トランスフォーマー


















投稿者:ぬりかべ


der-materialspezialist社 TRANSFORMER(赤・1.5mm)
 ※DONIC社デフプレイクラシックセンゾー中国式に貼りました。裏面はラザントパワーグリップ(黒・1.7mm)です。
 ※このほかにも、スウェーデンカーボン中国式(裏面はT-REXハードスポンジ)にも貼りました。
 ※スポンジ厚の影響を見るために、赤・1.0mmをバイオリン中国式に貼って比較しました。裏面はキョウヒョウPRO(黒・中厚)です。

1.ざくっとレビュー
 アンチ系粒高に最も近い変化を出せる、超低摩擦・低反発アンチラバー。

2.第一印象
シートを横から見てみると、異様にシート表面部分が薄く、粒がかなり高め。粒高ラバーをさかさまに貼ったような感じです。形だけはノイバウアー社のゴリラに似た感じですね。表面を触ってみると摩擦力はほとんどなく、硬く感じます。スポンジは黒く着色されており、気泡が大きく軟らかいように感じました。なお、カット前の重量は41g、中国式ラケットに根元から1.5儚けて貼って26gでした。スポンジの厚さから考えると、かなり軽いと言えますね。
 球突きをしてみると、本当に弾みません。回転をかけようとするとほんのわずかにかかる程度。アンチ系粒高と同程度の摩擦力です。シートで「滑らせて」スポンジで「止める」という印象を受けました。
 なお、1.0mmの方が球突きをした印象ではよく弾み、WRMさんの紹介の通り、スポンジが厚くなるほど弾まないようです。

※( )内の点数は、1.0mmのものです。
※点数は、すべて粒高・アンチとしての点数です。
3.攻撃技術
 プッシュ 6.5点(7.5点)
 スマッシュ 7点(7.5点)
ドライブ  −点(評価不能)
 プッシュに関しては、ラバー自体が低弾性であるためスピードは控えめです。また、スポンジが威力を吸収するような感覚があり、スイングを速くしてもさほどスピードは上がりません。ただし、ブロックのところでも述べているように相手の回転をほぼ反転していることもあり、打ち方によっては粒高の弾道とかなり違ったものになります。ボール真後ろをとらえると回転はあまり残りませんが、ボールの横や斜め下をとらえると回転がかなり残り、下回転へのプッシュは低く沈むような弾道になり、横回転へのプッシュは揺れたり曲がったりと大きめの変化が出ます。問題はナックル性のボールに対するプッシュ。これはどうあがいてもナックルにしかなりません。ただし、早い打点で上から打ち下ろすように押すと、うちの選手に言わせれば「重く・弾道がぶれるプッシュ」になります。スピードよりも打点の速さや変化を意識したプッシュの方が適していますね。1.0mmでは、板で打っているような感覚があり、変化を保ちつつもスピードが向上しました。

 スマッシュも、プッシュと同様にスピードは控えめです。ただし、球質が「どナックル」になったり、相手の回転を残して返ったりと、球質のいやらしさは類を見ません。うちの外部コーチも「あれは入ったらとれんわ…」とおっしゃっていました。また、スポンジが入っている分球持ちがよく、シートのスリップに慣れれば、粒高よりもコントロールしやすいように思いました。1.0mmでは、球持ちが短くなり、安定感は若干落ちるもののスピードは向上し、球質はさらに取りにくくなっているように感じました。

 ドライブに関しては、ナックル性のボールに対しては全くかかりません(当然ですね)。しかし、切れた下回転に対しては、そのまま反転するためにかなりの前進回転がかかります。余談ですが、トップスピンに対してドライブのフォームで打ち返すとバックスピンで返るため、練習相手は「フォームは普通なのに、弾道とスピンが異常ですっごく取りづらい。」とこぼしていました。ドライブとしての評価は難しいのですが、「カット打ちはしやすい」「ドライブのフォームで打つと変なボールが出せる」というところでしょうか。

4.守備技術
 ブロック 9.5点(8点)
 ツッツキ −点(評価不能)
 まず、シート表面に摩擦力がほとんど無いため、ブロック時にラケットを少しでも下に向けるとネットミスどころか自分のコートに打ち込むことになります。また、反発力も極めて低いため、粒高と同じ感覚で打つと相手のコートに届きません。今はルールで禁止されているアンチ系の粒高よりも低反発で低摩擦と思われます。あまりに極端な性能を持っていますが、これがブロック時には素晴らしい効果を発揮します。,泙困六澆瓩笋垢気抜群であること。回転に押されることが全くないため、回転の量によって角度やスイングを変える必要がほとんどありません。また、スポンジがボールのスピードを吸収してくれるため、2バウンドブロックもやりやすいうえ、フラット打ちにも強めです。⊆,縫好團麋薪称未大きいこと。ほかの粒高のように自分から回転をかけることはできませんが、相手の回転をそのまま返すような感覚があります。そのため、粒高に慣れているうちの選手も、ドライブ対ブロックの練習では何本もネットに引っかけるどころか自分のコートに打ち込む始末。その選手曰く「切っている感じがないのにものすごく切れてくるからやりにくい」だそうです。基本的には当てるだけでスピンを反転してくれますが、まっすぐに当てると回転を打ち消してナックルにすることもできますし、ラケットを横や下にスライドさせてボールの勢いを殺すように打つとスピン反転量がかなり多くなります。ブロックのうまい選手が使えば、回転量の変化でも相手をかなり惑わすことができるかと思います。1.0mmでは、ボールが直接板に当たるような感覚があり、ボールの飛び出しが良くなってしまい、オーバーミスが増えるように思いました。1.5mmよりも角度を抑える必要がありそうです。ブロックに関しては、1.5mmの方が良いと感じました。
 ツッツキは…まったく切れません。それどころか、下回転を反転するためにツッツキのフォームから上回転が出ます。相手も初めの何本かは下回転と勘違いしてくれることが多く、ツッツいて浮かしたりオーバーミスしたりしていました。試合中何本も使える技術ではありませんが、チャンスメイクするにはかなり効果的です。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術点 8点(8点)
レシーブ点 8点(7点)
 サーブ −点(評価不能)
 レシーブに関しては、ブロックと同様に回転やスピードの影響が少ないため安定感が抜群です。また、切れたサーブに対してラケットを横にスライドさせたり引いたりしてボールをシート表面でスリップさせると、アンチ系粒高のように回転を残したままボールが曲がったり、揺れたりと大きな変化を出せます。プッシュのところで述べたようにナックルサーブに対しては変化がつけにくくなっています。早い打点で打ち下ろすように押すと、重いナックルボールが出せるので良いのですが、打点が遅れてしまうと遅いうえに山なりの弾道のレシーブになってしまい、相手に簡単に上から叩かれてしまいます。頂点前〜頂点で打球できるといいレシーブになりますが、打点が頂点より後ろになると厳しいですね。1.0mmは、自分のレシーブのスピードが出る代わりに相手のボールのスピードの影響を受けやすくなっており、安定性が落ちるように感じました。ロングサーブに対しては、ブロックと違ってラケット角度を抑えるのではなく、ラケットを引いたりスライドさせたりしてボールの勢いを抑える必要があるかと思います。高い打点でとらえたときのレシーブは変化もスピードもあるので、決定率は1.5mmよりも高くなるように思いました。
 台上技術では、特に良いのはリフトでした(シェーク持ちして使いました)。極薄以上に回転を無視できるうえ、相手の回転を残したまま返るので、安定感・決定率ともに高めです。1.0mmでは特に打ちやすいように感じました。フリックでは、ラケットの面を開き、シートの表面でスリップさせるように流し打つと横揺れの大きな変化が出ます。ストップでは、こちらから回転をかけることはできないものの短く低く止めることができるので十分に得点源になりました。
 サーブに関しては、シートの引っ掛かりがないうえに弾まないため、粒高のような高速ナックルサーブはかなり出しにくくなっています(1.0mmならある程度可能ですが)。低い弾道のナックルサーブを出すにはいいのですが…。

6.ラケットとの相性
 1.5mmをスウェーデンカーボン中国式に貼り、ラケットの弾性を大幅に変えたものの、若干弾みが良くなる程度で跳びすぎるという印象はありませんでした。ただし、スピン反転量は若干落ち、ナックルの割合が増えたように感じました。安定した返球という点ではラケットを選ばないように感じましたが、変化の大きさは弾みによって変わるように思います。
1.0mmや0.6mmは貼るラケットの性能に比例して弾みが変わるかと思います。

7.お勧め構成
 まず、ラバーに回転をかける能力が全くないので、回転のかかる裏ソフト(粘着または回転系テンション)と組み合わせることが前提になるかと思います。そのうえで
 ・守備の安定性と変化を重視したい場合は1.5mmを守備用ブレードに
 ・ナックル攻撃を重視したい場合は1.0mmか0.6mmを貼るか、1.5mmを攻撃用ブレードに
と組み合わせると良いかと思います。

8.どんな人にお勧めか
 何と言っても、禁止になる前にアンチ系粒高を使っていた選手ですね。今までに使ったラバーの中もっともアンチ系粒高に近い変化が出ると感じました。ただし、打球感やラケット角度が粒高とかなり違うので、慣れるまでには結構時間がかかるかと思います。
 次にお薦めしたいのが、バックでのレシーブを苦手としている選手。回転やスピードの影響をほぼ無視できるので、一定の角度を出せるようになれば、ほとんどのサーブは安定して返せるようになります。試しに初心者に使わせてみましたが、ラバーに対する先入観がないぶん、2・3年生より慣れるのが早かったように思います。
 粒高での守備をメインとしている選手にももちろんお薦めできますが、シート表面でスリップさせたときに一番変化が出ますので、カット性ブロックや横回転ブロックができる中〜上級者の方が真価を発揮できるかと思います。

9.総合評価
 守備中心の粒高中〜上級者あるいはアンチ系粒高使用経験者が使うには9点をつけて良いラバーかと思います。粒高ユーザーでも、攻撃を多用する選手には7〜8点というところでしょうか。
 バックのレシーブやブロックを苦手としている選手が使う場合、安定感が抜群であることとナチュラルに変化が出ることを考えて、8〜8.5点をつけて良いかと思います。

10.その他
 ぐらたすさんがレビューでおっしゃっていたように、粒高と同じように扱うのは難しいと感じました(弾道や打球感が大きく異なるため)。ただし、アンチ系粒高と同等の変化が出せること、フラット系の強打にも強いことを考えると、粒高から乗り換える価値は十分にあるかと思います。
 最近使っていた癸韻筌廛譽妊拭爾魯丱薀鵐垢里箸譴針能型でしたが、このラバーはかなりとんがった性能を持った異端児ですね。これを使いこなせたらどんなにおもしろい卓球ができるか、と考えるとワクワクします。当面の間は(試打の場合を除き)このラバーに固定し、とことん魅力を追求してみようかと思います。
トランスフォーマーの詳細はこちら