724_1_450

























投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴6年半中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。
  ペン粒とカットマンもやります。
  ※私のレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル 天王星


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X

[レビューする商品名]
  ラクザZエクストラハード

[使用環境]
  ラケット:キョウヒョウ龍5X
  フォア:キョウヒョウプロ3ターボブルー(厚さトクアツ)
  裏面:ラクザZエクストラハード(厚さトクアツ)

[はじめに]
  以前はディグニクス09cを裏面に貼っていて、チキータやドライブの威力は最高なのですが、夏になり熱気や湿気や汗でドライブがネットを越えないことが多くなり、(気のせいかと思っていましたが卓球仲間でディグニクス09cをフォアに使っている方も同じことを言っていました、県や地域で違うかもしれませんが…)またそれ以前からも体の遠くで球を触ったり、逆をつかれたけど触れた時に全然返せないことは不満でした。それに目をつぶれる程のドライブ全般の威力と特にチキータのやりやすさ・威力・変化は最高で気に入っていて、良いラバーだとは思っています。それだけ環境や打ち方にシビアなラバーなので違うラケットのフォアに貼ってまだまだ使おうと思います。そこでそこそこ硬いけど柔らかい粘着テンションを探して見つけたのがラクザZエクストラハードでした。

  打つ前レビュー

  粘着力
  ザ・微粘着といった粘着力です。ディグニクス09cやゴールデンタンゴより気持ち少ない気がします。球を逆さにして持ち上げることは出来ません。

  玉突き
  柔らかくてよく弾むと思いました。粘着のペタペタ感はあまり感じませんでした。

  硬さ
  シートは市場によく出回っているラバーの硬さより少し柔らかいか同じような感じかと思います。(テナジー05・ロゼナ・スーパーヴェンタス・ファスタークC1等、G1やV15・ディグニクス05程は硬くないです。)いつも硬いキョウヒョウや粘着テンションばかり使っているので普通のラバーは何でも柔らかいと感じるのであまり当てにしないで下さい(笑)ですが、エクストラハードという名前の想像よりは硬くないことは伝えたいです。

  スポンジは気泡が粗くてラザントやエボリューション・ブルーファイア、ストームのようなスポンジでした。硬さはディグニクス09c程は硬くないですが結構硬くドイツ硬度52〜57というだけありました。ただ、私のものは55度は越えていないかと思います。

  回転
  シートが想像より柔らかかったのでチップ(スリップ)しないかがディグニクスから変える時に不安要素の1つでしたが、回転量は気持ちディグニクス09cには劣りますがスリップは問題なしでした。回転はフォア面のターボブルーよりも掛けやすく、回転量も劣りはしますが、多いと思いました。やはり柔らかいラバーは回転が掛けやすいなと改めて思いました。


  ラバーの重さ
  色々な方が重いというだけありしっかり重たさを感じました。ディグニクスも重たいと感じていましたが軽くなったとは感じなかったので使う時は注意(考慮)した方が良いと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  対上回転ドライブ
  柔らかく球持ちが良いため、はじめは台の無いところ(バックサイド側)にオーバーミスすることが多かったです。質に関してはディグニクスよりもスピードは明らかに下がりましたが、回転量はそこまで変わったように感じず、何より弧線をとても描いてくれるので安定感抜群です。ディグニクス09cでのドライブはほぼテンションでしたが、ラクザZは粘着らしさもあるドライブが打てました。


  引き合い(中陣ドライブ)
  下がるとより弧線が出てくれて回転量も多く、弾道も沈んでくれるので安定感抜群でした。前に振って中陣から振ってもネットミスしないくらいでした。難しいバックでの中陣ドライブも超安定しました。

  対下回転ドライブ(ループ)
  他の技術同様、かなり上に上がってくれるのでとてもやりやすいです。バックハンド(裏面)のループドライブは難しいですが、打点がズレたりしても入る安心感があります。回転量も多く、飛距離は意外とでないので浅いループドライブも可能です。フォア面で試すと普段使っているキョウヒョウと比べてしまうので回転量は少ないですが、バックハンドなら確実にラクザZの方が掛けやすく安定します。(バックでキョウヒョウでループドライブは私は全然出来ません)

  対下回転ドライブ(強打)
  ディグニクス09cはシートのグリップ力がありすぎて以前使っていたゴールデンタンゴと球持ちが私が打ったことあるもので1番のエボリューションMXPを打たせて貰った時には全然下回転打ちが上がらないと感じるくらい感覚がおかしくなっていましたが、ラクザZは同じ感覚で擦っても問題なくしっかり弧線を描いて入ってくれました。威力無視で入れるだけならとてもやりやすいです。擦るだけだとラクザZは全く球は走りません。どの技術も擦ってしか私の卓球は打球しないので最初は遅い球しか出せませんでしたが、卓球仲間よりアドバイスを貰い、バックスイングを胸の前(台より上)からぶつけて掛けるイメージでドライブを打つと早い球が出せました。それでもディグニクスよりは気持ちスピードは劣っていると思います。しかし、初めてやる打ち方にしてはとても入ったことと、普段からディグニクス05でぶつけて一撃のバックドライブが打てる人に打ってもらっても問題なくやれるしスピードは少し落ちるけど荒れると話していました。私も受けてみて回転がバラバラでとても取りにくかったです。私がやってみても回転がバラけてくれたり急に曲がったり相手からは取りにくいと言われました。また、ぶつける打法がスピードを出すには向いていると分かったので全くやった事の無いバックミートを対下回転でやってみたら恐ろしい程入るし、ナックルで(まれに回転が掛かっていることも)打つことが出来ました。球持ちは良いのですが、スポンジまで食い込ませることが出来ると硬いので威力はかなりのものです。

  カウンター
  上回転を掛けるカウンターは回転負けやネットミスすることなく入れやすく、カウンターでも今までやった事の無いバックミートでのカウンターもとてもやりやすかったです。また、先に書きますが、ブロックは浅くなったりとても止めやすいので緩急が作りやすく、色々とやりやすいです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  ブロックはとてもやりやすかったです。柔らかいシートで、粘着が適度にあるので威力を吸収して、当てるだけだとかなり失速して台の中に収まってくれます。抑えが良すぎて違和感があるくらいブロックは止めやすいです。極端にいうと表ソフトでのブロックかと思うくらいです。スポンジはしっかり硬いので威力負けすることも無く弾いてくれます。今まで裏面にも硬いラバーばかり貼っていたのでコントロールしやすくて気に入っています。


  ツッツキ
  チキータが出来なかった時に(ビビった時に)しか裏面でのツッツキはしませんが一応レビューします。上に上がる性質が他のラバーと比べて強いので粘着テンションにしては浮きやすいという印象でした。弾みは他の粘着テンションと比べても少なく、シートは柔らかいので台には収めやすく、切る時は食い込ませて切るとよく切れます。私的にはとっさの時の(チキータが出来ない時の)ツッツキで浮きやすいのであまり評価は良くないです。(テンションと比べたら遥かに浮きにくいです…)

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービス
  シートが柔らかいので他の粘着テンションの方が正直切れるかと思います。柔らかいのに弾みも弱いのでロングサービスもあまりスピードは出ません。ただ、粘着があって柔らかいので自分自身の苦手なサービスは良く切れると感じました。YGや巻き込みなど難しい・自分の苦手なサービスも出したい方には良いかもしれません。


  ストップ
  ツッツキの時よりも飛距離が出ないと感じましたが、少し浮きやすい印象です。シートは柔らかいのでそう感じると思います。ツッツキと似た評価です。

  台上(フリック)
  ストップの流れからフリックもチキータもやってみましたが過去使ったラバーで1番入れやすかったです。スピード・威力はやはりありませんが、展開を作る・先手をつく為としては十分かと思います。

  チキータ
  スピードを出すのはかなり難しいです。基本は私自身ペンホルダーであることを活かして横を捉えてチキータで変化をつけ、たま不意をつく形で上を捉えてチキータしますが、どちらをやってもスピードはラクザZでは出せません。曲がり方も少ないです。回転量も並といった感じで掛かっていないわけではないけど…という感想です。以前はディグニクス09cやゴールデンタンゴを使っていて擦るだけで球が走ってくれたので若干不満です。入れること自体は慣れればやりやすいですが少し癖があるように感じました。打ち方が分かれば思ったより短かったり、切れた下回転等チキータ出来ないと思った球でも持ち上げる力はあるので初見のサービスや切れた下回転も入れやすいというのは感じました。

[おすすめな方]
  ・スピードは遅くても回転を掛けてどこからでもドライブを連打していきたい方
  ・基本前陣でプレーする方(スピードを出すのは食い込ませ打ちと擦り打ちでは難しいため)
  ・ペンの裏面あるある?の「ミドルやバックサイドに抜かれた時に当たってもとれない」は弧線が出てくれるので当たれば他のラバーより返しやすいのでおすすめです(もちろんシェークバックにも)
  ・WRMのキンプロやメイスプロを使っていて気に入っているけど物足りなくなってきた方にもおすすめです。使いにくさはそこまで変わらず威力と回転量は上位互換に感じます。
  ・フォアはテンションで一撃ドライブでバックは緩急やフォア面との球質の差を作りたい・バックは鉄壁になりたい・安定重視というスタイルの方ならバックにラクザZエクストラハードもおすすめです。
  ・ミート打ちやぶつけるドライブが出来る方だと球も荒れる(回転がバラけやすい)し、スピードも出せる&ドライブ・ループドライブも他の粘着・粘着テンションと比べたらとても回転が掛けやすいのでのでラケット総重量を考えれば力のない女性にもおすすめです。

  ラケット相性について
  ・基本どのラケットでも良いかと思いますが、私がラクザZを打ってみて感じたラケットとの組み合わせでの予想をお伝えします。

  ・フォアに貼るならアウターのラケットに貼ると良いと思います。硬いアウターでもしっかり弧線を描いてドライブが打てます。

  ・木材だとチョリドラ・ループドライブで粘り強く戦うスタイルに最高かと思ます。(YouTubeで見れる方だとぐっちいさん・わったさんみたいな)

  ・インナーだと適度な球持ちと玉離れで強打は弾んでくれて、スピードと安定感の両立が出来ると思います。

  ・もっと安定感やラバーの軽さを求めている方・硬いラバーに不安を感じる方はノーマルのラクザZを使ってみて下さい。(ラバーの軽さはエクストラハードとノーマルで2g程の差らしいのでほとんどないようなものですが…)一応、シートはノーマルとエクストラハードと一緒らしいのでシートがしっかりしている分回転は掛けることは出来ると思います。個人的にはノーマルのラクザZはキンプロやメイスプロとさほど変わらないかと思いますので試すならエクストラハードの方がおすすめです。

[まとめ]
  ・柔らかくて打球感も癖がなく、割とどんな方でも・フォア、バック両方に使いやすい粘着テンションラバー
  ・スピードは他の粘着テンションよりは出しにくいが弧線の出方と回転量・安定感は秀でている
  ・スピードは出しにくいだけで前で被せて振れば落ちることとなく、スピードドライブはちゃんと打てる
  ・それでも威力は少し物足りないのでぶつけてドライブしたりミートで打つとナックルや回転量のバラツキが出てくれる
  ・意外にもブロックがやりやすい(当てるだけだと浅く、押して深くナックル気味にも送りやすい)
  ・カウンターもやりやすい(ドライブ系のカウンターよりもミート系のカウンターが良かったです)
  ・全ての技術がとっっても安定します
  ・重量は重たいので注意!

  流石ヤサカ・ラクザの名があるだけとても使いやすいと感じました。私自身ラクザ7・X・ソフトは打たせて貰ったことはありますが何でもやりやすいけどスリップしたり、回転量が足りなくてあまり好きではなく、ヤサカ製品は購入して使ったことがありませんでしたが、Zはシートが柔らかいのに強く、スリップしないことに驚きました。WRMのラバー(キンプロ・メイスプロ・アレス等)も弧線がしっかり出て、回転量が多いものがありますが、ラクザZはより弾み、回転量も多く多少シートは硬いと思いますが、慣れで使える範囲だと感じたので使いやすくスポンジは硬いので威力としっかり出せると思いました。WRMのラバー達はどれも粘着感があるので苦手な方もいると思いますが、ラクザZは打球感ほぼテンションで飛んでいく球は粘着という感じでした。ブロックの時や打点を落としたり、下がって打った時等シートを使う技術の時の打球感に球にひっつく粘着感を感じました。それによりスリップもしません。また、練習やゲーム練習全体を通してネットミスは何回しただろうかというレベルでネットミスはしませんでした。慣れていないからというのもあるかもしれませんが、上に上がる安心感は誰が打っても感じられる良いラバーだと思います。個人的には使うならエクストラハード一択かなと思います。

[補足]
  擦り打法と食い込ませ打法に関しては擦ってもスリップすることは無く、基本勝手に食い込んでくれるくらい球持ちが良いです。威力を出す為には食い込ませるを越えてぶつけるくらいだとやっと威力が出ます。普段ディグニクス・テナジーユーザーとマークVユーザーに打ってもらいましたが、彼らはぶつけて打てるので球が走っていましたが、私はキョウヒョウ等硬い粘着ばかり使っているので擦ってしかドライブしないので球が全然走りませんでした。ぶつけたりミートで打つことはやった事がなかったので難しいですが、初めての割には良く入ってくれたので良かったですし、粘着らしくナックルや回転量の意図しない差が生まれ、使いこなせたら嫌な球・スタイルになると感じました。また、その打ってもらった2人も「打球感柔らかくてとても弧線を描いて使いやすいし、何やっても安定するけど威力出ずらい」と私と同じ事を感じ、話していました。その2人はラクザZのノーマルを打ったことがあるらしいのですが全然使えないと感じたらしいですが、「エクストラハードはめちゃくちゃ良い!ラバー重いけど…」と話していました。私自身、擦っただけでは本当に球は走ってくれないのでそこだけは気に入らないのでもしかしたら変えるかもしれませんが球の威力以外の全ての技術の安定感は恐ろしいものでしたのでしばらく使ってみようと思います。出来なくてもフォアのキョウヒョウで決める為の裏面と思えばいいですし、高い守備力やカウンターはやりやすいので考え方かなと思います。ミート系の打ち方も使いこなせたら嫌な卓球が出来ると思いますし、試合の緊張した場面や感覚のない時でも使いやすいと感じています。ほとんどマイナスな要素が私的には無く、(マイナスな要素は柔らかいラバーに慣れていないからだと思います)とても良いラバーなので皆さんにも使ってみて欲しいです。私のレビューしたラバー史上では過去一おすすめしたいラバーですね!!

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  今回ラクザZエクストラハードはWRMでお取り寄せして購入しました。値段は3640円で他のオンラインショップよりも安く、取り寄せ〜発送も3日でした。ポイントがある方は是非使ってみて下さい。お取り寄せ出来る商品はカタログにあるメーカーの商品全てだそうです。私自身お取り寄せに関して全く知らなかったので何か参考になれば幸いです。

  次回はメンバーシップのゴールド会員特典で選んだ天王星プロをレビューします。私は中学1年生の時に元ペン表で卓球歴6ヶ月くらいの頃から約6or7ヶ月程は試合に出ていました。その当時は初心者用ラケットにスーパースピンピップス21スポンジを使っていました。ハモンドFAスピードも使ってみましたが弾みすぎて使えなかった思い出があります。ペン表をやめた理由は当時はラバーに寿命があるとは知らず、何故か全然スマッシュが入らなくなって表ムリ〜となって裏裏に変えました(笑) 話は逸れましたが今となって遊びで人の表ソフトを打ってもモリスト等のテンション表は落ちるし、飛びすぎるし、全部球速いし、(緩い球も表ソフトには必要だと思うので)難しいと感じており、天王星は回転系で高弾性ということで打ってみて凄く打ちやすくて何より音がクラブの皆さんから驚かれ、声を掛けられるくらいカキンカキン鳴って、何でもスマッシュすることが気持ち良くてしばらく練習してみようかなと思います。レビューお楽しみに!!