8f81699d












投稿者: Pまん

[自己紹介]
  32歳男性

  戦型はシェークもペンも【裏+粒orアンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はほとんどがミートか乗せ打ち、ドライブは繋げるような打ち方が多いです。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。アンチは多少操作性があるもの、スキャンダルやディアボリックを好んで使っています。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
バタフライ:テナジー05

[使用環境]
バタフライ:テナジー05

  使用環境
    レボフュージョン 角丸ペン
      黒:テナジー05 厚
      赤:ファントム12∞
      
[はじめに]
  現在ペンの裏面に合ったラバーを模索中で、様々な裏ソフトを試しています。
  今回はペンの裏面に貼った感想をメインに書いていきたいと思います。
  自分が裏面に求めている物としては、『持ち上がりやすさ』『サーブやツッツキで掛ける感触が伝わりやすい物』『サーブツッツキの切れ味』です

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  あまり面を寝かせないでペチペチ打っても、勝手に前進回転がかかり伸びていく感じがしました。自分のインパクトのイメージより少し速度があがる印象です。
  球離れは弱インパクト時は早く、強インパクト時はスポンジに食い込む感じがしてちょうど良い球離れに感じました。
  みんなが良く言う「勝手に上回転がかかって、なんかコート入る」という感覚を自分も感じることができました。

  【ドライブ】
  フォアドライブに関しては、自分の弱インパクトに似つかわしくないドライブの伸びと球の重さが出ました。回転がとてもよくかかるという感触はなかったですが、「ギュンッ」っとボールが跳んでいくみたいな感じです。シートで引っかかるというより、スポンジが勝手に回転を作ってくれる印象です。
  ですのでスポンジを食い込ませないでシートだけで擦り掛けしても、回転も球速もでなかったです。
  スポンジを食い込ませることによって、バネのような力で球速と回転を生み出すみたいな感覚でしょうか、、、ループなどの回転重視より、ミートとドライブの中間のような当て掛けみたいな打ち方に合っています。

  肝心の裏面ドラの感想は、やはり裏面は面が寝やすいぶんスポンジに食い込む感覚が弱く感じました。そうなると「勝手に回転がかかってギュンとなる感覚」もなくひっかかりの弱い裏ソフトに感じました。ただフォアでこのラバーのうま味がわかっていたので、面を開いてしっかりスポンジにまっすぐ食い込ませると、やはり「勝手に回転がかかってギュンとなる感覚」がありました。フラットな打ち方を意識すると勝手に伸びのあるいい球がでて勝手に収まってくれました。


  【ミート打ち】
  球の伸び、安定感はフォア、裏面ともに申し分なかったです。とても楽さを感じました。ただそれと同時に、ミート特有のナックル性はほぼ皆無。意図せずとも勝手に上回転がかかってしまいます。伸びも重さも安定感もあるので素晴らしいといえば素晴らしいですが、相手も手を出したら入っちゃった感のある返球も多かったです。この点は気に入るかどうかは好みが分かれるところだと思います。私自身で言えば粒が主体なので、そこで回転の落差はあるのでむしろこの楽に入れやすい部分は気に入りました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  ほぼ、ミート打ちと同じような現象が発生します。勝手に回転が掛かって、勝手に収まってくれます。ただ自分の反応が送れても入ってくれる感があるのはブロックとしては大きな利点だと思います。特に普段、粒でブロックしている自分としては、当てただけでも前進回転がかかり伸びがいいのでブロックの緩急がついて、それだけでも得点源になりました。この伸びのあるブロックはテナジー特有のものかなと思います。

  【ツッツキ】
  よくテナジー05は回転がかかる、と耳にしますが自分としてはイマイチ引っかかりが弱いです。おそらく自分が薄く切るようなツッツキをしているのでシートの引っかかりが強くないテナジー05とは相性が悪かったように思えます。普段使っている粘着、粘着テンションのほうが鋭く切れ、突き刺さるような感じがあります。テナジーのツッツキは決してコントロールは悪くないですが、感触が手に伝わりにくくホワッと浮くような軌道になるので自分の感覚には合いませんでした。おそらくスポンジを食い込ませるような切り方に適しているのではないかと推測します。

  【カット】
  ツッツキのときに対し、良く切れる印象でした。おそらくカットは相手の威力があったり、後陣でグッとスポンジを食い込ませたりできるのでテナジー特有の食い込みでの回転を発生しやすいのだと思います。後陣でのドライブも十分しやすいのでカットマンのフォアラバーの最適解のようにも思えます。自分のなんちゃってカットでもインパクト不足にならなかったので、広いレベル帯のカットマンにも対応できると思います。ただ、やはり中陣とかでの薄く切りたいときには少し食い込みが大きく、影響の受けやすさや弾みの強さを感じました。しっかり大きなスイングのカットのに向いていると思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  ツッツキのときと同じく、薄く掛けるとあまり回転量は多くありません。どちらかというと食い込ませて当て掛けするような、スピード重視の振り子系、巻き込み系だと回転もスピードも良く乗ると思います。あまり長短左右のコースを大切にしている自分としては普段使っている粘着と比べると物足りなさを感じます。

  【レシーブ】
  上書ドライブがしやすいので、台からでたらなんでもドライブ行けそうな感じはあります。ツッツキもフリックも、回転の影響はそんな喰らわないので比較的やりやすかったです。ただ薄く当てるような技術(切るツッツキ、回転重視のチキータ)は感覚がぼやける感じがして、球質もあまりよくありませんでした。高速系のロングサービスに対して、手を出せば勝手に入っちゃうのはとても樂でした。

  【フリック】
  スポンジにしっかり食い込ませれば回転の影響が少ないのでやりやすいですし、スピードもなりやすいです。ただ回転重視チキータのような薄くあてる技術は、失速する割に回転量も少なくあまり好印象ではないです。スピード重視のフリックやチキータのほうがポンポン先手をとりやすかったです。

  【ストップ】
  ふだん、硬めのシートを使っている自分としてはチョンと触っても軌道が上にあがりやすい印象でした。手に響く感覚もぼやけやすいので微調整も難しかったです。

[おすすめな方]
  あまりスイングスピードがなくても良い球が打てるので、中級者層はみんな感動しやすいラバーかと思います。フラットに近いドライブをする方にはとてもオススメします。粘着ユーザーのような薄いタッチの方には全く向かないと思います。
  勝手に回転がかかる、勝手に収まる感がすごいので、本当の初心者にはオススメしません。たぶん手打ちで打つ癖がつきそうなラバーです。

[まとめ]
  スポンジに特徴のある裏ソフト。
  スポンジに食い込めば、バネのように勝手に回転がかかり、勝手に軌道を安定させてくれます。それはカットでも同じく、食い込ませる系のカットでは強い回転を生み出してくれます。
  ただ食い込ませないような薄いあたりの技術には、シートの引っかかりが弱くロスする感じが強く感じました。(シートの引っかかりが弱いといっても、回転系テンション、粘着とかと比べてです)
  そういう意味ではペンの裏面に使うには、ちょっと全体的に面が寝過ぎてしまい、テナジー05のうま味が引き出しにくいとは感じました。
  ただ面をしっかり開けば裏面で弱インパクトだとしても高パフォーマンスができるので、前陣でパチパチするような裏面にはアリかと思います。
  まだ試してはいませんが、裏面だったら柔らかいFXにしたほうが食い込みを得られるかもしれませんね。
  後は面が寝ててもインパクが強く打てる方なら、もっと回転がかかるのかもしれませんが、私には無理でした