images










投稿者:ヨーロピアン


エボリューションMX-S
ラケット:アコースティック

ティバーの最新世代の回転系スピンテンション?ということで回転に特化したスピン系テンションです。さぞかし強い回転がかけやすいのだと思います。

シートの見た目はラザントパワーグリップのように艶消しされた、サテンシートです。
開封した時点で、少しチューニングがいきすぎてるのか、スポンジがヌメヌメしています。

まず、全体的な硬さですが、スポンジが硬く、シートは中くらいです。ラザントパワーグリップほど硬くはありません。むしろシートが変形しやすく、スポンジが凹まない為、シートに引っ掛けて打つのが正解なのかなと思います。

使用感:スポンジが想像以上に硬く、しかしシートは軟らかいので、食い込ませるのが難しく、飛びにくいラバーでした。
ループのような技術は非常に回転がかかるのですが、反面引き合いやスピードドライブは少々癖が強かったです。
特に攻撃ではスマッシュは打ちにくく、逆に下回転打ちは最高にやり易かったです。

このラバーの良いところは薄い当たりの時に最高の性能を得られる所です。
よって、サービス、下回転に対するループ、チョリドラ、ロビング、カーブロング、ツッツキ、ストップなどでは性能を発揮しやすいです。
逆に引き合い、強打、スマッシュ系、フリック、ブロックなどは癖も強く、硬いので慣れないと難しいと思います。

パワーグリップに近いと思いましたが、パワーグリップの弱点である弱いインパクト時に全く性能を発揮しない、硬すぎるなどの欠点をある程度克服しています。その代わりに回転の威力を少し落とし、ボールの飛びをマイルドにした感じです。
パワーグリップマイルドという感じです。
メチャメチャ扱いにくいという感じではありませんが、使う人はかなり選ぶと思います。
バックには不向きだと感じたので、カットマンやサービス、ツッツキ、ループドライブなどで点数を取るタイプの選手には向いているかもしれません。