20191206_adf39a













































投稿者:欲

[自己紹介]
  卓球歴7年(2013年4月〜現在)
  中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。

  メインは両面裏裏ユーザー(ほぼ、両面粘着貼ってプレーしています。)ですが、
  遊びでペン粒とカットマンとフォア表も練習・ゲームする事もあります。

  実力に関しては県大会3回戦負け・市大会シングル準優勝・ダブルス優勝(シングル優勝者と組んで)・ブロック大会3位です。

  プレースタイルは裏面は積極的に振ります。(チキータ・バックドライブ・ブロック)ツッツキだけはフォアもバックもショートでやります。(裏面は使いません。)

  ※私の裏ソフトのレビューの柔らかい・弾む・回転が多い、少ない等は粘着ラバーハードユーザーからの視点ですのでご注意下さい。テンションをレビューした時やテンションユーザーがもし私のレビューを見てラバーを打つと全然違うように感じるかもしれませんのでご注意下さい。

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ、ディグニクス09c、オメガ7光、ラクザZエクストラハード

  粒高
  グラスディーテクス、エリミネーションエキストラロング

  表
  ドナックル 天王星


  ラケット
  アウォードオフェンシブ
  レッドローズ
  和の極み蒼
  松下浩二スペシャル
  幻守
  エキスパートカーボン
  ヴィルトゥオーソマイナス
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウ龍5X

[レビューする商品名]
  天王星プロ(Uranus Pro)

[使用環境]
  ラケット:キョウヒョウ龍5
  フォア:天王星プロ(Uranus Pro)(厚さトクアツ)
  裏面:ディグニクス09c(厚さトクアツ)

[はじめに]
  今までレビューした事がなかった表ソフトですが、メンバーシップのゴールド会員特典で選んでみました。理由は最近、粒高とカットは出来るけど攻撃用表は持っていなく使えなかったので使ってみたいと思っていたことと元々フォア表で半年程プレーしていて懐かしいなと思って選んでみました。遊びで卓球仲間の表を打たせてもらうとテンション表やスピード系の表は難しいなと感じていて買うなら高弾性の回転系だなと思っていましたが、ちょうど天王星は高弾性の回転系ということで即選びました。以前(6年前)にフォア表でプレーしていた時はスーパースピンピップスの21スポンジを使用していました。その当時は用具も興味がなく、スペクトルかスピンピップスという時代だったので使いやすいスピンピップスを選んでいた記憶があります。また、当時はハモンドFAスピードを使ってみた記憶もありますが、弾みすぎと真っ直ぐ飛びすぎて全然使えなかった思い出もあります。フォア表をやめてからもモリスト・モリストSPやV102・インバーシャル・スペクトルを打ったことがありますが、テンション表って飛びすぎるし、ブロックや軽打でも浅くならないし、回転掛かるけどナックルにならないなと思いました。スペクトルは打感はいいけど真っ直ぐ飛びすぎるし、回転掛けられないと思いました。表はナックルとスマッシュだけではなく、繋ぎのドライブの質や打ちやすさ・ブロックと軽打が浅くなってくれることが大事かなと思っています。
  以上、私の表ソフトの経験と考え方でした。
  ここからのレビューは表ソフト初心者ですので知識や技術不足の部分もありますので、裏裏だけどちょっと上手い人くらいに思って読んで頂けたら幸いです。粒高は普通に使えるし、約6年前ですが表ソフトの経験もあるので普通の裏裏ユーザーよりは上手かと思います。


  打つ前レビュー

  粒形状
  横目で粒も広く少し台形のように感じました。

  玉突き
  他の表ソフトが分かりませんが、結構飛ぶというのが率直な感想です。己打低のおかげで弾んでくれるのだと思います。

  硬さ
  粒もスポンジも柔らかいと思いました。モッチリしたスポンジで凄く球を掴んで打てそうです。

  回転
  球突きの段階ではとても回転が掛けれます。本当に表ソフトなのかと感じるくらい掛かります。インバーシャルでもやったことありますが、インバーシャルより回転掛かると感じました。シートだけでも回転は掛かりますが、スポンジまで食い込ませて切るともっと回転が掛けれます。


  ラバーの重さ
  表ソフトは軽いと良く言われるのにそこまでラケット軽くないなとラケットを握った時に思いました。裏面が重たいディグニクス09cなのもありますが、己打低の膜によって重たいのかなと思います。表ソフトユーザーでよく聞くラケットが軽くなってしまう問題はなりにくいラバーなのかなと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  スマッシュ
  初心者の私でも何本でも連打出来るくらい打ちやすいです。テンション系やスピード系よりも弧線が出てくれて弾みも少し控えめだからかと思います。(ワンコース練習だから取れるだけでオール形式では打ち抜ける十分な威力が出ます。また、スピンピップスを使っていた時よりは遥かに速いです。)スマッシュは当たれば相手は返せていたのでナックルはそこまで出ていないのかなと思います。

  対上回転ドライブ
  単純に技量不足だと思いますが、1本は打てるけど連打は出来ません。かなり食い込ませてあげないと真っ直ぐ飛んでネットミス・オーバーミスしてしまいます。しかし、食い込ませることが出来ると独特の球持ちを感じ、上に上がってくれます。自分では全然分かりませんが回転は表にしたら掛かってると相手からは言われました。


  引き合い(中陣ドライブ)
  個人的には前陣でドライブするよりは少し下がった方がドライブは入りやすかったです。回転系表ということもあって下げられても何とか凌ぎやすいことはいい事だと思います。話は逸れますが多少下がってもスマッシュしにいけるくらい天王星はスマッシュしやすいのでそちらを使っても良いかと思います。

  対下回転ドライブ(ループ)
  当たり前だと思いますが、ループドライブは前に振ってドライブするよりは入れやすいです。回転量もループドライブではしっかりあると自分でも感じるくらいでした。ループドライブは私は得意技術なので感覚がいいのかもしれませんが…

  対下回転ドライブ(強打)
  入ると低くて沈んでいくような独特な弾道でした。スピードも初速がとても早く、2速(コートでの伸び)は少ないドライブでした。結構ぶつけてあげないと威力の中途半端な棒玉になりやすいですが、しっかりインパクト出来ればなかなかのドライブが出来ました。

  カーブドライブ
  ループドライブ同様得意技術で感覚があるからかすぐ出来るようになりました。回転量は少ないですが曲がってくれるくらいは掛けられるので全然良いと思います。あんまり使えるものではありません…

  カウンター
  ループドライブや遅いドライブはスマッシュして簡単にカウンター出来ましたが、低い・速いドライブは1歩下がらないとカウンター出来ませんでした。(中陣スマッシュと一緒かも…)
  ショートだと押すのが簡単に出来るのである程度は速い球でもカウンター(押すブロック)が出来ました。ショートでのカウンターはとてもナックルになってくれました。

  ショート
  ナックルがとても出しやすいです。ショートは裏ソフト打ち方からしてそうですが表ソフトだとやはり別次元で速いナックルも浅い・遅いナックルも自由に打ち分けられます。色々な技術を試してもショートだけがナックルになるような印象でした。また、サイドスピンを入れていなすような打ち方もラバーが弾みすぎない分やりやすいと思いました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  当てるだけだとスピードが遅く、とても浅くなってくれます。押してあげるだけでカウンター気味の速いブロック(カウンター)になりました。また、ナックルブロックも面を少し上げて押したり下に力を逃がすだけで速いナックルと遅いナックルと両方が出来ました。回転系表で高弾性より弾んでスマッシュやドライブが打ちやすいのにこれだけ緩急とナックルが出てくれて非常に完成度の高いラバーだと思いました。勝手にナックルになるというのはあまりないのでナックルにしたい時とナックルにしたくない時に使い分けられることはメリットかと思います。(考え方次第では良く思えないかとしれませんが)

  ツッツキ
  他の表ソフトがあまり分かりませんが、他の技術の特徴から思っていた想像よりは切りにくいと思いました。もう少し硬い方が切りやすいのかなと思いました。薄く捉えてツッツキを切りにいくと何とか切れると思いました。私の技量もありますが、切ることは安定していないので切れないこともあり、切れてる時はしっかり切れてたみたいで相手もネットミスしてくれることもありました。切ろうとすると中途半端なインパクトだと滑って浮いてネットに届かない事もありました。ツッツキは特に技術不足であまり当てにならないかもしれませんが1つ思ったことは裏ソフトより回転量の上限は少ないですが、下限(ナックル)は表ソフトの方があり弾道も変わらないと思いました。特に天王星は回転系ですが、しっかりナックルも出てくれるので良いと思います。また、これが1番大きかったのですが、ツッツキが速いということを感じました。切っても切らなくても自然と突き刺すような弾道でツッツキが出来ました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サービス
  表ソフトでは試してません…


  ストップ
  ストップは全く下回転は掛けれません。普段キョウヒョウでは下回転をしっかり掛けるか馬龍選手林高遠選手・わったさんみたいに横回転も掛けるのですが、全く出来ませんでした。止まりはしますが、連発していい質ではないと思います。フリックもしていく中で混ぜていく必要があると思います。

  台上(フリック)
  浮けば問答無用でフリックというか台上スマッシュ出来ます。ある程度低い時は思ったよりは回転の影響を喰らうし、こちらから回転を上書きは難しいので、下回転の前に飛ぶ力を使って打つことがフリックのコツかと思います。回転の影響は少しは喰らうので裏ソフトに近い感覚で私はやりやすいと思いました。

[おすすめな方]
  ・表ソフトデビューの方
  ・バランスの良い表ソフトを使いたい方
  ・色々な面でテンション表やスピード表が難しかった方
  ・回転系を使っていてナックルや緩急でのプレーのいやらしさがもっと欲しい方
  ・速さやナックルよりも安定感や緩急重視の方
  ・ナックルと緩急は自分でコントロールしたい方
  ・ドライブも打ちたい方
  ・打球感・音が気持ちいいラバーを使いたい方

[まとめ]
  天王星は弾く時だけ飛んで、擦ったり当てるだけだと弾まないラバーというのが試打してみて感じました。もっとスピードが出る・回転のかかる表ソフトは全然あると思いますが、バランスが良く、何でもこなせるラバーだと思いました。スピードを求めると緩急がつかなかったり、ツッツキ・ドライブが難しかったり、回転系だとナックルやスピードが出せない等あると思いますが、天王星は基本回転系の打ちやすさでナックルも出せるラバーだと思いました。また、テンションと己打低との差なのか軽打ではノーテンションの弾まなさ・止めやすさと強打はテンション程はないが、高弾性とはいえない威力が出せると思いました。このバランスとあまり触れませんでしたが、軽打でも高い大きな金属音は打っていてとても気持ちよく、卓球が楽しくなります。私はグルー時代を経験していないし、周りで塗ってる方も見たことないので、楽しくて仕方ないです。またそれだけでなく音が良いということは自分で打って変な当たり方ではないかや擦ってしまっているか等自分の打ち方もよく分かると思うので技術向上にも繋がるのではないかと思います。性能面はラケットやラバーの厚さで調整することが良いかと思います。

[補足]
  天王星試打後、60代(マラソンもやられてる方なので若者に負けないくらい元気な方ですが…)左シェークフォア面インバーシャルユーザーとラケット交換して打ってみました。私が打たせて貰ったところ感じたのはドライブはとてもやりやすいが、弾くと逆に球が遅い・ツッツキも浮く・ナックルが全体的にない・遅いブロックが出来ない(軽打でも弾んでしまう)と感じ、一方でインバーシャルユーザーはドライブは遅いけど何とか入れられる・サービスが短く出せる・ツッツキが浮かなくて速い・ナックルが出る・スマッシュは打ちやすい・打っていて音が気持ちいい・ブロックが浮くと感じたそうです。意外だったのはインバーシャルの方が弾むのにブロックがインバーシャルユーザーは全然収まっていませんでした。私がやると逆にインバーシャルの方が回転を喰らって吹っ飛ばしてしまうことがあったのですが、オーバーミスばかりしていました。その方は普段シェークを切って短くして使っているかテナリーを使っているので角度が定まってないのかもしれません。でもそのインバーシャルユーザーの方はツッツキが浮かないこととナックルが出せるけどしっかり回転も掛けられること、弾くのがやりやすいことが気に入っていて、また、私の天王星でのスマッシュの安定感や前後への揺さぶるプレーを見ていてあれ出来たらめっちゃいいな!変えるで買っといて!と頼まれました(笑)その方はせっかく表ソフトを使っているのに表らしい球が出せず悩んでいたそうです。スピード系表にしたり、逆に裏ソフトで練習しても納得出来ず、それなら自分も打ちやすいインバーシャルをしばらく使っていたそうです。インバーシャルは私が打ってみて自然に前進回転が掛かると感じました。その方もインバーシャルに適したドライブ系の打法で普段から攻撃されるので弾いて打てないので天王星での攻撃は苦戦していましたが、打球点をワンテンポ待ったり、バックスイングの位置を上からにしてコンパクトにしたり、スイング方法を横に振ること、出来るだけ球を早く離すよう意識出来ればその方から受けたことの無いスマッシュ(攻撃)が飛んできました。私は表ソフトの経験が少ないですし、元々は高弾性が好きということもあり、天王星は違和感なく打てますがテンション表ユーザーは少し違和感を感じるかもしれません。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  次回はヴィクタスの丹羽孝希選手モデルのKoki Niwaをレビューします。7枚合板のウッドではなく、フリースカーボンとアラミドカーボンの4枚のカーボンの入ったラケットです。私はアウターにキョウヒョウはどうなのかという疑問があり、ラケットを借りて試してみています。レビューお楽しみに!