常に威力のあるボールを打つことが可能な反面、その制御は難しいです。
またアリレートカーボンラケットにしてはややハードな打球感に感じました。
アリレートカーボンラケットは強い弾みと高い安定性がウリですが、キョウヒョウ龍は他のアリレートカーボンラケットに比べさらに弾みを強くした分やや安定性に欠けるような印象を受けました。
ラケットに使いやすさを求める方よりも、ボールの威力を求める方のために作られたラケットだと思います。
まさにハードヒッター用のラケットという印象です。 
キョウヒョウ王はスイングによってボールの威力と安定性の調整が可能なラケットで、キョウヒョウ皓は安定した連打で相手を崩すことに向いたラケットという特徴をそれぞれ持っているように感じました。
このキョウヒョウ龍は安定性を自分の腕でカバーする代わりにとことんボールの威力にこだわったラケットだと思いました。
そのため制御できる腕前がないプレーヤーが使用した場合、強い弾みによってボールが全く安定しません。
私は打球を安定させるのにかなり苦戦しました。
しかし上級者が使用した場合は非常に威力のあるボールを打つことが可能です。
特にドライブは相手を一発で抜き去ることが可能な程強力になります。
またこのラケットのもう一つの特徴が回転が非常にかけやすいことです。
弾みが強く安定させるのが難しい場合、回転も掛けにくい印象を受けますが、キョウヒョウ龍はよく回転がかかります。
キョウヒョウシリーズに共通する特徴として回転のかけやすさがありますが、キョウヒョウ龍にもその特徴はいかされています。
そのためボールを制御できればスピードとスピンが両立された非常に強力なドライブを打つことが可能です。
有り余るスピードとスピンを制御できるかどうかが性能を引き出すカギになるというまさに上級者用のラケットだと感じました。

◆守備系技術
カウンターが非常にやりやすいです。
ブロックは攻撃技術同様に安定させるのは難しいです。
しかしカウンターは強い弾みによって相手の威力に負けないボールとなるため、非常に威力が高いです。
また強い回転がかかるため、相手ボールの回転を上書きすることも容易です。
ブロックよりも確実にカウンターのほうが向いているラケットだと思いました。
またブロックの場合はサイドスピンブロックなどのスピン系のブロックのほうが回転のかけやすさを活かせるので良いと思います。 

◆台上
好印象だったのはフリックと深いツッツキです
回転がかけやすいためどちらも非常に強力な武器になります。
チキータも回転系の技術ですが、やや安定させるのが難しいため慣れが必要です。
またストップはボールが浮きやすいので注意しましょう。

◆サーブ、レシーブ
回転がかけやすいためスピン系のサーブに威力を発揮します。
また弾みの強さからロング系のサーブも好印象でした。
ただ特殊素材の強い弾みによって、 スピン系のサーブは思わぬところでボールが飛び出すことがあるので注意が必要です。
しかしその点を踏まえても全体的にサーブが得意な部類のラケットだと思います。
レシーブは相手の回転の上書きが得意なため台上同様フリックとツッツキが良かったです。

◆おすすめプレーヤー、ラケット構成
A、現在アリレートカーボンラケットを使用していて、今よりも少しボールの威力をあげたいと考えていらっしゃる方におすすめです。
制御が難しくなる代わりに、ドライブなどの威力が格段にアップします。
アリレートカーボンは強い弾みと安定性が魅力ですが、
そのワンランク上の攻撃力が欲しい方にぜひ試して頂きたいです。

B、両面スピン系テンションやフォア面に粘着性など、フォアに回転重視のラバーを使用しているプレーヤーにおすすめです。
両面スピン系テンションを使用しているなら日本人選手やヨーロッパ選手のようなオールラウンドプレーが可能になります。
フォア面粘着性+バック面スピン系テンションという組み合わせにすれば中国選手のような超回転プレーに威力を発揮します。

◆まとめ
キョウヒョウ王やキョウヒョウ皓は同じ木材ラケットのなかでもそれぞれの特徴によって上級者向けに作られていました。
キョウヒョウ龍は特殊素材ラケットなのですが、やはり同じアリレートカーボン使用者でもより上級者向けに作られているような印象を受けました。
紅双喜のラケットは確かに値段がネックになります。
しかしその価格の価値は十分にあると思いました。
ワンランク上のラケットを求めるプレーヤーにはぜひ試して頂きたいです。