bluefirejp01-turbo


















投稿者:ヨーロピアン


ブルーファイアJP01ターボ 黒MAXレビュー

ラケット:アコースティック・アコースティックカーボン・アコースティックカーボンインナー

使用感:プラボールになってから色々使いましたが、ブルーファイアJP01ターボ(以下01ターボ)が非常に良いラバーだと聞き、使用してみました。

まず、はじめに使用して思ったのが、弾むのに回転がかかるという事です。今まではGFT、パワーグリップ、ラクザなど弾むが回転はイマイチ、回転はかかるが、プラボールだと扱いにくいなどの不満があったのですが、この01ターボはそういった不満点が出てきませんでした。
弾むし、回転がしっかりかかるというのは非常に今の時代求められる性能ですが、ラクザXやファスタークP1も非常に良いと思いますが、この01ターボはそれよりも少し上のレベルで良さがありました。

攻撃技術:まず、フォアで使った時のドライブ性能が優れていて、下回転打ちも引き合いも非常に良いです。
下回転打ちはラザントパワーグリップのようにガッツリかかり、上回転はラクザXやファスタークP1のようです。しかしフラットに打つと、ラザントグリップのような弾みの良さを感じます。
特にアコースティックのようなラケットに貼るとボールをしっかり持つので、コントロールに優れ、ちょっと弾むアコースティックカーボンやカーボンインナーに貼ると、上回転は非常に威力が出て、打ち負ける気がしません。
ドライブの早さはテナジー05以上かも知れません。

ただし、カウンターや、低いボールを持ち上がるのが少々コントロールが必要で、そこはラケットや技術で補う必要があると感じます。とにかく回転量とドライブの一発のスピードが早くて、回転もかかるので、驚きました。

守備・台上など:やりにくかったのが、ブロックとツッツキ、サーブです。飛ぶので抑えるのが神経を使います。
アコースティックだと特に回転の影響をもろに受けるので、少し軸を外さないとオーバーミスしてしまいます。
サーブは短くコントロールするのがコツが必要で、性能が高い分、コントロールするのに時間が必要です。

あと、カットが切れます。パワーグリップも切れますが、弾みますのでコントロールが難しいですが、切れた時の回転量は01ターボのが上だと感じます。

おすすめはとにかく攻撃力を求める選手とテナジー05からの乗り換え選手です。
威力については間違いなく、現状のドイツ製の中では頭一つ抜けていますし、ボールを持つ感覚さえ慣れれば(使いこなせば)非常に良いボールを出せます。
ラケットは一番しっくりきたのはカーボンインナーですが、カーボンだと一発の威力がありますので、悩ましいところです。
アコースティックだと少しボールを持つ分、中陣でのドライブマンには合うと思います。

総合的に見ても高性能なラバーだと思います。
特にドライブ性能だけならテナジーに負けていないと思います。