ラザントビート


















投稿者:ヨーロピアン

Rasant Beat(赤MAX)レビュー

ラケット:アコースティック

第一印象:思ったほど、柔らかくないが、回転をかけると食い込む感触が強い。
ボールを持つが、回転は多くはかからない。

ドライブなど:フォアで使うと、ボールが山なりにならず、どちらかと言うと直線的に飛んで、ボールが真っ直ぐ飛び出します。
狙った方向へ飛んでいきますが、回転をかけてもあまり不自然に上方向へ飛び出さない為、フラット系の打法の方がコントロールしやすいと思います。
フォアで使うには柔らかいので、強くインパクトして、連打するタイプにいいと思います。
ボールのスピードは速いですが、飛距離は出ないため、前陣でカウンターや強打で攻める人にはいいですが、ごく一般的な前陣ドライブマンだと自分から回転を作る性能では他のラザントなどに比べると低いかなと感じました。
ただし、その相手のボールを利用する性能はバックハンドで活きます。バックハンドのカウンター、下回転打ちなどはやりやすさを感じます。自分から攻撃するには柔らかすぎですが、相手のボールを利用して回転を作るには非常に適しているため、バックハンドで先手を取る選手にはマッチすると思います。

守備技術・サーブレシーブ:ブロックは少し飛び過ぎですが、カウンター気味にブロックすると決定打になるため、ハイリスクな前陣卓球を目指すなら、良いと思います。逆に相手の回転を利用したプレーにも良いので、ブロック全般に相性は良いと思います。
ただし、前述の通り、飛びますので、力のコントロールが難しいです。ニッタクのプラスティックでしたが、柔らかいラバーにありがちなボールが滑る感じはブロックには無いです。あと、金属音が結構鳴りますので、爽快な気分でブロックが出来ました。
サーブはあまり回転がかかりません。特にショートサービスは勝手に飛ぶので、抑えると回転も抑えることになり、思い切って切れませんでした。
レシーブもやはり良く飛ぶので、ストップやツッツキは回転をしっかり判断してレシーブすることを要求されます。

使うレベルを選ぶラバーでは無いのですが、ラリーは初心者から上級者まで使いやすいです。
しかし、細かい部分(サービス・ストップなど)や回転をかける技術を学ぶにはこのラバーは少し回転に鈍感だと思います。
相手のボールを利用する事を覚えた中級者以上に使っていただきたいラバーです。

金属音が鳴るので、ペンのフォアでスマッシュ型の人には気持ちよく打てるので良いのでは無いでしょうか?
また、シェークのバックにも、ブロックがやりやすいので、良いと思います。 


ラザントビートの詳細はこちら