V>15EXTRA





























投稿者:ヨーロピアン



V>15エキストラ MAXレビュー

ラケット:アコースティック

ラバーの第一印象:思ったよりも硬く、コシがあるラバーです。しかしシートの粒形状は完全にスピード系で、回転をかけると飛距離が結構出ます。
ラザントグリップと印象が近いですが、差が何かあるか確認したいと思います。

攻撃技術など:まず、ラザントグリップよりも若干硬く、回転も少しかかる気がします。
ただし、当てるだけだと硬さが災いして、回転の影響をもろに受けるので、バックよりもフォア向きかなと思います。ラザントグリップはバック向きだと思いましたが、フォアなら15のがいいです。
スピードはかなり速いです。ドイツ系の中ではかなり速いと思います。かと言って、滑る感覚は殆ど無いので比較的フォアでは使いやすいと思いました。
バックだと、ドライブをかける選手もですが、強くミートする選手におすすめしたいです。合わせるブロックだとちょっと硬いので選手を選ぶと思いました。
ラケットがそれほど弾むタイプではないので回転をかけると非常に感触が良いのですが、硬いラケットや弾むラケットは暴走するかも知れません。
弾みは強く打てば強く打つほど速くなると感じました。ただし、弾みすぎるので、フォアで使うならまだいいですが、バックは使う人は選ぶと思いました。
打球感は硬めの割に、金属音が強打でします。また、食い込んで飛び出す感触が比較的弱いインパクトでも味わえるので、厚く当てるドライブマン、ミート系打法には良いと思いますが、逆説的にラケットによっては飛距離がかなり出るので、扱いが難しく感じる時もあると思います。
カウンターはちょっと難しく感じました。カウンターは飛距離が出るので、少し打点を早くするか、引き合いに持っていくといいのですが、どちらも技術レベルは高めなので、回転系ラバーに比べるとあまり使いやすいとは思いませんでした。

守備技術・台上処理:ブロックは弾みとスポンジが硬いので、ちょっと飛び過ぎかなと思います。もう少し扱いやすいとバックでも使いやすかったです。ラザントグリップの方がマイルドで使いやすかったです。
シートの感触はラザントグリップとほぼ同じなので、ツッツキの切れ味やストップのやりやすさは同じですが、特にスポンジが硬いので、サーブが結構かかります。
強く当てるサーブは特によく切れます。
サーブマンにはお勧めです。また、シートは柔らかく、スポンジが硬いので、細かな技術は弾みますが、結構切れるので、台上処理の安定感は非常に良いと思いました。

おすすめのスタイルとしてはフォアでガンガン強く打っていくタイプの人。
中陣で打つスタイルの選手におすすめします。